移転しました。これまで当ブログ"歌詠み狐の徒然日記"のご愛顧、ありがとうございました。


by kyubi-grakai
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

<   2008年 05月 ( 1 )   > この月の画像一覧

志と矜恃


 皆さん、こんにちは。あなただけの九尾狐です。


 前回の更新停滞宣言から1ヶ月弱。早すぎる再開です。

 去年の11月ごろ、宣言もせずに停滞していた時よりも短い休止期間です。

 いや、わけがあるんですけどね。


 前回の記事について、思わぬ波紋を広げてしまったんで、その後について書いておこうと思います。










 まぁ前回の更新で、筆者の心境が悲惨な状況になっているとお伝えしました。


 その後、多少落ち付き、ある新案が出てからは、やっとこドキドキワクワク感が生まれてきました。

 メンバも多少増え、現在では約20人で細々と運営しています。


 しかしだからといって苦しい状況には変わりない。

 こんな状態でクラス・クラブ・文中の三立ができるのか、というと、限りなく不可能に近い状態です。


 それでも、そこをやりとげるのが筆者です。


 うちのクラスにがっちり係わってみせよう。

 真面目にクラブ活動に参加してみせよう。

 今年、文中に関わった人間は幸福だ、と思えるような文中を仕立て上げてみせよう。



 中学時代、身の周りの障害を悉く嘲笑の対象としていた、厭味な九尾狐を復活させてみせましょう。


 端から不可能だの無理だのと言って、挫折を味わったでも立ち直れないほどの傷を負ったでもなく、諦めるような"盆暗"には、どんな面においても負ける気はしない。



 どんなに嫌なことがあっても、挫けそうになっても、続けたくなるのは、好きだからです。

 クラスも、クラブも、文中も、全てが総て、同じように大切で、同じように大好きだから、全部こなしたい。

 どれか1つでも諦めるのは嫌だ。

 筆者は基本的に強欲で傲慢なんです。

 求めるもの、欲するものは何とかして手に入れようと"必死のぱっち"で足搔く。

 それで失敗したって、後悔なんてしないもんです。

 挑戦する前から、投げ出してかかるなんて、つまらない。

 "二兎を追って一兎をも獲られない"なら、四兎五兎を追えばいい。



 人はそんな簡単に変われないという方もおられるかもしれない。

 やってみないうちからそんなこと、口にするもんじゃない。

 人間は至極簡単に変わることができる。

 '努力'と'勘違い'で。

 いつまでも過去に執着していたって、何も始まらないじゃない。

 今日と同じ明日は来ない(某CM)んだから、自分も変わらなければならない。

 だったら1回、やってみようか、と一念発起してみるのも、面白い。



 筆者は毎日、"何か面白いことはないか"ということだけを考えて過ごしているようなもので、その結果が成功だ、失敗だは殆ど無関係です。

 勝ちも負けも、1つの通過点に過ぎないんだから、失敗したっていいじゃないか、思いっきりズッコケて顔面をズルズルに擦り剝いたっていいじゃないか、とか思って"のうのう"と生きて17年ちょぃ。

 今、筆者は毎日生きているのが楽しくて仕方ないですよ。

 恐ろしくつまらないことがあっても、部屋で枕を濡らしても、仲間と悪ふざけをしていても、とにかく面白くて堪らないですよ。

 そのお陰で、周囲からはちっとばかし敬遠される、この人格が出来上がったわけですが…(笑えない)



 話が大きく大きく逸れました。

 何が言いたかったのか、自分でもちんぷんかんぷんになってしまいました。

 ここに書いてあること全部を伝えたかった気もするし、どれも伝えるには不十分だったような気もします。


 今は比較的穏やかな心持なので、暢気にこんなことを書いていますが、ありとあらゆる、想像を絶するほどの艱難辛苦があるだろうことは、覚悟しています。


 まぁそんな中でも、柴犬と武道と仲間がいれば何とかやっていけそうな催眠に罹ってしまうので、大丈夫な気もするもんです。



 
文化祭は必ず成功させる。



 己の全身全霊と矜恃を懸けて、この志を果たす。

 今はこのことだけを考えて生きよう。

 きっと、このことで周囲には多大な迷惑をかけるだろう。


 1人の後輩に、今年度のはじめ、半ば冗談でこんな事を言った。(彼は覚えているだろうか?)

 "自分は'いい先輩'にはなれない。だから'ありふれた友達'になろうと思う"と。

 これからは'迷惑をかけっぱなしの友達'でも目指すとするか(ぉぃ



 さて、笑われてもいいという思いでこれを書いた。

 ある女性の言葉にこんなものがある。

 
"If people don't laugh at your dream,the dream is not big enough."


 
「もし人々が、あなたの夢を笑わなかったら、その夢はまだ小さい」


 人に笑われることは恥ずかしいことか。

 諦める方がよっぽど恥ずかしいこととは思わないか。


 やりたいことは、すべてやろうぜ。

 何故かって? そうした方が楽しいじゃないか。



 今年の文化祭は傷だらけで成功させる。誰にも文句は言わせない。

 全員で、最後は笑う。










 ………ところでこれは、誰に対するメッセージだ?

 自分に対して? 文中メンバに対して? 社会に対して?

 まぁ、誰でもいいか。

 ………って、こんなことを書いて公開したら、後に引けないぢゃないか…っ!!

 うーわぁ、とんでもないことを仕出かしちまったなぁ。。



 笑う投票箱。


 


 ☆彡
[PR]
by kyubi-grakai | 2008-05-05 17:07 | 心の掃き溜め