移転しました。これまで当ブログ"歌詠み狐の徒然日記"のご愛顧、ありがとうございました。


by kyubi-grakai
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

<   2006年 10月 ( 13 )   > この月の画像一覧

散り逝く心


 我が心は見れず
 我が身は果てる

 夢が突然現われて
 現が急遽去り行く

 道を歩けば風が散り
 心に不協和音を響かせる
 その音は今までの荒んだ心を掻き消し
 新たな心の到来を告げる
 その心は胸を締め付け
 今までの自分を隠す

 夢を歩けば地が響き
 身に快悦楽音を届かせる
 その音は未来への澄んだ身を誕生させ
 古の身の破滅を警告する
 その身は呪縛から解き放たれ
 これからの己を露見す

 夢みる過去
 恋する現在
 恐れる未来

 倒錯する曲線が複雑に絡み合い
 今の僕の心を包含する

 この暗闇から救ってくれるのは誰なのか
 家族か 友人か 恋人か あなたか
 その答えはいつまでも発見されず
 永久に語られることない物語として伝説となる
 そう 終わりなき回廊のように
[PR]
by kyubi-grakai | 2006-10-29 23:55 | 心の詩

 皆様こんばんは。あなただけの九尾狐です。



 本日は清掃ボランティアに参加して来ました。

 というのも筆者の通っていた中学校はボランティア推進校で、その制度が始まったのは筆者が執行部をしていた時からなのです。

 更に筆者の妹も執行部の方に関わってますので、ボランティア情報は筆者の耳にも入ってくるのです。

 本日は筆者もちょうど予定がなかったので、参加してきました。

 それではそのことについて記していきます。


 筆者の通っていた中学では今、月に1回清掃ボランティアを催しています。

 しかし今日のボランティアは年に1回、筆者の在住する市が主催する、大ボランティア大会なのです。

 そこで筆者の中学の担当地区からも沢山の人々が来られます。

 市会議員さんも来られてました。まず初めに中学に集合。

 案の定、卒業生で来ていたのは筆者のみでした。

 よって筆者はずっと後輩と話していました。あ、先生とも話してました。

 筆者と入れ違いで入ってこられた先生方が殆どだったのですが、妹から良く話は聞いていましたので(妹がよく『先生を虐めている』話とか)、すぐに打ち解けました。

 妹よ、ありがとう。


 時間になり、筆者たち一行は掃除を始めます。

 といっても大きな道路を何人も何人もでぞろぞろと歩いて、歩きながらゴミを拾い、そしてゴールまで到達する、という単純明快なものです。

 筆者たちは市内の某メインストリートの歩道や植え込みやその道路に面した公園などをえっさほいさと只管にゴミを集め回る役割でした。

 うーむ、それにしてもゴミが多いな。みんなポイ捨てしすぎだよ。


 それではここで、今日落ちていたゴミどもを紹介いたします。


 その1、煙草の吸殻。

 これ、一番多かったです。たぶん筆者たちの地区だけでも数千本は拾いました。何でポイ捨てするんだよ。


 その2、缶ジュース、ペットボトル。

 これも多かったですね。しかもまだ中身が残っているのまで捨てられてます。性質が悪い。


 その3、コンビニのお弁当の容器。

 食べたらそれで終わりかい。ちゃんとゴミ箱に捨てろ!!


 その4、履き古された靴や、衣服。

 コラ、もう着ないならバザーにでも出せ。服も切れない子供たちが世界には五万といるということも考えろ!!


 その5、紙屑、ティッシュ、段ボール。

 トイレットペーパー以外の紙は殆ど水に溶けないんだぞ。自然に任せようなどと浅はかなことを考えるんじゃない。


 その6、電池。

 大切な資源に何てことをするんだ。


 その7、自転車の前半分。

 何で前半分だけやねん。後半分はどうした。だいたいどうやったら自転車があんなところでポッキリと折れるんだ。


 この辺りから怪しい匂いがプンプンと漂ってきました。


 その8、ゴミ箱。

 ………どこからどう突っ込めばいいんだ。


 その9、電話機(親機)。

 これ、ファックスも出来るヤツじゃん。ハイテクじゃん。捨てるなよ。しかも自販機の裏なんか誰も気付かないよ。

 ………あ、先生、持って帰ろうとしないで下さい!!


 その10、今朝の朝刊。

 お…おい。どこの家から盗ってきたんだ。それは今朝配達されてまだ家の人が持って入ってないだけだ。今すぐに返してこい。


 その11、苔。

 それ、ゴミじゃないよー。道端で繁殖してるだけだよー。でもヤケにでかいなこれ。


 その12、工事用のコーンや縞々の棒、そして矢印ボード。

 ………捨てるなよ。


 その13、高校の先生の情報。

 筆者の通っている高校の柔道を教えてる先生を中学の先生が知ってたよー。


 その14、某後輩のプライド。

 ………誰でもいいから彼女になってくれと言ってました。


 その15、先生のヤル気。

 せ…先生、どうせやるんだったらもっと明るい顔でやって下さい!!


 とまぁ色々なものが落ちてました。

 落ちてたのを見逃した回数がとても多かった気がするけど気にしない。

 14番とか15番とかはスルーすべきものだったと思います。


 掃除が終わったら公演に集合。

 筆者の住んでいる市全体から人が集まったので暑かったです。

 その公園で市長とかの話を聞いた後、後輩たちと遊んで解散。

 あ、ボランティアだったのに、最後に爽○美茶が支給されました。

 温かったです。

 あまり美味しくなかったので後輩たちとお茶を掛け合ってました。勿体無いですね。


 何はともあれ楽しいお掃除大会でした。



 それにしてもやっぱり無償労働はいい。

 お金が絡まない方が気持ちがいいものです。

 とかいってバイトするんですけど。

 しっかりとバイト料を頂くんですけど。

 でも筆者には金銭が関係してこない方が向いてるみたいです。

 こりゃ、本格的にNPOにでも関わることを考えようかな。

 ひょっとしたら10年後に筆者は僻地や戦場にでも行ってるかもしれません。

 それだけの金銭を所持していれば、ですけどね。

 まぁ将来の選択肢がまた1つ増えたと思いましょう。

 ひょっとしたら老後の悦楽のために海外に行って様々な支援をするかもしれませんしね。

 それが一番可能性としては高いか…。晴耕雨読は何所へやら。


 本日の教訓:ボランティア最高!!



 ☆彡
[PR]
by kyubi-grakai | 2006-10-29 23:15 | 生態記録

 皆様、おはようございます。九尾狐です。



 やはり屋根の上での更新は一味違っていいものです。

 金木犀の花の短き命も終わり、虫たちの声も聞こえぬ今、筆者を包んでいるのはめっきり涼しくなった秋風と、欠けても変わらぬ明るさを放つ月の光のみです。

 こんな風に考えていると、柄にもなく少しセンチメンタルな気持ちになってしまいますね。

 しかしそんなセンチメンタルを吹き飛ばすものが筆者の傍らに存在します。

 ホットコーヒーと『御座候』(お菓子)。

 奇妙な組合せですね。

 祖父母が百貨店に行ったお土産に御座候を買ってきてくれたので、それを食しながら更新です。

 コーヒーは眠気覚ましと身体を温めるためですね。

 甘いものは駄目だと言っているのに何故か和菓子は食べれるんですよね。。

 そういえば『カカオ86%チョコレート』を食み、「甘…」と言ってしまいました。

 だってもっと苦いものだと思ったのに、仄かな甘さが口に広がったんだもの。



 さて、本日の生態記録へと移りましょうか。


 いつも通り起床し、いつも通りに朝食を摂り、いつも通りに洗顔をし、そして予習。

 来週は時間割変更上の都合で英語のReaderの授業が3日連続であるという無理難題を突きつけられているのです。

 よってある程度までやりだめしていた予習では間に合わなくなり、急遽休日返上で予習。

 七面倒くさい。

 いいさいいさ、何とでもするさ。

 頑張って英文を写して全訳をすればいいだけの話だろ。ふん。

 というわけで午前中一杯は英語の予習をしてました。

 しかし今回の予習は出てくる単語を全て辞書で引くとかいう阿呆な真似をしたせいで全然進みませんでした。

 ご愁傷様。


 あ、そうそう。alf殿。お伝えせねばならぬことがあるのじゃ。

 あの「花嫁学校がどうのこうの」と話していた英文じゃが、花嫁学校では御座らぬ。

 正式には、「学生時代に共に過ごした仲間(つまり同窓生)である少女5人が花嫁と一緒に写真に写っておるのだそうな。

 つまり花嫁と少女とは昔同じ学校に通っていた仲間だということじゃ。

 無責任なことを言ってすまんかったのぅ。


 私的なことをすいませんでした。

 さて、午後からは瞑想タイム。勉強など忘れ、座禅を組んで瞑想の世界に突入。

 初めのうちは心を空にするよう努めていたのですが、途中から色々と考えてしまい、精神統一の時間が妄想の時間へと変わってしまいました。

 因みにその時に考えていた内容とは、

 社会って何だ
 →反社会的な人間は何故疎外されるのか
 →しかし反社会的な人間に限って実は正しいことを言っていることが多い
 →今の社会は完全に権力者によって操られている→歴史とは支配者に都合のいいよう、塗り替えられるものだ
 →では過去の人間の中で異常者とされた人間とは誰か
 →そういう人間は基本的に弾圧された人間のことを指す
 →では何故弾圧されたのか
 →社会勢力と反社会勢力とが己の意見を押し通すことしかせず、頑として一歩も引かなかったからだ
 →では自分もどこかで引けばもっと社会と上手くつるめるのだろうか
 →いや、自分はそう考えて常に引いてばかりだから逆に相手の意見に右往左往させられるのだ
 →ではもっと自分の意見を押し通せばいいのか
 →しかしそうすれば衝突を繰り返すばかりになる
 →しかし社会に媚びながら生きることなど御免だ
 →ではどうすれば
 →表面上は相手の意見を聞いて、裏では頑として構えていればいいのか
 →そんなの、本当の絆の繋がりではないはずだ
 →真の繋がりを持つにはお互いにありのままで触れ合い、ありのままの相手を理解しないといけない
 →しかしそれをしていては初めに繋がりを持った時点からありのままの自分を相手にぶつけないといけない
 →そうすると深い繋がりが生まれる前に縁を切ることになりかねない
 →では初めは猫を被っていればいい。しかしそうしているといつかお互いに踏み込んだ時、今までの相手と違う相手を見ることになり、そこに溝が生じかねない
 →しかしそれは避けては通れぬ道ではないのか
 →それを通り越えてこそ、真の友情というものが生まれるのではないか
 →つまりは真の友情とは諍いを乗り越えてこそ生まれるものか
 →いや、そうではない友情もあるはずだ………

 などということを延々5時間ほど考えていました。

 どれだけ暇人やねん。

 いや、でも楽しかったですよ。

 初めに考えていたテーマとは全く違うものになっていますが、そこから発見は生まれるのです。



 さて、みなみちゃんからバトンが回ってきていますが、やるだけのスペースがあるのでしょうか。とりあえずやってみます。


 漢字バトン

 1、好きな漢字は?
 『真』。若しくは『心』。

 つまる二つ合わせて『真心』。

 個人的には『真』の方が好きです。難しく煌びやかな文字よりも、簡素で単純な文字の方が意味が深い気がします。


 2、前の人が伝えた漢字に対するイメージは?
 『頼』という漢字を頂きました。

 とりあえずありがとうございます。

 そんなに頼りにされても何も出来ない小さな存在なんですけどね。

 何か周りの評価だけはいいんですけど、実は伴っていないです。

 もっと己を磨かねばなりません。


 3、漢字をどう思う?
 どう思うって…好きよ?

 ただ漠然とでしかないけどね。

 そもそもこの文字を作った人を褒めたいです。

 文字や言語を作るような人は一体どのような思考回路をしてるんでしょうか。


 4、好きな四字熟語を三つ!
 ・『花鳥風月』。Japanの色彩美の極致です。『風光明媚』もいいですね。

 ・『一生感動』。筆者の座右の銘です。苦しい時は常にこの言葉を思い出して乗り切ります。
Happiness follows sorrow.ですものね。

 ・『晴耕雨読』。筆者の老後(今か?)の生活目標です。筆者も隠居してからはこの四字熟語のように日々是好日といった生活をしていきたいですね。


 5、バトンを廻す7人とその人のイメージする漢字
 このバトンはここで止まるのじゃ。だって高校の知り合いは殆どやっちまってますもの。

 中学の友人はバトンを廻してもやらずじまいで終わらせますし。


 ふむ。。こんなバトンもあるのだなぁ。。



 それでは本日の所はこれにて終了。明日は清掃ボランティアに参加予定。



 ☆彡
[PR]
by kyubi-grakai | 2006-10-28 22:44 | 生態記録

己の不満を知る


 おはようございます。九尾狐です。



 何か最近よく更新してますね。これも不真面目の賜物です。



 そういえばテストが全教科還って参りました。

 各教科の具体的な数字を書くと方々からクレームが飛んできて、筆者に石飛礫の如くぶつかりますので書きませんが、抽象的に書こうと思います。

 今回は先生に言われたところだけ頑張ってやるぜ!! と大口叩いて、有限実行してみたのですが、定期テストで点数を取るにはこれが最善の方法だったようです。

 しかし『ただ定期テストで点数を取るためだけの勉強方』であって、『実力は微塵も身につかない勉強方』であったと思われます。

 次回からは仮令点数を取れなくても、しっかりと実力の就く勉強方をしたいと思います。


 因みに今回は『似非勉強』をした甲斐もあり、点数だけは多少よかったです。

 案の定平均点80点を越えることは出来ませんでしたが、惜しいところまでは到達することが出来ました。

 しかし今回のテストの結果は何故か虚しいです。

 誰が何と言おうとも、自分が納得出来なければそれは『悪い点(結果)』であると思います。

 今回の反省点をしっかりと踏まえて、今度の定期テストでは頑張りたいと思います。



 さて、それでは本日の生態記録と進みたいのですが、奈何せん変わり映えのしない一日でした。

 午前中…学校の補習。午後中…昼寝。夕暮れ時…知り合いの法事の為、外食。

 そして今に至る。

 うーむ、何のネタもねぇや。

 散髪に行くとか言って行けてないし。散髪は明日行ってきます。



 それでは、みなみちゃまからバトンが回ってきております。やっときます。


 **説明**

 回ってきた5文字を携帯の記憶している変換機能で1文字ずつ変換。
 その変換候補に出ている上位5つを惜しげもなくさらす!
 そして次に廻す人に新たな5文字を指定する。
 お題は・・・『えびふらい』


 『え』
 1位…ええねん(ウルフルズの名曲ですね)
 2位…演習(英語演習。今回のテストで一番点数が高かった)
 3位…英語(筆者の得意科目です)
 4位…え(驚いたときに用いる感動詞)
 5位…(なし)


 『び』
 1位…(人名につき、自主規制)
 2位…微量(の発癌成分が含まれております)
 3位…(人名。個人情報保護法適用)
 4位…(また人名。モラルの問題につき、公表されず)
 5位…(なし)


 『ふ』
 1位…ふぁいとです(おぅ、頑張るぜ!!)
 2位…副(委員長は委員長の補佐をする)
 3位以下…(なし)


 『ら』
 1位…らんよ(方言の一部。メールでの方言の使用は日常的)
 2位…楽になったから(風邪、完治)
 3位…らんと(これまた方言の一部)
 4位以下…(なし)


 『い』
 1位…今から(行くから待ってなさい)
 2位…いや(拒否でなく遠慮)
 3位…いいから(もぅええっちゅうねん)
 4位…祈るわ(おねぇ言葉でなく飽くまで方言)
 5位…言ってあるけど(結局来なかった)


 1)回してくれた方の印象をどうぞ
 頑張りやさん。天然。癒し系(?)。よき相談役。


 2)周りから見た自分はどんな人だと思われてますか?5つ述べてください
 ・クール。(ドライ?)(←クラスの人の視点)
 ・変人。(←生徒会室の人の視点)
 ・中学時代はまともだったのに…。(←中学時代の友人の視点)
 ・玩具。(←数名の視点)
 ・シャゲー(←クラスの変人さん達の視点)

 こうやって書き出していくと結構あるもんだ。他にももっとありますよ。ここでは載せないですけど。


 3)自分の好きなタイプを述べてください
 一風変わった人。天真爛漫な人。


 4)では反対に嫌いなタイプは?
 俗な人。陰気な人。


 5)自分がこうなりたいって理想って何?
 鏡の向こうの自分。でも最近は今の自分があるのは必然であるのだから己を大切にせよ。と自分に言い聞かせています。


 6)自分の事を慕ってくれている人に叫んで下さい 。
 あなたを変人n号として認定しよう。

 ………冗談です。

 えっと、末永くよろしくお願いします。


 7)大好きな人にバトンタッチ!(5名 印象つき)
 最近、バトンを廻すのが億劫になりつつあります。


 8)タイトルに回す人の名前を入れてビックリさせましょう♪♪
 折角今までタイトルを『知るシリーズ』で続けてきたのに、今これをすることによってその努力に無に帰すなんてこと、私には出来ないわ!!


 9)皆にやってもらう5文字
 やってもらいません。このバトンはここで一つの終点を迎える運命に置かれているのです。



 さて、明日は明日で色々な運命が決まる一日です。

 まぁそれは明日の更新時のお楽しみということにしておきましょう。


 それでは本日はこれにて終了。ちゃんちゃん。



 ☆彡
[PR]
by kyubi-grakai | 2006-10-21 22:52 | 生態記録

大きな衝撃を知る


 皆様、こんばんは。何故か今日まで更新できている九尾狐です。



 何について書こうかなぁ…?



 テストの点数を公表すると大口を叩いておりましたが、公表すると多方面からブーイングの嵐が来そうなので控えます。

 よって知りたい人は直接聞いて下さい。

 しかし結果を聞くことによってあなたがどのようになっても筆者は知りません。

 あえて言うなら平均80点は無理そうだということぐらいここに書いておきましょうか。



 ふむ。。ネタがない上に、ショックも受けているので、久しぶりに詩でも書こうかな…。


 本日は散文詩。


 自転車をこぐ
 行き先は高い地へ
 登りきったその先から見えるのは
 数多の小さな光たち
 光たちの群れ
 その光はどれも白く
 輝く

 天を見上げると
 控えめに光っている
 月
 誰かに輝かされ
 夜にしか存在できない
 月

 両極の明るさに挟まれて
 あなたのことを思う
 この思いは届かなくとも
 この思いは消えることを知らない

 僕の傷を知ろうとして
 君につく傷を僕は知らない

 優しさと思いやりという
 似て非なるものどもの慟哭が
 絶えず僕には注がれる

 汝等の加護を
 受けるに値する人間はいるのか

 あなたを思う誰かは
 果たして何を見つめているのか

 その思いは灰色のマントを羽織り
 終わりなき回廊を
 希望なき兵士たちと共に進む

 その思いは真白の毛玉を抱き
 先の見えない洞窟を
 未だ語られることのない伝説へと進む

 永遠と思うものも
 もう…
 刹那と思うものも
 まだ…

 僕の悩みを知ろうとして
 悩むあなたを僕は知らない

 僕の迷惑を包んでくれて
 更なる光と与えてくれる
 あなたの心は現か夢か

 その心の何かを知らない僕は
 その心の持ち主を知らない

 その心を知った僕は
 弱さを知るのか強さを知るのか

 月の光に照らされる
 僕のこの身に何が出来る
 人の命の重みを知らず
 人の運命を幾度と変え
 己の責任をも取れず
 己の何かすら知らない

 そんな僕をもあなたは
 包括してくれた
 僕に鳥居を創ってくれた
 そんなあなたの優しさを
 受け止めるべきは誰なのか

 月と街に挟まれて
 僕は一人で涕泗を流す
 街の明かりは数が減り
 月の明かりは輝きを増す



 何か久しぶりに詩を書いた気がする。。うぅむ、始めはこんなのを書く気じゃなかったんですけど…いつの間にやらハッハッハ。



 さて、テスト返却も残すところ数学ⅠとGrammarのみ。

 頑張るぞぉ。今さら何も出来ないけど。

 あ、明日全部帰ってくるわ。結果は生徒会室にて大発表(?)。

 乞わずご期待。



 あぁ、髪伐りたい。バッサリと。

 土曜日か日曜日に行ってこようかな。。

 今まで結構長かったから、大分短くしたいなぁ。坊主まではご勘弁だけど。

 まぁ来週、筆者の髪の毛が短くなっていても少なくなっていても無くなっていても、気にしてはいけません。

 ハッハッハ。ハーッハッハッハッハ。



 ☆彡
[PR]
by kyubi-grakai | 2006-10-18 21:27 | 心の詩

先輩のミスを知る


 皆様おはようございます。

 一度書いた記事をウィンドウごと消してしまい、ちょっぴりグロッキーな狐です。

 ハハハ…。

 でも負けないぞ。おじさん、そんな苦労に負けないぞ。よぅし、頑張るぞぉ。



 本日は5日ぶりに空手の道場へと行ってまいります。この後で。

 練習が結構長いこと続くと思うので、今の間に更新です。

 でもネタがありません。

 だって今日は貯まりに貯まった某有名通信教育社の添削問題をこなすだけで精一杯だったんだもん。

 しかし答案用紙が完成したのは僅かに2枚(数学1枚、英語1枚)。ハッハッハ。

 僕はもう、力が…尽きたよ。パトラッ○ュ………。



 さて、本日武伝先輩のブログを覘いてみると、修学旅行の思ひ出が長々と書かれていた後、目立たないようにこう書かれてました。


 
こないだの携帯変換バトンやってくれた1年生。ごめん…「そばそぼろ」やなくて「そばぼうろ」の間違いじゃった(死)何やねんなぁ、そばそぼろって!アハハハは、はは…。うん、ホンマごめんなさい。



 冷静に考えると確かに『そばそぼろ』って何だ。

 筆者は『鳥そぼろ』なら既知です。

 しかし『そばそぼろ』は未知です。

 蕎麦粉を生姜などで味付けて炒める(?)のでしょうか。


 ネタがないので、『そばぼうろ』でやり直したいと思います。携帯変換バトンを。


 Q1 あなたの『そ』の変換候補上位5位は??
 1位…そうやから(どうやねん)
 2位…掃除だって(螻蛄だってアメンボだって~♪)
 3位…その時に(いつだ)
 4位…そう(同意)
 5位…捜索してみます(人生の指標を)


 Q2 あなたの『ば』の変換候補上位5位は??
 1位…バイト(part-time-job)
 2位…場所を(捜索する)
 3位…番(留守でも任されたのか)
 4位以下…(なし)


 Q3 あなたの『ぼ』の変換候補上位5位は??
 1位…僕には(わからない)
 2位…暴走して(シュッポッポー!!)
 3位…僕は(男性の一人称)
 4位以下…(なし)


 Q4 あなたの『う』の変換候補上位5位は??
 1位…うん(同意)
 2位…受けております(試験を)
 3位…浮かれてるのと(今の自分である)
 4位…受けてるから(また試験を)
 5位…嘘(吐きは泥棒の始まり)


 Q5 あなたの『ろ』の変換候補上位5位は??
 1位…労働(働け)
 2位…労働が(労働がぁぁぁぁッ!!
 3位以下…(なし)


 Q6 一位の文字をつなげて文を作る
 『バイトは労働やろ』
 『うん、そうやから僕にはバイトなんて出来ないよ』

 上の文章は意味不明である。所詮筆者の文才なんてこの程度。



 さて、そろそろ道着に着替えて練習にでも行ってくるかねぇ。。


 そういえば明日は久しぶりに2年生の先輩方と会えます。

 会ってない人だったら2週間以上もの間遭遇していない先輩もいます。

 ちょっぴり恋しいですね。

 まぁ明日、先輩には修学旅行の話を聞き、同期にはテストの成績を聞くのを楽しみにしています。


 同期よ、罰ゲームは何にするのかを決めないといけないぞよ。

 ここは『そばそぼろ』を想像で作って食べるというのでどうかね?



 そうそう、以前ここのブログで募集していた寺社仏閣参詣計画ですが、今のところ参加希望者はalf1名のみです。

 行きたい方は出来る限り早く狐に声をかけてくださいね。

 計画では11月の中旬頃を予定しています。

 それぐらいの時期だと紅葉が結構綺麗なんですよ。茜色に染まった木々の葉が。

 ひょっとしたらだいぶ散ってしまってるかもしれませんが、今年は葉が色づくのが少し遅めとの情報を得ていますので、大丈夫であると願いたいですな。

 行き先は紅葉を見るなら嵐山とかでどうですかな?



 さて、道着に着替えるのも完了しました。

 そろそろ道場へと自転車をこいで行きたいと思います。

 あ、そうだ。自転車を新調したから生徒指導室に行って登録変更しなければ…。



 ☆彡
[PR]
by kyubi-grakai | 2006-10-16 19:45 | 生態記録

病の恐ろしさを知る


 皆様、こんばんは。


 週末の夜中、いかがお過ごしでしょうか。

 狐は再び布団に潜り込みながらパソコンをしている次第にござります。

 実は金曜日にひいていた風邪がぶり返しまして、また今日も魘されつつほぼ半日床に就いていたのでございます。

 いや、心配には及びませんよ。だいぶマシになりましたから。

 それでも今日は外に出ずに大人しく室内でパソコンをしたいと思います。

 如何に明日が休みといえども火曜日には完全復帰していたいですしね。



 それでは本日の記録をしていきましょう。

 今朝も普段通りに起床。

 朝食を食す。

 食器を片付け(本日、妹はテニスの大会)、部屋へと籠もります。

 しかし途中で気だるさを感じ、こいつはいかんな、寝るか、と思い立った筆者は早速ウィンドブレーカーを羽織り、自転車を駆ります。

 そして本屋へ急行。

 ただ寝転がってるだけでは暇なことこの上ないので文庫本を一冊購入し、帰宅。

 読み耽りながら途中数回休み、また読みます。

 そして午後3時ごろ。咽喉の渇きを感じてキッチンへ。

 冷蔵庫を開けると紅茶があったので飲みます。

 そしてこのまま本を読み続けてるわけにもいかないので、英語のGrammarの予習で、『分詞』の所をせっせことやります。

 総計6ページ分(問題3ページ、解説3ページ)を済ませました。

 これで2週間ぐらいはGrammarの予習の必要はないはずです。

 そしていい具合に調子付いてきたので、古典もやっちゃいました。

 『平家物語』の中で、言わずと知れた『祇園精舎』の箇所。

 まずは原文を写し、そして現代語訳。

 その後原文を脳内で単語分解し、助動詞と敬語の意味や用言と助動詞の活用を見破っていきます。

 これはノートには書かないで、脳内でやります。

 たぶんこの作業の間には膨大な数の情報が脳細胞間を行き交ってるんでしょうね。

 流石に頭に血が上りました。それからは夕食まで文庫本を読みます。

 そして夕食にうどんと炊き込みご飯を食べ、風呂に入り、今に至る。


 ハッハッハ。

 寝てないじゃん。休んでないじゃん。

 ハッハッハ。

 因みに今はReaderの予習をやろうと思って挫折した所です。

 ハッハッハ。



 さて、昨日の更新で『筆者の周囲には変人が意外と沢山いた』と書きましたが、親切な知り合いから親切な指摘を頂きました。

 「如何に変な人間がお主の周りに多くとも、一番はお主であろうから心配要らぬ」 とのことでした。

 これはありがとうございますと言っておくべきなんでしょうか。

 ……返事に困る指摘をどうもありがとう!!



 今日はネタがないんですよね。。

 もう終わってもいい? いい?

 あ…駄目か。じゃぁ金曜日の帰り道にアルフと話していた会話を再現してみましょう。

 テーマは若者言葉について。


 九尾狐「僕は若者言葉が嫌いなんだよ」

 アルフ「ちょっと待て、お前も若者やろ」

 九尾狐「若いもんの言葉はわからんわい」

 アルフ「………」

 九尾狐「だって、『マジ』っていう言葉だって使うけどあんまり好きじゃないもん」

 アルフ「あぁ~」

 九尾狐「『ナウい』っていう言葉だって嫌いやし」

 アルフ「ちょっと待て。『ナウい』は古いぞ。40代の人たちの言葉や」

 九尾狐「あ、一つだけ好きな若者言葉、あったわ」

 アルフ「え、何?」

 九尾狐「『当たり前田のクラッカー』。あれだけは好きやわ」

 アルフ「………何それ?」

 九尾狐「えぇ~!? 知らんの? 今時の若者やったらみんな知ってるで」

 アルフ「ごめん。わからん」

 九尾狐「若者失格やな」


 実りのない会話だなぁ。。でも皆さん、『当たり前田のクラッカー』は知ってますよね?

 あれは現代の若者の必須アイテムですよね?

 あれ、何かみんなに白い眼で見られてる気がするよ。

 気のせい………じゃない。


 筆者は今、同年代の人を相手にジェネレーションギャップを感じるお年頃です。

 それとも筆者が古いだけ?

 そういえば最近、抜け毛が気になっております。

…読者の皆様、飽くまで筆者は16歳の少年ですよ?


 そういえば年齢繋がりでもう一つ。

 高校生なのに何故かスーツを買ってもらいました。

 普通学生服だろ、という突っ込みは無用です。

 スーツです。

 買った時は父親に「自分も持ってないのに…」と羨ましがられました。

 父親は職人なんでね。無論、礼服は持ってますよ?

 んで、スーツを買う時に店員さんが当然のような顔をして説明してくれたり採寸してくれたりしたんですが、あれって大学生ぐらいに見えてたんでしょうか。ハッハッハ。

 僕は高校一年生の身分だよ。

 就職活動なんて約5年後だよ。

 店員さんよ、何故突っ込んでくれないんだい? ハッハッハ。



 ごめんなさい。これ以上ネタを水増し………もとい書記出来ません。

 そういえばそろそろ後期執行部選挙だな。。

 立候補するべきか、しないべきか。それこそが問題だ(シェークスピアの作品『ロミオとジュリエット』中に出てくるかの有名な台詞を一部改変)。

 ………たぶん立候補します。あんな楽しいこと、辞められません。



 それでは同じ高校に在学中の皆様、明日一日ゆっくりと身体を休めて下さい。

 一般人の方々、明日から平常勤務が始まりますが、精進して下さい。

 陰ながら応援してます。チアリーダー姿で



 よい週末最後の夜をお過ごし下さいませ。



 ☆彡
[PR]
by kyubi-grakai | 2006-10-15 21:47 | 生態記録

変人の多きを知る


 皆様こんばんは。

 今日も今日とて九尾狐です。

 八尾になったり十尾になったりはしません。九尾なんです。

 どうでもいいこだわりですが…。



 さて本日は昨日お伝えした通り、山へとバーベキューをしに行ってきました。

 まぁ結構いろいろあったので順を追って説明していきますね。


 まずはスーパーへと買出しです。

 昨日も書いた通りたった2人で。10人分もの食材を。

 流石にそれは辛いと思ったので、荷物持ち係として2人ほど登用しました。同じ班の人をね。

 とりあえずスーパーの開店を待ちます。

 待ってる間に担任と一緒に会話をしてました。

 担任 「ハァァ~。面倒くさい」
 筆者 「そんなこと言わないで下さいよ」
 担任 「だって面倒くさいねんもん」(←と言いつつリュックからトングを取り出す)
 筆者 「準備万端ヤル気満々じゃないですか!!」

 本当に奇妙な先生です。何かいつも飄々としてるというか。。一言で言えば変人です。

 ハッハッハ。この先生を変人1号としましょう。


 開店と同時に買出し係の人々が店へ傾れ込みます。

 まずは肉売り場。

 実は前日の間に女子陣が肉を予約していてくれたのです。

 筆者と違い、有能な人たちですね。素晴らしい。

 ってなわけで肉は難なくゲット。

 次は何を買おうかと独りでスーパー内を、カートを押し押し徘徊します。

 そこをクラスの女子に目ざとく見つけられました。

 女子A「あ、九尾くん。おはよう」(←微笑を含みながら)
 筆者 「あ、おはよう」
 女子A「何か九尾くんがそれを押してる姿、奇妙に様になってるなぁ」
 筆者 「それはどういう風に受け止めればいいんだい?」
 女子A「褒め言葉として受け取っておいて」
 筆者 「わかった。ありがとう」

 本日判明した事実:狐には買い物カートがよく似合う。

 これから登校するときは買い物カートに教科書とかノートを詰め込んで登校しようかな。

 嘘です。


 色々と買ってるうちに時間が過ぎてしまい、スーパーを出たのが電車到着の7分前。

 走りました。

 4人で10人分の食料(約10kg)を抱きかかえて。

 何とか電車には間に合いました。

 えがったえがった。


 次は山登りwith食材。

 しかし今度は班の人たちと合流できたので7人で全ての荷物を分け分けします。

 それでも山登りは辛い。

 お爺ちゃん、若い人たちの体力には着いていけないよ。と一人でぼやいたら、すぐ目の前を歩いていた女子2人に、「九尾くん、普段とキャラが違う!!」と驚かれました。

 これが本当の僕です!!

 まぁ普段教室では猫や犬や白熊や獅子や水鶏etc...を被ってますから。ウフフフフ。


 テクテクテクテクテクテクテクテクと歩いてるうちに、遭難

 「こ…ここどこだ?」 とか言いながら歩いてる間に標識が見えました。

 
『キャンプ場:0,9km』


 ………もうちょっとだ!!頑張れ!!

 しかしその道は獣道も獣道。

 道は狭いし階段はぼろいし蜂が大量に飛散してるし。。

 早くこんな道を抜け出たいと思った筆者はハイスピードで歩きました。

 一緒に遭難した3人を置いて、先に歩いて行きました。

 途中、擦れ違う人に道を尋ねながら、何とかしてキャンプ場に到着。

 筆者 「おら、焼きそばの麺の到着だ」
 男子A「お、やっと来た。初の食材を持った人間だ」
 筆者 「え?」
 男子A「だって他の食材係、まだ来てへんねんもん」
 筆者 「あぁ~。数人置き去りにしてきてしまった」
 男子A「心配せんでもすぐに来るやろ」

 ちゃんと来ましたよ?勿論。

 しかし来てすぐの彼らの第一声には驚かされました。

 男子B「あ、キノコになってなかった」
 筆者 「ハァ!?」
 男子B「いや、九尾がさっさと歩いて行ってしまって見えへんくなったから皆でキノコになったんちゃうかって話しててん」
 筆者 「何でキノコやねん」

 本日、筆者はキノコに変身できるということが判明しました。

 それと同時に九尾狐キノコ化現象を定義づけた彼ら3人を変人2号~4号としましょう。


 さて、いよいよ本番。

 まずは野菜を斬ります。

 これでもかというぐらい買ってきた野菜どもがどんどん惨殺されていきます。

 適度な大きさに斬り終わった野菜は筆者の手に渡り、筆者がしっかりと水で濯いでいきます。

 勿論、玉葱とかは洗いません。飽くまで人参やキャベツなどのみです。

 そして炭火を熾し、網を敷き、ブツを乗っけます。

 筆者は火の番をしていたので、焼けた素材は友人に口に放り込んでもらいました。

 まるで介護中の老人だな。

 そういえば何にも言わずに食べさせてもらっていたので、生焼けの椎茸とか水分が全部飛んでしまった薩摩芋とか所謂廃棄物を大量に食べさせられました。

 あ、みんな、しっかりと火の通ってない豚肉を食べてなかった?

 筆者はどれが何肉かなんて気にしないで食べてたから、ひょっとしたら食べちゃったかも。

 ヤバイなぁ。。明日になってお腹壊さないかな。。ハハハw


 そして最後は焼きそば。

 この頃になると火力がだいぶん弱くなってきました。

 段ボール箱などを放り込んで無理矢理火力をアップして、何とか完成。美味でした。


 後片付けをしてからは自由行動。

 しかし筆者の老骨にはこれ以上鞭を打てません。早々に山を下りました。

 まだまだフリスビーやバレーボールをしてる人もいましたし、挙句の果てには大声で叫びながら『かごめかごめ』をしてる女子高生までもいました。しかも大音量で叫びながら。

 あの人たち、明日声嗄れてるんじゃないかな。


 山を下ってる最中、往路の道中で「九尾くん、普段とキャラが違う!!」と言った女子二人と遭遇。

 談笑しながら下山してました。


 下山中の出来事。

 筆者は足元をのこのこと歩いてる螳螂を発見し、ふと立ち止まりました。

 少女B「ん?九尾くん、どうしたん?」
 筆者 「いや、現代社会ではお目に適うことをも困難な螳螂がおるから」
 少女B「あ、ホンマや」
 筆者 「こいつ、手に取って持ち上げたら『シャゲー』ってするかなぁ?」
 少女B&C「アハハハハ、シャゲーやって。シャゲー」

 大爆笑されました。何故笑う。

 僕は普通のことを言っただけじゃないか。


 そしてその後。

 筆者 「あぁ。。テスト帰ってきて欲しくない」
 少女B&C「シャゲー」
 筆者 「数学Aと物理、出来なかった。。」
 少女B&C「シャゲー」
 筆者 「………」
 少女B&C「シャゲー?」

 よし、貴様らを変人5号&6号としてやろう。ありがたく思え。

 彼女ら曰く、火曜日に学校で出逢ったら『シャゲーッ』と挨拶するそうです。予告されました。

 歓迎してくれてありがとう。



 それにしても今日一日で結構クラスに溶け込めたなぁ…。

 実はちょっと嬉しかったりする。

 あんなに変人が多いとも思ってなかったし。

 まぁ担任だけは前から変だ奇妙だと思ってましたが。



 2年生は今日、帰ってこられたんですね。『お帰りなさいませ、ご主人様方☆♪★』。

 火曜日にお土産話を聞くのを楽しみにしてますね。

 とりあえず日曜日と月曜日でゆっくりと身体を休めて下さい。お疲れ様でした。



 ☆彡
[PR]
by kyubi-grakai | 2006-10-14 22:12 | 生態記録

己の病弱さを知る


 金木犀の香り漂う秋の空気に包まれながら、こんばんは。

 九尾狐です。


 さて、本日限りでテストが終了致しました。

 え? 結果?

 ハッハッハ。

 自慢できる結果ならもっと率直に書いてるよ。

 まぁまだ点数は出ていないんですけど、出たらここにでも書こうと思います。乞うご期待。

 筆者個人としては期待出来ないですが。。

 まぁ罰ゲームだけは受けないようにしたいと思います。

 ただ、今回のテストは全体的に難易度が低かったからみんな結構出来てそうだなぁ。。



 何はともあれ明日は遠足。

 高校生にもなって遠足。

 校外学習じゃないんだね。。

 因みに筆者はバーベキューに行ってきます。山へと。

 芝刈りはしませんが。そのことについてまず今日は書きましょうか。


 筆者は買出し係です。

 よって明日の朝一番にスーパーに行って食材等を買わねばなりません。

 別に早起きするのは慣れてますし、予定通りなら自宅を午前8時30分に出れば充分間に合うはずです。

 しかしその後が問題なのです。

 バーベキュー開催地は山中です。

 買出し係は二人です。

 筆者の班は10人のメンバがいます。

 これら3つの要素から導き出される解答は…。

 ………10人分の食材をたった2人で分配して持って小一時間かけて山道を只管に登る、と。

 単純計算で1人につき5人分の食材を持ってうんこらどっこいしょと山を登ると。

 ………鬼ですか、班の人たちは。


 ま…まぁ食材の量が少ないということも考えられるし、そうなることを祈ろうか。

 昨日までそう考えておりました。

 ところが本日、テスト終了後打ち合わせをしていてふっとプリントを見ました。

 
肉(牛肉、豚肉、鶏肉):3,2kg+0,4kg(焼きそば用)


 ………筆者は明日山の中でくたばってきます。

 もう一人の買出し係、一緒に果てようぜ!!(最悪な勧誘)



 そういえば皆様、なぜ筆者がこのような時間に更新しているのか、疑問に思われているのではないでしょうか(今現在、午後8時55分)。

 本来なら空手の練習に精を出して励んでいるはずでした。はずでした。えぇ、はずでした。

 しかし本日、テスト終了による安心感と本日一日に2回もの大掃除とここ最近毎日のようにめっきり寒くなった秋風の中、毎日外に出て半そでTシャツと長ジャージのみを着用してパソコンをしていたり等々によって筆者、風邪を引いてしまいました。

 今朝まで何ともなかったのに、今日学校から帰って倦怠感を感じます。

 うわぁ、半日よく日常生活できてたな。。

 筆者はここまで鈍感でした。人のこと言えないよ。アハハハハ。


 というわけで夕食時まで頭から毛布を被って睡眠。

 夕食を通常通り食し、入浴し、流石に今日は外に出る元気もなく今毛布を羽織ってこいつを更新していると。勿論室内で。

 窓は開けてるんですけどね。因みに全開です。

 そうでないと金木犀のいい香りが入ってこないんだもん。

 金木犀は今の季節にしか花開きませんし。



 あんまりネタがないので、武伝先輩から回ってきたバトンでもしようと思います。

 結構よくある種族のバトンだと思うんですけど、結構面白いです。それでは早速スタートです。


 Q.1 あなたの『そ』の変換候補上位5位は??
 1位:その時に(どの時だよ)
 2位:そう(同意)
 3位:捜索してみます(犯人を!?)
 4位:捜索(探すの好きねぇ)
 5位:掃除(今日しました)


 Q.2 あなたの『ば』の変換候補上位5位は??
 1位:場所を(捜索)
 2位:番
 3位以下:(候補なし)


 Q.3 あなたの『そ』の変換候補上位5位は??
 Q.1に同じ。


 Q.4 あなたの『ぼ』の変換候補上位5位は??
 1位:僕には(わからないよ)
 2位:暴走して(壁に激突)
 3位:僕は(捜索します)
 4位:僕を(捜索して下さい)
 5位:(候補なし)


 Q.5 あなたの『ろ』の変換候補上位5位は??
 1位:労働が(金儲けの手段)
 2位以下:(候補なし)


 Q.6 1位の文字をつなげて文を作る
 む…難しいな。。

 「その時に僕はその場所を捜索していたんだよ」
 「おい、その労働が社会のためになるのか?」
 「僕には暴走しているお前の行動よりよっぽどためになると思うよ」

 どんなシュチュエーションでこの会話をするねん。。そもそも捜索が出てきすぎ…。


 Q.7 次のお題、ひらがなで5文字程度お願いします。
 じゃぁ今手元にある『マウスパッド』。促音は『ツ』に変えて。


 Q.8 次に回す5人を決めちゃって下さい!!
 勝手に拾っちゃって下さい!!


 バトン終了。武伝先輩、ネタをありがとうございます。



 さて、それじゃあ明日の遠足にも行きたいですし、今日は折角なんで休みたいと思います。

 あぁ。。何でこんな時に風邪なんか引いてしまったんだ…。自業自得ですけど。



 そろそろ髪の毛切りたいなぁ。。坊主にしたら駄目? 駄目か。。

 それでも半分以下の長さにはしたい。鬱陶しいんだもん。



 2年生は明日、修学旅行から帰還される予定ですね。

 無事に帰ってこられることを祈ってます。

 火曜日には出会い頭に「お帰りなさいませ、ご主人様☆♪★」って言う確率が非常に高くなっております。それなりの心構えをされますよう、警告申し上げます。

          敬具 (『拝啓』の文句なしにいきなり『敬具』で閉める)。



 ☆彡
[PR]
by kyubi-grakai | 2006-10-13 21:27 | 生態記録

 皆様、こんにちは。平日にもかかわらず九尾狐です。



 いや、テスト期間中なので早く帰宅してるんですよ。決してサボりじゃございません。

 早く帰宅したから更新できているわけです。

 え? テスト勉強?

 以前にも書きましたがするわけありません。

 してないおかげでこの二日間、痛い目にあってるわけですけど。

 とりあえずそのことから書いていきましょうか。


 今までに消化したテスト:数学Ⅰ・英語Ⅰ(Reader)・古典。これら三教科です。


 まずは数Ⅰ。

 今回の範囲は二次不等式と三角比です。

 二次不等式は珍しく理解できてるし、三角比は導入部分のみなので、楽勝だな。と高を括ってました。

 甘かったです。

 既に5問も間違いを発見しております。

 しかもこのテスト、B5用紙一枚分の問題しかないので、一問一問の配点が高い。

 つまり間違えた問題がすべて5点だとしても、合計25点落としていることになり、つまりはどれだけ高くても75点であるということです。

 勿論、他の問題が全問正解なわけありません。

 単純に配点計算をしてみると、58,7点という計算結果が弾き出されました。

 …欠点じゃないからいいや(良くない)。


 次に英語Ⅰ。これはReaderと言われているものです。

 筆者はこれが大得意です。

 一学期にあった試験でも、かなりの高得点をキープできています。

 よって今回も勉強しなくていいや、と考えていたのですが甘かった。

 何なんだあれは。

 予習していたから何とかすべての解答欄を埋めることは出来たが、正解してる確率は限りなく低い。

 残念ながら今回はReaderで点数を稼ぐような真似は出来ないようです。

 クワバラクワバラ。


 古典。これは古典と漢文が一緒ですね。

 これは普段から平均点ぐらいは取れてます。

 だって古典は外国語です。筆者は外国語が得意なのです。

 しかし今回は真面目に勉強していなかったので、助動詞の意味は覚えていないし、漢文の句法は覚えていないし、和歌の構造なんて以ての外だし…。

 唯一書けたのは、読解問題です。

 読解問題はその場凌ぎで何とかなりました。

 だって現代文の読解と違って古典の読解ってシンプル且つ単純なんですもん。

 こら、シンプルと単純は同義だといった奴は誰だ。

 この二つは似て非なるものなんだ。

 このことについて議論したい方は申し出てください。いくらでも相手になります。


 今回の定期テストの教訓:勉強しないで解けるわけないだろ。


 かといって今後のテスト勉強をしようという気は毛頭ございませんが。結果が楽しみですね。

 同期の人たちとテストの点数の合計点で勝負しようかしら?

 負けた人は罰ゲームで。

 こんなこといったら一番ヤバいのは言うまでもなく筆者なのですが。



 さて、二年生の方々は明日から沖縄へと修学旅行ですね。

 一年生や三年生が苦しんでる中、自分たちだけがバカンスを楽しむのはさぞ気持ちいいことでしょう。

 しかし一年生や三年生に引け目を感じてはいけませんよ?

 誰しも通る道なのです。

 来年は先輩方が苦しむんですよ?

 ウフフフフ♪


 何はともあれ、楽しんできて下さい。

 元気で帰ってこられることが一番のお土産です。

 今までにもいろんな人に言ってますが、帰ってこられたら『お帰りなさいませ、ご主人様☆♪★』って言うのを楽しみにしてるんですよ?

 お土産話を楽しみにしています。

 それでは、『いってらっしゃいませ、ご主人様★♪☆』



 そういえば昨日は休日なのになんで更新しなかったかを書くのを忘れてましたね。

 実は昨日は風邪引きなのでした。

 よって、ほぼ半日寝てました。いやぁ、久しぶりだなぁ、あんなに寝たの。

 小学生のとき以来じゃないでしょうか。

 まぁとにかくその時は元気一杯アンパンマンの状態でした。

 何とか耐えて、生き延びて、本日はテストを無事に受けることができ、撃沈したと。

 普通の高校生の生活はこんなもんです。



 テスト期間中なので本日は短めに。勉強しないけどね。

 そういえば今日は家に祖父ちゃんと二人なんだ。

 父も母も妹も外出中で、祖父ちゃんが店の留守番に来ています。

 そろそろお茶の時間です。祖父ちゃんにコーヒーを用意しないと。。

 あ、Z会からファックスのメッセージが来たよ。

 あぁ、米を洗わないと。

 あぁぁ、食器を洗うの忘れてた。

 あぁぁぁ、犬の散歩も行かないと駄目なんだ。


 いくら勉強しないとはいえ、テスト期間中にこれだけの家事を押し付ける父親と母親ってどうなんでしょうか。

 帰ってきたら抗議してやりましょうか。

 くそぅ、隣でわんこが鼾をかきながら寝てやがる。

 ってなわけで本日はこれで終わり。



 二年生の先輩方はくれぐれも気をつけて、修学旅行に行ってらっしゃいませ。



 ☆彡
[PR]
by kyubi-grakai | 2006-10-10 14:58 | 生態記録