移転しました。これまで当ブログ"歌詠み狐の徒然日記"のご愛顧、ありがとうございました。


by kyubi-grakai
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29

<   2007年 05月 ( 6 )   > この月の画像一覧

春眠を知る


 皆さん、こんばんは。…お久しぶりです。あなただけの九尾狐です。


 んーっと、ごめんなさい。。


 はぃっ、懺悔終了。


 更新しなければいけないなーっと思い至った経緯をちょい書いときます。

 昨日、世界史のテスト中です。

 テストの中にこんな王朝名が出てきおったのが原因です。

 『ラタナコーシン朝(チャクリ朝)

 …『ラタナコーシン朝』………『ラタナ更新朝』

 うわぁぁぁぁっ!!


 という訳で、本日の更新に至ったというわけです。意味不明ですね、はい。



 さてさて、春眠暁を覚えず。。とはよく言ったものですが、この茹だるような暑さでは落ち着いて眠ることも出来ません。寧ろ寝苦しいです。いっそのこと、大理石の上でベチョーっと寝そべりたい気分です。誰かこの暑さを何とかして下さい。

 っていうかそれよりもテストを何とかして下さい。

 世界史のわからなかった記号問題、出鱈目に書いたら全部間違いという悲劇が起こっています。(ちゃんと勉強せんかい)


 テストのことなんて忘れちゃいましょう。というわけで楽しいことだけ書いていきます。

 本日はシャゲーさん祭り。。


 あっ、この企画に入る前に、1点注釈を挟んでおきます。

 当ブログでは、会話文を多く挿入しています。その中で、筆者が他の人から呼ばれる時、『狐君』だの『九尾』だの『九ちゃん』だのと、何種類もの形を使っております。その規則性についてです。

 先ず、『』ですが、これは筆者が苗字(ファミリーネーム)で呼ばれる時の表現です。

 次に『九尾』ですが、これは筆者が名前(ファーストネーム)で呼ばれる時の表現です。
 『九ちゃん』というのは、筆者の名前(ファーストネーム)の、一番最初の漢字に『ちゃん』付けをしたものとなります。

 OKですか? これを踏まえた上で、ここから先の記事を読んでいって下さい。何なら、過去の記事も読み返してみて下さい。


 では、シャゲーさん祭りに移りたいと思います。


 先週の出来事です。授業も終わり、筆者はホッとして生徒会室へと行き、先生を追い求めて学校中を這いずり回っていました。

 そこで、シャゲーさんと擦れ違ったのです。そして擦れ違い様、こっちに顔を向けて一言。

 シャゲーさん 「おぅ、九尾

 えっ!? 親父っ!?

 『おぅ』という男気溢れる感動詞に続けて、下の名前呼び捨てですか? …父上様。。 

 いや、別に下の名前呼び捨てでもいいんだけどさぁ。。っていうかそっちの方が、中学時代の慣れを引き摺っているから心地いいんだけどさぁ。。いきなりそんな風に声をかけられたら驚くっちゅーねん。


 さて、5月22日(火)。 この日はシャゲーさんによく絡まれる日でした。


 この日は3・4時限目に調理実習がありました。

 作った料理や、その出来などは敢えてスルーして、その試食タイムの出来事です。

 筆者は2班、シャゲーさんは1班なので、机が隣同士です。なので、会話もよく聞こえます。筆者がポヘーッとしながら作った料理にパクついていると、こんな声が聞こえてきました。

 シャゲーさん 「そんなん言ってたら、狐君みたいな扱いすんで」
 級友M    「あっははは」
 九尾狐    「何か言ぅた?」
 シャゲーさん 「べっつにー」
 級友M    「なぁなぁ、って、シャゲーさんに苛められてんの?」
 九尾狐    「うんっ!! もうね、恒常的に虐められてるよっ」
 級友M    「ふぅん、そうなんや」
 九尾狐    「ヘヘッ」
 級友M    「シャゲーさんシャゲーさんシャゲーさんに虐められてるって言ってるで」
 シャゲーさん 「きゅ~う~び~!!」
 九尾狐    「うわぁ、ごめんなさいごめんなさい。…って、おい、M!! 告げ口すんなよ!! 中学生の女子か!!」
 級友M    「アハハハハッ、ナイスツッコミ」
 九尾狐    「言ぅてる場合か」
 級友M    「アハハハハ」
 九尾狐    「アハハハハ」
 シャゲーさん 「アッハッハ」

 因みに、この級友Mは1班です。

 っていうか何この盛り上がり。最終的には全員大爆笑って何なの。。


 次、現代文の時間です。

 教材は中島敦著、『山月記』。

 この日の授業は、山月記の原作である『人虎伝』との対比をして、中島敦の伝えたかったことを考えよう、というものでした。

 これは班で話し合いをして、その班の意見をクラスで発表するという形式のものでした。

 ここでも筆者の班とシャゲーさんの班は隣同士です。何の因果だ。。いや、因縁か。

 筆者は何故かしら自分の班のまとめ役をやらされ、司会をしていました。

 すると近くから視線を感じます。何かと思ってそちらの方向を見てみると、シャゲーさん恐ろしい顔つきでこちらを凝視していました。

 九尾狐  「何?」
 シャゲー 「いや、九尾のまとめ方を参考にさせてもらおうと思って」
 九尾狐  「何だと。もっと他にいい例があるやろ」
 シャゲー 「別にええやん」
 九尾狐  「よくないっ」

 筆者はそこから先、シャゲーさんを無視して自分の班の話し合いに戻ります。そう、痛いほどの視線を我慢しながら。。


 そしてこの日の帰り。

 筆者が教室を出て、廊下をテコテコ歩いていると、シャゲーさんとばったり鉢合せになりました。

 九尾狐  「オッス、じゃぁなー」
 シャゲー 「うん、バイバーイ」

 と、簡単な挨拶を済ませた後、筆者がシャゲーさんを避けて左に行こうとすると、シャゲーさんはそちらの方向に自分の体を移動させます。
 慌てて筆者が右側へ体を移すと、シャゲーさんも同じようにそちらへと行きます。

 暫らくそのようなやり取りが続けられた後、先に口を開いたのは筆者でした。

 九尾狐  「そんなんやって何が楽しい?」
 シャゲー 「ちょっとぉ、意地悪するの、やめてよね」
 九尾狐  「やってるのん、どっちやねん」
 シャゲー 「シャゲー」
 九尾狐  「…ハッハッハ。なかなか面白いこと言うやん」
 シャゲー 「アッハッハ、そうやろ?」

 何だこのやり取り(2回目)。

 っていうか1日の間に絡まれすぎだよ。。



 さぁ、ある程度のスペースは稼げました。それでは本日はそろそろ終ります。

 中間テスト終了まで、残すところ6教科。。多すぎます。。ま、理型よりはマシなので、踏ん張ろうと思います。疲れたら、生物図説のプルテウス幼生か、日本史図説の仏像達を見て、癒されようと思います。

 っていうか疲れるほどの勉強は元々しなっ………



 それでは、本日はこれまで。

 放置されることに慣れつつある投票箱。
 ↑ どうぞクリック、お願いします。

 ☆彡
[PR]
by kyubi-grakai | 2007-05-26 22:10 | 生態記録

落着きを知る


 皆さん、こんばんは。あなただけの九尾狐です。


 さて、本日は昨日お伝えした通りに、寂しく寂しく1人でお留守番していました。といっても、殆ど外界へと出ていましたけど。

 起床してみると、はもう修学旅行へと旅立ってしまっていました。
 両親は準備中でした。
 わんこは鼾を掻いていました。
 筆者は重たい瞼を懸命に見開いていました。

 それから少しの後に、両親出発。これで自宅には狐と犬の2匹のみとなりました。

 わんこと共に朝食を摂ります。っていうか筆者の朝食の25%をわんこに盗られたって言った方が正確なんですけど。。

 そして『題名のない音楽会21』を楽しく拝観し、荷物を持ち、いざ行かん、外の世界へ。

 というわけで、筆者は旅に出ました。目的地? 近所の大型家電量販店です。文化祭で使うトランシーバを求めに…というよりも値段を調べに繰り出しました。

 10時前から2時間ほどかけて探し、最近ではトランシーバの販売そのものが稀有であることを理解し、帰りにスーパーに立ち寄って、惣菜(麻婆豆腐)を購入し、家に帰りました。

 家に帰ってから、買ってきた麻婆豆腐をレンジでチンして、簡単に焼き飯を作って、わんこにはジャーキーを与えて、これまた共に昼食を食みます。危惧していた昼食は、質素な中華料理で事済ませました。何とかなってよかったです。いやぁ、餓死するかと思いました。

 昼からは友人宅へ少し遊びに行き、少し早めに帰宅して、わんこと共に散歩へ行き、そこで出会ったおば様と仲良くなって、野球をしていた少年と仲良くなって(ちょっとだけ野球に混ぜてもらった)、そして帰宅。

 帰宅してみると、両親が帰っていました。

 夕食はまぁ適当に済ませて、優雅な入浴タイムの後でこいつを更新しているといったわけです。

 何て単純な1日だったんでしょう、まぁ。



 閑話休題。

 何度か書きましたが、本日から妹(フリース=ペットボトル)は修学旅行で沖縄へと行っています。かくいう筆者も2年前の今頃に同じく沖縄へと行っていたわけでして、その時のことをふと思い出してみると、意外と鮮明に覚えているのです。という訳で本日の余白稼ぎはその回想録で何とかしたいと思います。


 先ず、1日目。この日は唯一の『修学』旅行でした。

 行き先:平和記念公園・首里城

 飛行機の中では、ずっと眠っていました。まだ行きの段階なのに。。なので、何が起こっていたのかは憶えていません。唯一憶えているのは、エレベーターが下りていく瞬間の感覚が何度か筆者の安眠を妨げ、かなり不機嫌になったことぐらいです。

 到着して、昼食の会場へと行きます。

 この日の昼食は沖縄そば。そば…そば………どこがそばやねんっ!! とツッコミたくなる様な麺だったことはスルーすべき点でしょう。ま、それなりにgoodなお味でした。(当たり前だのクラッカー)

 それから平和記念資料館へと行きます。ここに来たらついついやってしまう、不謹慎なこと:『平和の礎』に書かれた名前の中から自分の名前or面白い名前を探すこと。

 …よい子はマネしないでねっ☆

 そしてそれから首里城へとバスを飛ばします。

 …うんっ、むっちゃ綺麗。っていうか新品です。どこからどう見ても歴史が感じられません。ただの綺麗な建物です。そりゃそうだ。立て直されているんだから。

 ホテルについて驚いたこと:トイレ・風呂の扉がガラス扉=寝所から透けて見える。

 …ウギャァァァァッ!! 開放的にも限度があるわっ!!

 そういえばこの日、ある男子が部屋の内線電話を使って、某女子の部屋にかけまくって、先生にこっ酷く叱られていたっけなぁ。。…ただのストーカー行為だもんねっ☆


 次の日は1日中ホテルのプライベートビーチでマリンスポーツです。

 シュノーケリング・バナナボート・カヌー・ビーチフラッグ・海水浴・『さぁ、あの夕陽まで走るんだっ!!』という青春ごっこetc.etc...

 兎に角、そのビーチから離れなければ何でもありでした。

 聴くところによると、悪友参はシュノーケリングの時に、ライフジャケット着用の上にも拘らず、海に潜ろうと必死になっていたそうです。

 先生も生徒に雑じって真剣にビーチフラッグをやってましたし、海に向かって異性に告白した青春メロドラマのような女子もいましたし、ビーチバレーコートでバレーボールを本気でやっていた男子もいましたし、一人寂しく砂山を作っていた男子もいましたし...

 とりあえずただ楽しんでいました。

 そういえばこの日の晩、はしゃぎ過ぎた男子がホテルの部屋の壁を蹴破るという事件が発生。ホテル側に迷惑をかけすぎです。。


 3日目。

 この日は万座毛と国際通り観光です。

 万座毛では風邪が吹き荒れ、帽子を飛ばされた生徒は数知れず、崖から落ちかけた生徒も数知れず。。

 大変な危険地帯と化していました。

 国際通りではお土産の購入です。

 公設市場へと赴くと、入り口入ってすぐの所に豚の顔がデデデデンと大量に掲げられていました。恐ろしいことこの上ありません。逃げるようにその場を去った筆者達の班でありました。

 お土産は順調に買い進め、遂に帰りの飛行機です。

 軽い乱気流に巻き込まれたのか、行きの時よりも揺れます。これまた安眠妨害を受けた筆者は苛立ちを募らせつつも、昏々と眠っていきました。


 それなりに楽しい修学旅行だったように思います。筆者的にはスキー学習の方が楽しかったんですけどね。

 さて、今年行くであろう北海道への修学旅行はどうなるのだろうか? 期待は膨らむばかりです。



 というわけで本日はここまで。

 徒然なる投票箱。
 ↑皆様のワンクリッ…クリッ…クリップ。。ゥリック…クリックをお待ちしております。

 ☆彡
[PR]
by kyubi-grakai | 2007-05-13 22:09 | 生態記録

奇妙な行動を知る


 皆さん、こんばんは。あなただけの九尾狐です。


 さて、新学年が始まって早くも1ヶ月が過ぎ去ってしまいました。

 この1ヶ月の間に、新入生歓迎会やら文化祭の準備やら後輩の存在やら…様々なことがありました。

 っていうかこのブログが既に一部の後輩にばれてしまっていることがこの1ヶ月間で最も衝撃的な事件でした。(寂しい日々を送ってるなぁ、をぃ)



 あ、またB.B.Q.で実際に起こったネタについて書こうと思っていて忘れていたものを思い出したべや。なので、載せておきます。


 悪友弐は普段から時々、『いじめ、カッコわるいよ』と、どこのいじめ撲滅ポスターの標語やねん、とツッコミを入れたくなるようなことを口走る人です。

 先日書いたB.B.Q.の時も、確か言っていたと思います。

 そのことを予備知識として頭の中に入れた上で以降の記事をお読み下さい。


 筆者と悪友壱悪友弐が四方山話に花を咲かせていました。そこで筆者が、くだらないことを言いました(どんな事を言ったのかはうろ覚えかつ定かではないので、ここでは割愛)。そこから先の会話です。

 九尾狐 「(くだらないことを言う)」
 悪友壱 「………」(絶句)
 悪友弐 「…お前、国へ帰れ!!
 九尾狐 「うわぁ、ひっでぇ」
 悪友弐 「お前、星へ還れ!!
 九尾狐 「星ってどこ? コリン星?」
 悪友壱 「………」
 悪友弐 「お前、コリン星へ還れ!!
 九尾狐 「どうやって還ったらええねん」
 悪友弐 「え、新大阪発コリン星行の電車に乗ってやなぁ」
 九尾狐 「うっわぁ。。なんっつー庶民的な交通手段なんや」

 とてもじゃありませんが、『いじめ、カッコわるいよ』と言っている人と同一人物の台詞ではありません。思いっきり人のことを苛めてるじゃないか。



 月曜日、昼休みに生徒会室から教室に戻っていきました。

 教室に入ろうとすると、ドアの前に何人かの女子が屯しています。入れません。どうしましょう

 その女子の中の1人にシャゲーさんがいたので、退いてくれるように懇願しました。

 九尾狐  「ごっめん、ちょっと入らせてくれへん?」
 シャゲー 「え、嫌や」
 九尾狐  「何でやねん」
 シャゲー 「ま、ええやん」
 九尾狐  「そこを何とか!!」
 シャゲー 「私と同じように壁に凭れ掛かってればええやん」
 九尾狐  「それもそうか」 (と言って同じように壁に体重を預ける)
 シャゲー 「うわっ、女子の集団の中に1人の男子やのに、全然違和感が無いっ!!」
 九尾狐  「失礼な」
 シャゲー 「あー、それもそうか。だって九ネェやもんな」
 九尾狐  「うっわー、久し振りの響きや」
 シャゲー 「アハハ、そうやろ」
 九尾狐  「ってことで、通して」
 シャゲー 「嫌や」
 九尾狐  「………」

 うわーん、クラスでもいじめにあってるよー。誰か助けてー。

 そういえば、クレイトン先輩に『九尾狐は天性のエム(マゾヒズム)だ』と称されました。嬉しくないやい。


 似たような種類の話題でもう一件。

 昨日放課後、文化祭に向けての作業をしていて、暫らく生徒会室にいていませんでした。

 筆者留守の間に何が起こったのか、筆者が生徒会室に帰ってくると、ある1年生の男子が女子の制服を着ているのです。

 …あれっ、さっきまで学ランを着ていたはずなのに。。なして?

 話を聞くと、同じく1年生の女子に無理矢理着せられたのだとか。

 …話を聴けば聴くほど不憫に思えて仕方がありませんでした。

 そしてまた、生徒会室を暫し留守にしていると、今度はある3年生の男の先輩が女子の制服を着てはるのです。

 周りの人間は似合っているだとか綺麗だとか賞賛していたのですが、筆者には不気味だとしか思えません。

 その先輩はそれから1時間ほどの間、その格好のままで生徒会室に生息し続けておられました。

 あ、そういえば『次はお前の番だ』と宣言されました。全身全霊でお断り致します。

 ………生徒会室を女装趣味の変態集団にしないで下さい。ただでさえ忌避されている節があるのに、ますます人が寄り付かなくなってしまいます。



 最近、クラスの女子の動きが怪しいです。

 2年生になると、女子は授業で1時間、ダンスがあるのです。…男子はありませんよ。

 今までに3回ほどダンスのレッスンがあったそうです。そしてそこで、現在はツーステップを学習しているそうです。

 もうここまで書けば、皆様には察しがついておられることかと思います。

 そうです。女子が移動教室の度にツーステップで移動しているのです。

 筆者のクラスは文型クラスなので、女子が25人もいます。その勢が揃いも揃ってステップを踏みながら移動です。恐ろしいことこの上ありません。

 ある意味、凄まじいですよね。っていうか見方によっては格好いいかも



 明日から妹は修学旅行に出発します。行き先はなんと、沖縄。いいですよねー、バカンスって感じで。しかも飛行機ですよ。快適な空のたびをお楽しみなさるんですよ。

 筆者の若い頃は………(とか言って、自分も中3の時に沖縄へと行っている)

 それにしても修学旅行、豪華になりましたよね。昔は九州1周とか東京とかがザラだったのに、最早公立の中学校で沖縄行きですよ。どれだけ豪勢やねんっていう話ですよね。

 ま、筆者も今年、北海道へと行くんですけど。。

 あ、そういえば明日は父上と母上も日帰り旅行に行くから、自宅で1人でお留守番なんだ。。

 暇じゃ。

 家で何しよっかなー。っていうか御飯どうしよっかなー。。っていうかマジで暇だなー。

 ま、久し振りに羽を伸ばすとしますか。



 今回はここまで。


 千の風になりたい投票箱
 ↑あなたのクリックをお待ちしています。

 ☆彡
[PR]
by kyubi-grakai | 2007-05-12 23:34 | 生態記録

奇妙なゲームを知る


 皆さん、こんばんは。あなただけの九尾狐です。


 金色週間も今日で終わりです。皆様、ゆっくりと羽を伸ばすことは出来ましたか? 筆者は怠けすぎて、体が鈍ってしまいました。。

 勉強する気も起きないし、かといって出掛ける気にもならないし、何にもすることないし………という訳で堕落しきった1週間を送ってしまいました。明日から規則正しい生活に戻れるのだろうか…。。不安で不安で仕方のない、です。


 黄金週間の最終日に大雨が降っていますが、これは日本人の日頃の行いが悪いからでしょうか。折角の最終休日なのに、鬱屈とした気分が収まりません。

 ジトジトとした気分のままで16歳の金色週間は終わりを告げるのですね。



 さて、前回のB.B.Q.についての記事に書き忘れていたことを思い出していたので、追記しておきます。


 全てはある短い会話文なのです。

 悪友弐 「なぁなぁ、九尾。『スンゴイ水』、取って」
 九尾狐 「ハァッ!? 何言ってんの?」
 悪友弐 「だから、『スンゴイ水』やって」
 九尾狐 「…ゴメン、わからへん」
 悪友壱 「ハイ、これやろ」 (←と言ってクーラーボックスの中からペットボトルを取り出す)
 悪友弐 「それーっ!!」
 九尾狐 「んんーっ? …って…これかい」

 そうです。 『スンゴイ水』とは、アサヒ飲料の造っている、『SUPER H2O』というスポーツドリンクだったのです。

 いやさ、確かに『SUPER H2O』を和訳すると『スンゴイ水』なんだけどさ、何でわざわざ和訳すんねん。

 後日談:それ以降、筆者達の家族間では『SUPER H2O』のことを『スンゴイ水』と呼んでいます。…悪友達の影響力強すぎ。。



 さて、更新する時間はあるのにネタはない。。このことを思い耽っていると、妹があるゲームの存在を教えてくれたのを思い出しました。

 その名も、『おいしいコロッケをつくろう!』。 タイトルは普通です。

 このゲーム、いくつかある選択肢の中から正しいものを選んで、コロッケを完成させる、という、至極単純なゲームです。ま、よくあるタイプのゲームですよねっ。

 それではスタートしましょう。

 
Q.まずはじめになにをする?
 1、ジャガイモをゆでる
 2、サツマイモをゆでる
 3、私は自分が人間なのか蝶なのかわからなくたっていた


 ………んっ? 3番目の選択肢、何かなっ?

 考えるまでもなく、おかしいです。何でコロッケ作りのゲームに夢遊病者が現れるんだ。

 というわけで、筆者は迷うことなく3番を選択♪

 
Q.そもそもコロッケってなんだろう?
 1、ジャガイモ料理!
 2、揚げ物料理!
 3、わかんない!


 こんなん、選ばせる方が間違いです。答えは勿論、3番です。

 というわけで、3番の上にマウスポインタを置くと、文字が変わりました。

 
3、わかんない! → 3、神と和解せよ


 ………あ…危ないよっ、このゲームっ。

 よぅし、危険を承知で神と和解するぞぉっ!! 3番をクリック!!

 
Q.私は神と和解するコロッケですか?
 1、私は神です
 2、神は私です
 3、ジャガイモをゆでる


 …えっ。 何、3番のこの唐突さ。そもそも問いと噛み合ってないよー。

 じゃ、3番を選択。

 
Q.ゆでたよ! つぎはどうする?
 1、ジャガイモをつぶす
 2、ジャガイモをなげる
 3、じゃがいもとはなす


 …『ジャガイモと話す』って…あんたやっぱり神かいっ!!

 もうこうなったらとことんやってやるぅ!! 3番じゃいっ!!

 
Q.おう、なんかようかい?
 1、世間話をする
 2、悩み相談をする
 3、ジャガイモをつぶす


 ジャガイモから反応があったよーっ!! 怖い、怖いわっ!! この際、ジャカイモに悩み相談でもしてやろうか。っていうかそれは友達のいない寂しい人間じゃないかーっ!!

 いっそ一思いに…3番!!

 
俺も年貢の納め時か…
 いつかはこうなると思ってた…
 さぁ、ガツンとやりな…
 だが、一つだけ約束をしてくれないか…
 絶対に、絶対に立派なコロッケを…
 俺で立派なコロッケを作ってくれよな…
 うん、約束するよおっちゃん…
 おっちゃん…ジャガイモのおっちゃーん!!


 わけのわからんテロップが出てきました。そしてそれがフェードアウトした後…

 
Q,つぶしたよ! 次はどうする?
 1、塩をかけて食べる
 2、マヨネーズで食べる
 3、すてる


 うぎゃぁっ、淡々とコロッケ作りを進めていってるよ。。

 そもそも選択肢の中にまっとうなコロッケを作れるものがありません。かくなる上は、捨てちまえーっ。(ジャガイモのおっちゃんのメッセージ無視)

 おまわりさんにおこられた!

 GAME OVER


 ………ジャガイモ捨てたぐらいで。。警察もそんな暇なことやってるんじゃないよっ!!


 っていうか何、このシュールな…っていうかクレイジーなゲーム。いろんな意味でおかしいよ。

 この他の選択肢もなかなかエキセントリックなものばかりなので、興味があればやってみて下さい。

 
おいしいコロッケをつくろう




 ツッコミ疲れたので、本日のところはこの辺で終わります。

 明日から通常授業だけど、宿題やってないなぁ。。やっばいやっばい。(口だけ)


 たまにはまともな投票箱。
 ↑今回の記事が面白いと思われた方はクリックお願いします。

 ☆彡
[PR]
by kyubi-grakai | 2007-05-06 21:46 | 生態記録

炭火の素晴らしさを知る


 皆さん、こんばんは。あなただけの九尾狐です。


 金色週間も終わりが近づいてきました。本日は5月4日。『国民の休日』…もとい『みどりの日』です。っていうか絶対に『国民の休日』の方がネーミングセンスいいと思います。(しつこい)


 昨日の日記に書きました『オレンジデイズ』の文庫本は昨晩で読破してしまいました。ハッハッハ、いいんだよ別に。本ってそんなもんだっしょ。



 さて、本日は中学時代の悪友達とバーベキューへと行ってきました。某河川敷へと。

 黄金週間真っ只中ということもあり、人人人の大洪水。筆者達と同じようにバーベキューをしている人達の群れがわんさかといました。


 本日のメンバ:父上母上筆者わんこ悪友壱悪友弐妹の友人。計7人と1匹です。

 悪友四も誘っていたのですが、『某大型中華料理チェーン店で、唐揚げを揚げる予定があるから無理っ(つまり端的にいうとバイト)』と言われ、破門処分にしたというわけです。


 筆者は悪友達と集合した後、一斉に河川敷へと向かいました。

 道中、筆者達はこんな会話をしていました。

 悪友弐 「♪飲んじゃってー、飲んじゃってー、吐いちゃって☆♪」
 悪友壱 「マジで? 吐いちゃう?」
 九尾狐 「おいおいおいおい、吐くなよー」
 悪友弐 「貼るは、サロン○ス。 吐くは、ゲロンパス!!」
 九尾狐 「そんなもんいらんわっ!!」
 悪友弐 「ユー、吐いちゃいなよ」
 九尾狐 「何でジャニーさんやねん!!」

 悪友弐 「三畳一間でスカッシュとかどうよ?」
 九尾狐 「狭いわっ!!」

 まだ目的地に到着もしていないのに、のっけからテンションの高い3人組でした。


 到着してから暫らくは、バーベキューの準備です。机やコンロを組み立てたり、タープを張ったり………と忙しくしました。っていうか足を引っ張っていました

 今回、筆者達は鉄板1枚と、使い捨て炭焼き網台2台を使用して、やりました。鉄板の方を父上に任せ、炭焼き網の方は筆者達高校生チームで管理です。

 炊いで食んでいる間はそれほどはしゃぎもせず、真剣に焼いて、真剣に食していました。

 一通り腹ごしらえを終えたところで時計に目をやると、11時50分。………まだ昼時じゃねぇっ!! まだ『○いとも』が始まってねぇっ!! もう満腹だべさ。という訳で、暫らくはまったりのんびりしていました。

 暇だったので、多分唐揚げを調理しているであろう悪友四にワン切り地獄をお見舞いしてやりました。友人達と協力して、10件ほどの着信履歴を残してやりました。ヘッヘッヘ。

 しかしこのお陰で、筆者と悪友弐の携帯の電池は尽きてしまうことに。…アホです。ただのアホです。高校2年生ってそんなもんです。


 その後、折り畳み椅子を数脚並べて、その上に足を伸ばして座り、南国スパを気取り、『ブルジョワジー』などと言って遊んでいました。………ただのガキやん。。


 そして、悪友壱がブーメランとバドミントンセットを持って来てくれていたので、それを使って遊ぼうと広いスペースに自転車で移動。

 初めに、ブーメランを投げてみました。しかし、河川敷なので風が強い。ブーメランは見事なまでに風に煽られ、あらぬ方向へと飛んでいってしまい、仕舞いには周りの人に当りかねない状況に陥りました。

 『これではいつか人を殺めてしまう』と悪友弐が言ったのを皮切りに、ブーメランは封印することになりました。

 次にバドミントンですが、こいつも風の影響をもろに受けてしまいます。シャトルを風上に向けて打つと風に乗って帰ってくるので、1人でバドミントンができるという非常に寂しいことこの上ないスポーツになってしまいました。

 故にバドミントンも却下と言う方面に。。

 他に遊ぶもんねぇじゃん。。というわけで、本日の運動はこんなもんで終了。折角悪友壱が持ってきてくれたのに。。ごめんよぅ。。


 一旦本部に戻った筆者達は、はたまた『ブルジョワジー』とか何とか言いながら、うだうだと会話をしていました。

 悪友弐 「お、台車があるやん」
 悪友壱 「ホンマや」
 九尾狐 「それがどうした?」
 悪友弐 「なぁなぁ、これを使って、土手の堤防を一気に降りおりひん?」
 悪友壱 「マジで? ブレーキなしっ、ハンドルなしっ、己の勇気と度胸だけっていう状態で行っとく?」
 九尾狐 「危ないわっ」
 悪友弐 「『台車でGO!!』とかどうよ?」
 九尾狐 「それ、『電車○GO!!』のパクリやんけ」

 結局、安全面を考慮して、実行には移しませんでした。当たり前です。


 他にも、こんな会話をしていました。

 悪友弐 「んー、オーラには様々な色がありますねー」
 九尾狐 「何で江原啓之さんやねん」
 悪友壱 「あー、でもやっぱり美輪明宏の方がええな」
 九尾狐 「どっちでもええわっ!!」
 悪友弐 「スピリチュアルな世界は………」
 九尾狐 「だからなんで江原さんやねん」
 悪友弐 「あなたには見えないんですか?」
 九尾狐 「いい加減、江原さんから離れろーっ!!」

 何だこの意味不明な会話。


 この後、片付けを済まし、荷物を運び込み、解散。

 筆者達は惰性で悪友壱の家に雪崩れ込み、これまたはしゃぎましたとさ。


 本当に楽しいバーベキューでした。また来年も、出来たらいいなぁ。。


 お陰さまで、今日は日焼けしました。帰宅後、風呂に入ると体の赤くなっている部分が沁みるんです。明日、熱を出して倒れたらどうしよう。。


 まだまだ書ききれていないのですが、このまま書き続けると限りがなくなってしまうので、こんなもんにしときます。



 最近、めっきり投票率が下がってきて、少し寂しい投票箱。
 ↑よろしければワンクリックお願いします。

 ☆彡
[PR]
by kyubi-grakai | 2007-05-04 22:07 | 生態記録

黄金を知る


 皆さん、こんばんは。あなただけの九尾狐です。


 本日から金色週間の後半戦がスタートしました。

 60回目の憲法記念日、皆様如何お過ごしでしょうか?


 筆者は朝から家に籠もって動きませんでした。ただのひきこもりで

 折角の4連休なのにこんなにものんべんだらりと過ごしてもいいもんでしょうか。否、駄目に決まっている。しかし出かける場所もない。という訳で家に引き篭もって読書に身を漕がしていたのです。

 すると何か不思議な感覚がしたのです。外に出たら何かいいことがあるぞ、と頭の中に声が響いたのです。

 その不思議な声に誘われるようにして家を出たのは午後5時。本日始めての外の空気です。

 しかし外を出たのはいいものの行く当てすらなく、自転車で辺りを徘徊しているだけ。さてどうしたもんかと思考を巡らしていると、例によって例のごとく本屋さんへとついつい足が向いていました。

 何か目ぼしい本はないかとうろついていると、素晴らしい掘り出し物を発見。

 『オレンジデイズ』の文庫本です。

 『オレンジデイズ』といえば筆者が中学2年生の夏休みに熱中した青春ドラマ。………コラ、誰だ今筆者に青春ドラマは似合わないとかいった奴。

 筆者が今までに観たドラマの中でも至高の作品です。北川悦吏子さんの脚本はいいなぁ。。と思うきっかけとなった作品です。

 そんな作品の文庫本が出ていたなんて知らなかった筆者は、今日本屋で見つけ、飛び上がらんばかりに歓びました。もう嬉し泣きするねっ。

 そして30分後、そいつは筆者の家の本棚に存在していました。

 あの不思議な声は一体何だったのでしょうか。まさか本当に神の声が聴こえたんじゃ…

 ………言っておきますが、筆者は無宗教ですよ。あっ、でも外国で無神論者だって言ったら気違いに思われるそうですね。だから外国でどの宗教の信者かと訪ねられたら、『仏教』なり『キリスト教』なりと答えるのが無難だそうですので、気をつけましょう。

 しっかし今日は得したなぁ。。星占いで12星座中4位だったことあるなぁ。。(微妙)


 昨日は球技大会とクラブでの昇級審査が行われました。

 球技大会のサッカーで汗を流した後、追い討ちをかけるかのように昇級審査ですか、そうですか。………しんどいわ。

 結局球技大会では予選ブロック2位で、決勝進出はなりませんでしたが、クラス内での仲は一層深まったと思われます。このまま和気藹々と文化祭も出来たらなぁ。。と思うでした。

 その後に行われた昇級審査は汗だくになりながら奮戦した結果、一応昇級…かな。これでやっとこさ3級です。もっと精進して有段者にならねばなりませんなぁ。。


 一昨日は変則的時間割で、生物に始まり生物に終わるという過酷極まりない授業構成。ま、最後の7時限目は実験だったのでまだまだマシだったんですけど。。それでも………しんどいわ。(本日2度目)

 1時限目は先生が黒板に板書しはる図を只管にノートに書き写すという、画力が幼稚園児並みの筆者にとっては辛いことこの上ない授業です。お陰で1時限目が終わった後、筆者はグロッキーになっていました。

 7時限目は実験。ホルマリン液で固定された、発生過程の最中のウニを顕微鏡で観察し、只管スケッチするというこれまた残忍極まりない授業。

 一口にウニの発生過程といっても様々な様態の時期があります。それこそ人間の卵子と同じような形の時期から、ドームのような形をしている時期、宇宙人のような形をしている時期もあります。

 様々な時期のウニを見ることができたのですが、唯一宇宙人のような形をしている時期のウニ(プルテウス幼生とか言うらしい)を見ることは出来ませんでした。残念無念。


 という訳で火曜日からの筆者の生態を時系列でお送りしました(ややこしいわ)。



 武伝先輩からバトンを回して頂きました。どうもありがとうございました。

 んーっと、タイトルなしのバトン。。

 ▼次に回す6人
 えっ、そんなにっ!? そんなに友達いないよー。
 とりあえず、alfHOMAに回しておこうかな。

 ▼本名
 言えるかい。個人情報の漏洩も甚だしい。
 同じ苗字の人が戦国時代に御活躍されたそうですが、筆者はこの苗字があまり好きではありません。
 下の名前は………漢字筆記されたものを1発で読めた人は過去に3人ほどしかいません。読めたあなたは凄い。

 ………ハンドルネームは九尾狐。ファーストネームは『九尾』。ファミリーネームは『狐』。

 ▼年齢
 実年齢:見た目年齢=1:3。つまり実年齢の3倍が見た目年齢ってことさっ。老け顔ってことだねっ。
 ………ううっ、涙がこぼれるよー。

 ▼今までに買った高価なもの
 自分で全額負担したものでいえばデジタルカメラ。親に協力してもらったものでいえばパソコン。………あっ、違うわ。16年間の生活費・学費etc.etc...だ。

 ▼好きな動物の鳴き声
 うちのワンコの寝言。(『わふっ、わふっ』)
 毎朝定時に聴こえる雀の鳴き声。天然の目覚まし時計です。(『ちゅぴっ、ちゅぴっ』)
 真夏のセミの鳴き声。(『ミュワンミュワンミュワンミュワン、ジジッ』)
 っていうか、日常的に聴こえる音がないと落ち着かないです。

 ▼冷水風呂に入ったときの感想は?
 ちょくちょく入るから、慣れた。あっ、でも浴槽にはお湯を溜めて、シャワーから水を出す位だから、冷水風呂に入るとは言わないか。
 っくーっ、快感。うわぁぁぁっ、嘘です嘘です。ごめんなさいーっ。

 ▼赤を連想するキャラは?
 きゃら…? エル・マタドーラとか…? (マイナー)

 ▼回す人の存在は?
 文化祭を共に作り上げようと奮闘する同志。


 何、この統一感のない質問たちは。むっちゃ答え辛いって。



 適度にスペース潰しが出来たので、本日はココまで。


 ミミズの鳴き声を聞いたことがある投票箱。

 ☆彡
[PR]
by kyubi-grakai | 2007-05-03 21:46 | 生態記録