移転しました。これまで当ブログ"歌詠み狐の徒然日記"のご愛顧、ありがとうございました。


by kyubi-grakai
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ:生態記録( 145 )

泡沫の夢を知る 其肆


 皆さん、こんばんは。あなただけの九尾狐です。


 時の流れというのは早いもので、修学旅行から帰って来て一週間以上が経ちます。

 このまま放っておくと、『記憶』が『想い出』へと変わり、次第に指の隙間から零れ落ちていきかねないので、早く更新しておきます。



 4日目。最終日です。

 本当にあっという間です。


 さて、この日の朝は滅茶苦茶目覚めが悪かったです。

 何故かって? そんなん、午前4時まで起きて、大富豪やらポーカーやらをしていたからに決まっています。

 目の前がサッカー部の鬼顧問と学年主任の先生の部屋だったにもかかわらず、隣の部屋の級友を数名呼び寄せて、寝ないで話していたからに決まっています。

 因みに、筆者達の主張はこんな感じです。

 
修学旅行最後の夜にはっちゃけないでどうする。


 だからってはっちゃけすぎました。

 あぁ。。頭痛い…。


 ガンガンと鳴る頭を気力で抑えつつも、朝食会場へと向かいます。

 うーんと、何この低いテンション

 全体的に疲れも見え始めたのか、テンションがだだ下がりです。

 ほぼ全員が黙々と朝食を口に運びます。

 多分、どの部屋も同じようにナイトフィーバーしてたんだろうなぁ…。


 不思議なくらい清閑な朝食を終えると、部屋の片付けです。

 少しずつテンションを挙げながらも重たい瞼を擦り擦りの作業でした。辛すぎ…。

 何の問題もなく片付けが終わり、バスに乗り込みます。

 相変わらず頭痛がしています。他のみんなはそんなことないのに何で筆者だけ。。弱すぎです。

 バスが出発してからも頭痛が治まらなかったので、女子にバファリンを貰って、飲み下します。

 お陰さまでかなり楽になりました。Tさん、さーんくす。


 そこから筆者達のクラスのバスは一路立待岬へと向かいます。

 流石は岬、強風が吹き荒れています。

 ○曜サスペンス劇場のクライマックスシーンに使われそうな場所で、『立待岬連続殺人事件』だといってはしゃいでいました。

 うーむ、実際にありそうだな。。『立待岬連続殺人事件』。

 そこここで青春写真を撮影し、波が打ち寄せている岩礁まで下りていきます。

 ここでも何枚か写真をパシャパシャ撮影し、展望台へと向かいます。

 向かう最中、声が聞こえてきました。

 「バカヤロー!!」

 誰か叫ぶと思っていたが、やっぱり思い通りか。。

 その後、その展望台からランゲル君が叫びました。

 「いいえ、私はカレーパンマンです

 何だその尻すぼみの叫びは。

 因みに、このネタが分かる人は限られてくるはず。内輪ネタですいません。


 その後は函館の自由観光です。

 普通にお土産を購入して、普通に箆棒に美味い元祖朝市丼(海鮮丼)を食して、普通にはしゃいで、普通にランゲル君がスベっていました。


 帰りのバスの中が出発する前、ランゲル君がバスガイドさんに素晴らしい提案をしていました。

 
「帰りのバスで一人で歌わせて下さい」


 度胸あるなぁ、おい。

 そして彼が歌った歌がこちら。

 ランゲル君 「えーっと、空港までそれほど時間もないので、サビの部分だけ歌います。聞いて下さい。コブクロで『永遠にともに』」
 全員     「おぉーぅ」

 ランゲル君 「♪ともにあーるき、ともにさーがし、ともにはーはぃ、ともにフーフフン………♪

 全員     「(シーン)」(心の叫び:歌詞知らないなら歌うなよ)

 ランゲル君 「歌詞忘れてしまいましたぁ…!!」

 全員     「(シーン)」(心の叫び:やっぱりか)

 
ランゲル君 「♪ネタをふーられ、みんなあーおり、笑いねーらい、そしてスーベる、そーんーなーひーびをーえがーきーなーがらー♪(訳:ネタをふられ、みんな煽り、笑い狙い、そしてスベる、そんな日々を描きながら)」


 さ…最後の最後にやりやがった…!! そんなネタを持っていただなんて。。

 やっぱりやってくれる男です。流石だ、ランゲル

 こうして北海道で4日間お世話になったバスともお別れです。本当に名残惜しかったですね。


 函館空港での手続きは驚くほどスムーズに終わり、後ろ髪をひかれる思いで北海道の大地を離れます。

 飛行機の中では殆どの人が爆睡で、帰路は少し天気が荒れていたので、それに伴う飛行機の急激な揺れに数度起こされたぐらいでした。

 こうして関西国際空港に辿り着き、alfのお父さんの運転する車に乗せてもらって自宅へと帰ったのでした。



 修学旅行の写真を、歌詠み狐の徒然写真館にupしました。よろしければ見てください。


 北島三郎資料館に行きたかった投票箱。

 

 ☆彡
[PR]
by kyubi-grakai | 2007-10-27 21:41 | 生態記録

泡沫の夢を知る 其参


 皆さん、こんばんは。あなただけの九尾狐です。


 さて、いい加減更新しておかないと修学旅行の記憶も忘れてしまいかねませんので、時間的余裕のない状態ですが、ちゃちゃっと更新したいと思います。


 3日目。


 この日は殆ど移動に時間を費やしました。留寿都→函館間の移動に。


 起床後、すぐに朝食を摂りにレストランへ行き、相も変わらず絢爛豪華なヴァイキング料理いにパクつき、そのまま部屋へ帰って、出発準備です。

 本日でこの部屋とはお別れなので、大きな荷物もまとめなばなりません。メンドク。。

 お土産で膨れ上がった荷物を無理矢理押し込みます。そのせいでお土産の箱が拉げまくるという大惨事が勃発…!!

 んーっと、見なかったことにしよう。


 そしてバスに乗り、有珠山西山火口を目指します。

 少し経つとすぐに到着です。

 到着して、火口まで歩いていく最中、正面にテレビクルーがいるのを発見しました。誰かタレントでも来ているんじゃないかと胸を躍らせながらそこまで行くと、何の変哲もないただのテレビクルーで、芸能人も誰も来ていませんでした。

 まぁここではランゲル君に火口の噴煙が出ているところまでダーーッと走っていってダーっと帰って来るように言って、ランゲル君が真面目にツッコんでくるのを面白がっていたり、シャゲーさん一味と終始歓談していた(おちょくられていた)ぐらいで普通の火口でした。

 多少硫黄臭かったぐらいです。

 そういえば、こんな会話もしました。

 
硫黄の臭いについて『卵の腐った臭い』と表現されることが多いですが、『卵の腐った臭い』を嗅いだことのある人なんて稀だろう


 うん、確かにそうだ。


 それからまたバスに乗り込み、2時間ほどのドライブです。

 連日のハイテンションの疲れからか、バス内では寝息が充満しています。バスガイドさんが一生懸命に話しているのに、聞いている人は殆どいません。

 筆者は一番前の座席だったのですが、ふと振り返ってみると、クラス41人中38人が爆酔していました。

 起きていたのは筆者と、隣の座席の女子Nさんと、後ろの座席の男子S君だけです。

 っていうかこのメンバが起きていたのは勿論、雑談をしていたからなんですけど。。

 しかしバスのちょうどいい温かさと揺れには勝てません。筆者も次第に眠りの淵に…眠りに…合歓………。。

 というわけで筆者は一抜けです。

 後から話を聞いてみると、残りの2人はずっと他愛もない話をしていたそうです。元気だな。。


 バスは一路、大沼国定公園に到着です。

 先ず、集合写真を撮影し、昼食の会場へ行きます。

 この日の昼食は、豚汁&じゃが芋&玉蜀黍の食べ放題。

 じゃが芋や玉蜀黍がそんなに喰えるかぃ。

 と文句を垂れつつも、バクバクと食します。

 皆さん、知っていましたか?

 本当に美味しいじゃが芋は、甘いんですよ。

 皆さん、知っていましたか?

 じゃが芋ばっかり食べていたら、豚汁に入っているじゃが芋が憎く見えてくるんですよ

 皆さん、知っていましたか?

 北海道の人たちオススメの美味しいじゃが芋の食べ方は、じゃが芋にイカの塩辛をのせて食べる方法らしいですよ。

 皆さん、知っていましたか?

 そんでもってその方法でじゃが芋を食べると、本当に不味いんですよ

 因みにあるテーブルでは、一番最初に配られた豚汁&じゃが芋&玉蜀黍を全て平らげてやろうとして、無茶苦茶食べていました。

 筆者の座っていたテーブルは男子だけのテーブルで、それでさえ大量に余ったというのに、そのテーブルは況してや男女混合テーブル。

 …よくやったな、をぃ。

 そのテーブルでの最高記録は、じゃが芋&玉蜀黍、合わせて12個を1人で食べたというものでした。(勿論、男子です)

 お前何者。。


 昼食後は大沼公園での3時間フリータイムです。

 先ず初めに、2人乗り様自転車を使っての、リアルマリオカートです。

 コースを予め設定し、そのコースをどのコンビが一番速く走れるかという単純極まりないレースです。

 数レースして、結果は………もはや記憶の彼方。。

 その後、様々な乗り物に乗り換え、女子グループと合流して、男女バラバラで適当に乗って、公園内をブランブランしていました。

 途中、公園に立ててあった木製の支柱を折ってしまうというアクシデントが発生しましたが、その折れた支柱をバランスよく立て、係員の人の目を盗んで逃走っ!!

 トイレに行くといって乗り物を置いていった2人の乗り物をそのまま奪って隠れ、2人がオドオドする様をほくそ笑んで観察っ!!

 等、様々な悪事を敢行しました。

 3時間などいう長時間、絶対に持て余すだろうと思っていたのですが、足りないぐらいでした。やっぱり仲間が集まると、どんなところでもパラダイスと化すんですね。

 そうそう、この辺りから、写真を撮る時に使われる、『ハイ、チーズ』という文句が、『ハイ、九尾』に変化してきました。

 なして?


 その後、バスに揺られること数刻、遂に函館の夜景を見に行きます。

 ところが、函館山中腹まではスイスイと進めたんですが、駐車場目前でまさかの渋滞。有名な観光名所だから、見物客が多いのだとか。

 待っているバス内では隣の座席のNさんと、後ろの座席のS君と、筆者の反対隣の補助席に座ったカメラマンさんとずっと話していました。

 
話題:九尾狐の過去・現在の恋愛について。


 いや、何かおかしくない?

 そんなのどうだっていいじゃん。

 もっと大事な話し合わないといけないこととかあるじゃん。地球温暖化とかさぁ。

 何でよりにもよってそんなことを話さないといけないの?

 そもそもなんで
カメラマンさん
が加わってるの?

 疑問は尽きませんが、結局過去に何回告白して、何回告白されて、いつ告白されたのかというところまで吐かされました。。

 うぅ…、墓場まで持っていくつもりだったのに。。

 で、一番最近告白されたのは誰に告白されたのかと、今好きな人についての詰問を受けている最中に順番が廻ってきたので、神の助けと思い、さっさと逃げ出しました。

 遂に函館山山頂からの函館の夜景です。

 もうね、ロマンティックだとかノスタルジックだとかミステリアスだとか幻想的だとか、そんなことばを超越したぐらいの絶景でした。

 あんな圧倒的なものを見せ付けられた後には、大阪の街明かりなんざ夜景とは到底言えません。

 本当に素晴らしいものでした。

 ただ、この気分を暗くさせたのは、3つもの告白現場を見てしまったこと。。

 そしてその3つどれもが振られているっぽい様子だったこと。。orz

 そうそう、夜景をバックに写真を撮ってもらうとき、例によって例のごとく、『ハイ、九尾』で撮影したんですが(この頃からは何も言わなくても、筆者が被写体になるときはカメラマンさんが勝手に『ハイ、九尾』と言ってくれるようになっていました)、その撮影が終わった後に、そのカメラマンさんが、「で、結局今は誰が好きなん?」と尋ねてきました。

 っていうかカメラマンさんには固有名詞を出してもわからんだろぅ。。


 少し工程に遅れが生じたものの、そこから本日宿泊するホテルに到着します。

 本日宿泊するのはホテル万惣さんです。

 部屋は和室で、昨日まで宿泊していたルスツリゾートより見劣りはしますが、筆者はこっちの方が団欒しやすかったので、好きです。


 夕食は豪華会席。

 生徒の人気こそ少なかったとはいえ、高校生にはもったいない料理です。


 温泉で有名なホテルなのですが、諸事情により露天風呂の使用禁止。

 生徒からはブーイングの嵐です。

 その諸事情というのは『覗き防止』だろうと予想しましたが、真相はどうなのでしょうか?


 結局露天風呂なしのお風呂で、ゆったりと使っていました。

 そこで、級友S君が近寄ってきて、しつこく一番最近に告白されたのは誰なのかを訊いてきます。

 初めの内はあしらっていたのですが、あるとき、ついうっかりと誘導尋問に乗ってしまい、口を滑らしてしまいました。。

 不覚…。。


 入浴後は部屋に籠もります。

 この日は目の前が先生方の部屋だったのですが、隣の部屋から数人、筆者達の部屋に呼び出して、午前4時まで大富豪やらポーカーやらをして過ごしていました。

 よくやったな、自分。。


 ここから先は次の更新時に書きます。兎にも角にも濃い内容の3日目でした。。


 中身を覗かないで下さい投票箱。


 

 ☆彡
[PR]
by kyubi-grakai | 2007-10-25 23:31 | 生態記録

泡沫の夢を知る 其弐


 皆さん、こんばんは。あなただけの九尾狐です。


 さて、それでは修学旅行の記事、2日目分を書いていきます。


 修学旅行2日目。

 この日は各自で選択したアクティビティです。

 朝は6時30分起床予定だったのですが、就寝時間が早すぎたせいもあり、筆者は5時には眼を覚ましていました。(早すぎ)

 そのまま暫らくうだうだしていると、6時30分になり、朝食を食べに行きました。

 朝からまたまたバイキング。本当に豪華すぎです。

 ここで飲んだ牛乳はやっぱり美味で、だし巻きは美味で、ヨーグルトも美味でした。

 っていうか何から何までも美味でした。


 それから準備をし、午前中は熊牧場・昭和新山・有珠山の観光です。

 熊牧場はほんに小さく、よく経営が成り立っているなぁとつくづく感心しました。(余計なお世話です)

 ま、噂に聞いていたおねだりのポーズは可愛らしかったです。

 そして有珠山ロープウェイで山頂近くまで登り、ずーーーーーーーーーーっと歩き、噴煙が上がっているところまで辿り着きます。

 そこで思いがけない出来事パート1が。

 何故か北海道で国際交流をしてきました。

 外人女性 "May I help you?"
 九尾狐 "???"
 外人女性 "May I take a picture?"
 九尾狐   "Oh, thank you. Can I?"
 外人女性 "Sure."

 何でこんなところで英語を話さないといけないんですか? ここ、北海道ですよ?

 でもでも、外人のおばさん、さーんくすです。

 そして有珠山のショップで、思いがけない出来事パート2が。

 1日目に駅でであった中学時代の同級生にばったり遭遇です。

 何で地元では全く会わないのに、北海道で会わないといけないんだ。。

 その後はこのコースに参加していたメンバ全員でソフトクリームを食しました。

 っていうか普段甘いもの嫌いの筆者でも何の抵抗もなしに食べることが出来たんですけど…。それだけ上等だっていうことでしょうか。


 午後からはラフティングです。

 これについては書くまでもあるまい。

 寒い!! 痛い!! インストラクター面白くない!! まぁラフティングそのものは楽しかったけど。。

 これだけの表現で全て表されてしまいます。

 最後にインストラクターの人を極寒の川に突き落として、終わりました。

 ま、楽しかったですよ。えぇ。


 そしてグジョグジョになってホテルに戻り、風呂に入る用意をしようと部屋に戻ると、部屋に鍵がかかってる…っ!!

 先に体験が終わった同じ部屋のやつが、鍵を部屋の中に閉じ込めたままどこかに行ってしまってやがりました。

 最悪です。

 諤々震えながらそいつの帰りを待ちます。

 30分後にようやく入浴することが出来、安心しました。

 っていうか謝罪しろ、こんにゃろう、ひれ伏せ!!


 夕食時、野球部が全体を廻って宣伝をしていました。

 夕食後、大広間で野球部が小劇場紛いのこと(つまりネタ)をするから見に来いと。

 そして夕食の間にこんなマイクパフォーマンスもありました。

 
『ピンポンパンポーン ピンポンパンポーン ○○高校の皆さん、ルスツリゾートホテルをご利用いただき、誠にありがとうございます。本日、午後7時20分より、2階大広間にて、野球部による大宴会が催されます。多くの方、お誘い合わせの上、是非是非おこし下さい。 ピンポンパンポーン』 (全て口頭で野球部部長がやっていました)


 何者っ!? 何で野球部がホテルの宣伝してんのっ!?


 そんなこんなで野球部の大宴会を見に行きました。

 曰く、『野球部のノリは普段から自分達でもおかしいと感じるほど異状なので、その雰囲気をみんなにも分かってもらいたいから、先生にお願いして職員会議で提案・可決してもらった』とのこと。

 職員会議って…やりすぎ

 結構楽しかったです。面白い劇でしたよ。3時間で考えたネタだそうですけど。


 その後はクラスレクです。今日はもう1クラスと合同でレクをします。

 先ずはドッジボールです。男女で分かれてやります。

 これについては特記することもなく、ただ単純に面白かったです。

 その後は氷鬼。

 鬼が10人に対して、逃げる人71人。

 うん、終わるわけがねぇな、これ。

 案の定、鬼がギブアップして終わりました。

 その後は探偵(ドロケー)をすることに。

 筆者達のクラスが探偵で、もう1クラスが泥棒です。

 走って走って走りまくって、ようやく全ての泥棒を捕まえ終わりました。そこでゲームセット。

 この時期の北海道なのに汗でびっしょりです。北海道なのに…。

 よってこの後、本日2度目の風呂へ。

 さっぱりした後、部屋に戻ります。

 ここでおかしなことに気付きました。どうにも1人足りません。

 どうしたのかなぁ…と考えていると、戻ってきました。

 話を聞いてみると、どうも拗ねているようです。

 「野球部があんなん(大宴会)を開くから、俺ら、折角今日も泳いでたのに、殆ど誰も見にけぇへんかった」

 などとふざけた事を言ってやがります。

 お前はいつから露出狂になったんだ?

 で、クラスレクの間に何をしていたのかきくと、ふざけた返事が返ってきました。

 「ゲーセンでバーチャファイターして遊んでた」

 協調性の欠落にも限度があります。

 こんなことを続けていたら、クラス内で友達が1人もいなくなるぞ。それでもいいのか?

 それが嫌なら、見直せ。バカヤロウ。


 失礼しました。

 そんなこんなで、この日も早く11時には眠りに就いていました。

 何て平和な修学旅行なんでしょうか。


 大部分を端折ったとはいえ、これで2日目は終わりです。

 残り半分。あっという間ですね。



 

 ☆彡
[PR]
by kyubi-grakai | 2007-10-21 22:15 | 生態記録

泡沫の夢を知る 其壱


 皆さん、こんばんは。お久しぶりです。あなただけの九尾狐です。


 実に実に長い、更新停滞期間でしたが、忙しかった日々がようやく過ぎ去り、少し余裕ができました。

 本当にお久しぶりです。

 それでは更新を休んでいた間にあった出来事をフラッシュで紹介していきます。



 これは体育の時間に起こったお話です。

 筆者のクラスに、名前に『しま』とつく友人が1人います。

 そんな彼は万人が認める弄られキャラで、いつも無茶振りをされ、彼は真面目にそれに乗り、見事にすべってくれるという性格の持ち主です。

 そんな彼、挙句の果てには筆者達生徒のみに止まらず、先生にも弄られるようになってきました。

 彼がラグビーボールで遊んでいると、突然体育の先生から檄が飛びました。

 
先生 「おいこらー! 種子島ー!!」


 た…種子島。。彼の元々の名前の島よりも小さくなってるよ。。

 そしてその後、様々な変遷を経て、今どうなっているのかが分からなくなっていました。

 種子島のままだったっけ? 三宅島だったっけ? 南鳥島っていってたっけ?

 そして、筆者が彼に今どうなっているのかを質問してみると、彼はこんな風に答えました。

 狐   「なぁなぁ、今、何島になってるん?」
 級友 「えっ、ランゲルハンス島

 ………普段からそれぐらい面白いことを言っていれば、弄られキャラにならずに済んだと思うのは筆者だけでしょうか?

 っていうか小さすぎだろ、をぃ。

 彼が今後、このブログに出てくるときは、ランゲルという名で登場させましょう。



 中間テストがあった気がするけど、記憶の海から飛んで行ったしまったから無視っ!!



 
 さて、筆者達は10月16日~19日まで、修学旅行で北海道に行って参りました。


 逐一書いていては際限がなくなるので、簡単にまとめて書いていきます。



 1日目。

 朝4時30分起きで出発の準備をします。

 朝5時30分、父の運転する車に乗り、駅まで送ってもらいます。途中、約束していたalfと偶然出くわしたを乗せて、駅へと向かいます。

 車を降りてすぐ、いきなり声を掛けられました。

 ??? 「あれ? 九尾?」
 九尾狐 「ん?」
 ??? 「あっ、やっぱり。私わたし、中学のときに一緒やった
 九尾狐 「おぉう。まさかこんなところで会うとは思わなんだ」
 学友T  「ほんまや。じゃあねー」
 九尾狐 「おぅ、またなー」

 どうやら彼女の学校も修学旅行らしいです。


 そのままモノレールに揺られ、空港に到着します。

 空港で集合だったので、集合場所に行ってみるとそれなりの人数が集まっていました。

 筆者が級友達と話していると、級友Mがハットを被って現れました。

 彼に出会って筆者の第一声がこちら。

 九尾狐 「うわぁ、M君、かっこいー」

 そしてそれから、彼の被っていたハットを全員で被って遊んでいました。

 筆者は帽子の類が一切似合わないので、固辞していたのですが、最終的に無理矢理被らされました。

 級友S 「ウワハハハ。九尾、お前、セ○スイハイムのCMに出てる人みたいやぞ」

 誰が○部寛だ、こら。

 大体筆者はそんなに老けてないっ!!

 そうこうしているうちに荷物のチェックの時間です。

 大きな荷物はトラブルなく通過することができたのですが、手荷物検査でランゲルがやってくれました。

 ペンケースの中にカッターナイフとハサミを入れていたのを忘れて、そのまま通過しようとしたのです。

 結局、その刃物類を空港が預かるという形で全ては解決しました。

 早速、何かを仕出かしてくれる男です。かっこいー、ランゲル君


 飛行機の中ではゆったりと過ごし、飛行機も無事に新千歳空港に着陸。

 そして空港から出て全員が異口同音に一番に口走った一言がこちら。

 「さぶっ!!」

 北海道を舐めてはいけませんでした。冗談じゃなく寒い。

 但し、そんな中で半袖で過ごすと宣言していた馬鹿もいたんですけど。。


 バスに揺られること数十分。

 最初の目的地、ノーザンホースパーク、略してノザホに到着です。(略さんでいい)

 先ず初めに係りの人の話を聞くんですが、メガホンの性能が低いのか、よく聞こえません。よって筆者達はそんな係員さんを尻目に写真を取り巻くっていました。(早すぎ)

 その後の集合写真では1枚を全員でウィンクして撮影、残り2枚は普通に撮影しました。


 そして昼食です。何と、ジンギスカンの焼肉。

 昼から豪華すぎ。。

 ま、普通に食べましたけど。最後には残った野菜を4人分全て鉄板に乗せて、焼肉のタレで味付けをして、野菜炒めを作って食べました。

 こびり付いた野菜が余計に鉄板を汚し、っていうか鉄板がもはやわけの分からない言いも得ぬ状態になったので、放置して逃げました。(最低)


 それからはノーザンホースパーク、訳して北方馬公園(訳さんでいい)の中をHOMAと一緒に2人乗り自転車で疾走 with 叫び。

 HOMAの荒々しい運転のお陰で、筆者は奇声怒声の大嵐。

 九尾狐 「ちょっ…おま…HOMAっ!! もうちょっと丁寧な運転を…っておいっ!! てめぇ、殺す気かっ!!」

 等々。。

 そしてその声を擦れ違う女子達が聞いて大爆笑していました。

 全てはHOMAが悪いのです。


 そういえば、自転車が全て貸し出されていて、返却されるのを待っている時、予約者の呼び出しで面白いことがありました。

 
『ピンポンパンポーン。2人乗り用自転車でお待ちのカミ様カミ様………』


 …神様っ!?


 そうこうしているうちに展望台まで辿り着き、そこにいた、普段は優しくてニコニコしている生物の先生が、生徒にサングラスを借りて睨んでいる写真を撮ったり、この修学旅行で一番北海道らしい風景だったかもしれない放牧場を覘いたりとしている間に、あっという間に時間が来ました。

 あっ、そうそう、ここの店に、地獄のアイテム『ジンギスカンキャラメル』の兄弟で、『ジンギスカン飴』なるものが売っていました。

 結局購入せずじまいでしたけど。


 それからまた暫らくバスに揺られ、ついたのは今晩の宿泊地、ルスツリゾートホテル&コンベンション

 ま…まさかこんな立派なリゾートホテルだなんてっ!!

 筆者達はは一介の高校生集団ですぜ? こんな豪勢なところに宿泊してもいいの? 本当にいいの?

 荷物の整理を済まし、隣の部屋に遊びに行くと、やっぱりやっていました。

 マリオカート。

 いや、事前に話していたんです。

 ゲームキューブとコントローラを持ってきて、是非やろうと。

 それを実現しただけのことです。ふぇっふぇっふぇ。

 うだうだと過ごした後、夕食の時間になったので食堂に向かいます。

 途中、プールを発見です。

 但し問題が一点。

 何で壁が一部ガラス張りなの? 何で中が見えるの?


 細かい話は置いといて、夕食です。バイキングです。

 豪華すぎです。高校生が食べてもいい食事じゃありません。

 誰かいい加減ストップをかけて下さい。いや、やっぱりかけないで下さい。(どっち)


 その後、ほぼ全員で大浴場に行きます。中学生だったら恥ずかしがって服を脱がなかったり、隠したりするんですが、高校生ともなるとそこは違います。

 堂々と全員、スッポンポンになります。(セクハラ発言)

 さて、ここで何人か大浴場に行っていなかった人たちがいます。さて、彼らは何をしていたでしょう?

 「プールに入ってた」

 …水着はどうする?

 「ボクサーパンツとかトランクスとかの下着でどうとでもなるで」

 …馬鹿だ。絶対にこいつらは馬鹿だ。

 「えっ、でも通り過ぎていく女子が、ガラス越しに携帯で写メ撮ったりしとったで?」

 …もうお前とは口きいてやんない。


 馬鹿は放っておきましょう。

 入浴後、クラスレクです。

 1日目に筆者達のクラスは大広間で、ペア荒らしとハンカチ落としとロシアンルーレットをする予定でした。

 先ずはペア荒らしです。無論、裏切り有です。

 3回鬼になった人には一発芸をすることという罰ゲーム付です。

 因みに、裏切られた回数がトップだったのは、言うまでもなくランゲルでした。

 そんなランゲル、罰ゲームで何をしたのかというと、

 『マリオが飛ぶときの効果音』・『カレーパンマンネタ』・『絶対に笑えない一発芸』etc.etc...

 見ていて可哀想になるぐらいのことをやらされていました。ウププ。

 かくいう筆者も級友らに嵌められ、3回連続で鬼になるという事態に。

 ところが筆者は月並みな学生です。特にネタも持ち合わせておりません。

 どうしようどうしようと迷っていると、級友がこんな恐ろしいことを言いやがりました。

 級友M 「空手の型やったら?」

 はぁぁぁぁっ!? ぇ? マジで? マジで?

 結局、空手の型をやらされ、全員にドン引きされ、何とか切り抜けました。

 因みに、こんなお題が出ていました。

 『僕が今度もまた裏切られると思う人』 (当然ランゲルのお題)

 『2号車のバスガイドさんがケバイと思った人』 (そんなにじっくり見ていません)

 『今晩、寝ない人』 (未来のことなど分かりません)

 等。

 その後、ハンカチ落としをしようということになったのですが、与えられたスペースの関係で、結局出来ず、そのままペア荒らしを続けていました。

 そして、ロシアンルーレットです。

 こちらはそれほどの盛り上がりも見せずに終わりました。


 この日の夜はそんなに夜更かしすることもなく、10時30分には筆者の部屋の全員が眠りに就いていました。(早すぎ)


 そんなこんなで怒涛の修学旅行1日目が幕を下ろしました。


 どうにも記事が長くなりそうなので、今日はこの辺で終わります。



 ロシアンルーレットで本物のピストルを使うと思っていた投票箱。

 


 ☆彡
[PR]
by kyubi-grakai | 2007-10-21 21:16 | 生態記録

更新停滞宣言を知る


 皆さん、こんばんは。あなただけの九尾狐です。


 今日はいきなりめっきり涼しくなりましたね。

 長袖を着ていたぐらいですもの、相当です。


 天気予報曰く、最高気温が22℃だったんだとか。

 道理で寒いはずだわ。


 季節の変わり目は体調を崩しやすいので、皆さん、気をつけましょう。



 さて、本日のタイトルにもあるように、暫らく更新を停滞することになると思います。

 今までもブログになっていないほどに疎らな更新頻度だったのですが、これから私的な用事が多くなり、更新する時間が今まで以上に取れなくなると思います。

 いつ頃に復帰できるのかは不明ですが、できるだけ早く帰ってきたいと思います。


 ま、忙しいっていうのは裏を返せば日々の生活が充実しているっていうことなんですけどね。

 うん、最近今まで以上に毎日が楽しくて仕方ないんだわ。

 何かこれぞ青春っ!!みたいな感じです。

 やっとこさ自由を手に入れた、みたいな。


 というわけでこんな馬鹿馬鹿しいブログをチェックしてくださってる少数の皆さんには申し訳ないんですが、しばし更新停滞させていただきます。

 ご理解の程、よろしくお願いします。



 とはいえ、少し申し訳ない気分が残ります。

 なので、置き土産として筆者のお気に入りの英詩を掲載しておきます。

 初めに英語だけを書いていくので、自力で訳そうという方はそうして下さい。

 辞書を使わずに全訳できたあなたはすごい。


 あっ、その詩は再更新ということにします。



 長期休暇を手に入れた投票箱。

 

 ☆彡
[PR]
by kyubi-grakai | 2007-09-29 22:13 | 生態記録

丸を知る


 皆さん、こんばんは。あなただけの九尾狐です。


 秋です。

 すっかり日も短くなってきました。

 でも何なんですか、この暑さ

 最高気温32℃って何ですか、地球温暖化ですか。

 このまんまだったら人類滅んじゃいますよ。いいんですか?


 というわけでこの暑さに頭がやられてしまった九尾狐です。助けて下さい。


 さて、9月に入ってからすっかり更新を忘れてしまっていました。

 すいません、すいません。悪気があってやらなかったんじゃないんです(どっち)


 さて、ネタは多いんですが、ここ数日の忙しさで全部吹っ飛んでしまいました。エヘッ。

 ということで断片的に憶えていることだけ書いておこうと思います。



 先ずは最近多い妹ネタ。

 いや、別にシスコンだとかそういうことじゃなくてですね、最近ちょっと妹と話す機会が多くなってきたからその余波でネタが大量に入ってくるんですね。

 シスコンじゃないってばっ!!


 9月3日(月)、妹の学校では始業式が開かれました。

 妹は今年、仮にも受験生なので、殆ど家に籠もりっきりで、クラブもありませんでした。つまり学校に行くのも久しぶりです。

 そして久しぶりに先生や友人とも会います。

 ここで紹介するのは、久しぶりに会った先生と妹の会話。

 始業式会場(体育館)でバッタリ出会う2人。
 妹  「あっ、先生」
 先生 「おぅ」
 妹  「先生、老けたなぁ

 こっ…こらっ、先生相手に何を言うんだ…!! 万が一事実であったとしても口に出してはいけなくぁwせdrftgyふじこlp;@:

 しかしこれに対する先生の返答がまたとんでもありません。

 先生 「お前、丸なったなぁ

 ふあっふあっふあっ。見事に言い返されてやんの。

 このことについて妹が家で話し、最後には『先生、酷くない!?』とかのたまってやがります。

 いや、元凶作ったのお前だから。


 そんな妹ですが、どこか冷めた一面もあります。

 一昨日の土曜日、祖父ちゃんと祖母ちゃんがお寿司を奢ってくれるということで、近所のお寿司屋さんに行きました。

 そして筆者は17皿、父は17皿食べました。

 ところがどっこい。この枚数に驚くなかれ。

 妹は12皿とか喰ってやがります。

 ねぇ、君、先生に新学期早々『お前、丸なったなぁ』って言われても文句言えないよ?

 まぁこれは余談ですが…。


 で、そのでぃなーぱーちーのあと、筆者と母上と祖母と妹の4人でその店の隣にある某有名レンタルビデオ・CDショップへ行きました。

 自転車でちょろっと移動し、駐輪します。

 で、入口へと向かったのですが、そこには大量のガシャポンの機械が。

 それを覗いていると、その中に1つ、柴わんこのストラップが出てくるガシャポンがあるではありませんかっ。

 しかしよく見ると出てくる確率は2/3。

 さぁ、やるのか? やらないのか?

 と、筆者と母と祖母は盛り上がっていました。

 …あれ? 1人足りない?

 そうです、妹はそんな風に盛り上がっている3人を尻目に、1人でスタスタと入口へと直行していたのです。

 残される3人(構成:17歳♂・4○歳♀・7○歳♀)。

 1番そうやってはしゃいでもいい人間がいてねぇっ!!

 っていうか痛い子だよっ。筆者たち、痛い人等だよ。

 結局、2/3の確立に賭けることにし、見事に柴わんこのストラップを手に入れ、奪取合戦に勝った(譲ってもらった)筆者が現在所持しているわけです。

 っていうか妹よ、冷めすぎだろう。君が居ないと残りの3人が完全に危ない人になっちゃうぢゃないか。



 さて、先日、筆者達の学校ではオープンスクールが行われました。

 筆者は実質的な活動はしなかったのですが、自主的に校内を徘徊して、迷える子羊たちに愛の救済を施していました。(要するに可愛い女の子たちを求めて校内をウロウロし、ナンパしていただけ)

 そして道に迷っていた、ある女の子たちの集団を見かけ、声をかけていたその時、後ろから友人の姿が。

 そして次の瞬間、その友人がとんでもないことを口走りやがりました。

 友人 「なぁなぁ、君ら、こいつとは話してるだけで妊娠するで

 お…おいっ、今のは駄目だろ。セクハラ発言だし、筆者のイメージが悪くなる。取り消せっ、取り消せっ!!

 と、筆者があたふたとしている間に、そいつはその女の子たちに

 「どこの中学校出身?」

 と声をかけていましたとさ。

 な…ナンパ…。お前もかブルータス。。


 っていうか今回のオープンスクールには女子の参加者が多かったせいか、ナンパしている男子が多かったように思えます。(人のこと言えないから)



 香典返しって知ってます?

 最近、その香典返しが、受取人がカタログの中から選ぶっていうのが増えてるらしいです。

 で、先日筆者宅にもそのカタログが届き、何にするかで散々揉めていました。

 協議の末、選択権が筆者に与えられることに。

 しかし元々あんまり欲しいものがない筆者は選びかねました。

 な…何を選べばいいんだ?(そんなんなら選択権を他の人に譲ればいいのに)

 ティーカップなんて要らないし、食器も要らないし、洋服も別に間に合ってるし、時計もあるし、行灯なんて貰っても困るし………。

 決めあぐねた挙句、筆者が選んだのがこちら。

 
WWFに寄付。


 結局こんなんです。いや、他にもユニセフとかユネスコとか盲導犬協会とか色々寄付先はあったんですけど、自然守る方が大事だよねっとか思い、寄付先はWWFにしました。

 というわけで、どんな形であれ、気持ちが向けば皆さんもよろしくお願いします。
 


 さて、それでは本日はこれまで。



 投票

 募金

 迷わず選ぼう。

 

 ☆彡
[PR]
by kyubi-grakai | 2007-09-17 22:42 | 生態記録

別れを知る


 皆さん、こんばんは。あなただけの九尾狐です。


 タイトルの意味は少し後で記すことにします。先に生態記録の方をしますね。



 先日、妹がWでぇとをしてきたことをここでもお伝えしたと思います。

 そのでぇと中に邪魔をしてやろうと思い、何通かメールを送りつけてやっていました。

 まぁ妹も律儀なもんで、いちいち返信してきます。例えばこんなやり取り。

 九尾狐 「今日の帰りは遅くなるのかい? ん? ん?」
 妹    「花火見てから帰るから、ちょっと遅くなると思うわ」
 九尾狐 「何も言わなくていいんだよー。お兄さんに全て話してみなさい☆」
 妹    「いや、言ってることが全っ然食い違ってるから」

 そんな中、妹の人間性が浮き彫りとなったやり取りがこちら。

 九尾狐 「今何してるん? 楽しんでる?」(送信時刻:18時11分)
 妹    「フードコートに入って何も買わずに水飲みまくってる」(受信時刻:18時15分)

 ………をい。

 店側に取ったらいい迷惑です。さすがわが妹。ドケチ度ではヤンおばさんを、横暴さではディオニスを遥かに超えているゼっ。


 そんな妹に関してもう1つの逸話が。

 今回の宿題で最も困難だと妹が訴えていた宿題というのが、『税金についての作文』です。

 中学3年生の妹はつい最近になってようやく公民を学び始め、税制については未習です。

 さて、妹はどうやって作文を書いたでしょうか。

 そこは律儀な妹。図書館へ行って税金についての本を借りてくるというではありませんか。

 妹はこんな兄貴以上に立派になったもんだと眼を細めて送り出し、1時間後に帰ってきた時には暖かく出迎えてやりました。

 そんな妹が手にしていた本というのが、
『こんな税金は払うな!』


 嗚呼、妹よ。邪知暴虐にも限度があろうぞ。まぁ…いいけどさ。君の作文だから。。


 さて、つい先日の29日(水)に筆者は17歳の誕生日を迎えました。

 夙に思うんですけど、16歳と17歳の間の溝って結構大きくありませんか?

 何か一気に老け込んだ気がするんですけど。。

 とか言いつつ、17歳になった筆者は16歳のときと何も変わりがありません。

 そんな急に変化して堪るかいって感じですけど。

 あー、そうそう。今年は筆者の記憶にある今までの誕生日の中で、一番多くの人に祝ってもらいましたよ。

 過去最多人数です。ばんじゃーい。

 こうやって沢山の人にお祝いしてもらえるということを鑑みると、誕生日に1つ歳をとるのも悪くないことかもしれません。

 お祝いしていただいた皆さん、ありがとうございます。筆者は果報者です。

 というわけで、
17歳の抱負(目標?):甘味克服。


 最終的にはこの1年間で、カキ氷のシロップを原液で飲めるようになってやるぜ。(自殺行為です)


 今月の27日から2学期が始まりました。

 早過ぎです。早過ぎです。

 宿題が全く片付いてませくぁwせdrftgyふじこlp;@:

 数学Ⅱの宿題は、宿題テストで80点以上だと提出不要だそうです。

 …不・可・能!!(断定)

 誰だよ最高点98点ってさぁ。。どこの天才だよこん畜生。

 因みに筆者の元には宿題テストの結果が未だ返ってきておりませんが、80点以上なんて有り得ないので、提出しときました。無難な道を歩むのさっ。


 普通に授業が始まると、ネタが手に入るんですけど、多すぎて困る

 なのでとりあえず一時的に筆者の胸に留めておいて、そのうち機会があれば一世放出したいと思います。パォパォ。



 それでは冒頭で伝えましたように、タイトルの意味を記すことにします。


 少し前から殆ど連絡も取り合っていませんでした。

 顔を合わせたら合わせたで殆ど口も利かずに自分のことばかりをしていました。

 で、この1週間ぐらい話し合ってたんですけど、やっぱり溝は埋められなくて、やっとさっきお互いに結論を出せました。

 別れることになりそうです。どうも。

 未練がないっていうと嘘になるんですけど、こうする方がお互いのためになるって思ったので、仕方のないことです。

 ご迷惑お掛けしてすいません。本当にありがとうございました。




























 全部嘘です。

 信じました? 信じてもらえました?

 種明かしをすると、これ、地雷バトンなんです。

 見た人は全員やれっていうバトンなんです。

 というわけで、バトンスタート。


 ★★ルール★★ ・これは地雷バトンです。見てしまったら必ずやりましょう。
 ・タイトルに『離婚します』『別れます』『ふられました』のどれかを書かなければなりません。
 ・全ての回答が終わったら、質問の最後に新たな質問を付け足してください。


 ★恋人・配偶者・好きな人はいますか?
 えっ? えっ?

 ★その相手と出会ってどのぐらい経つ?
 えーっと赤バージョンの時だから…大体10年? うわぉ、もうそんなに経つのか。

 ★その相手に何と呼ばれていますか?
 キュウコンと呼ばれています。きゅうこんで変換したら求婚って出てきた。

 ★相手と出会ったキッカケは?答えられる範囲で。
 ポケモンマスターになるために旅を続けている最中に出会いました。

 ★アプローチはどちらから?
 最初に筆者がコラッタのなきごえで攻撃したのが最初です。

 ★相手の好きなところは?
 ガルーラを持っているところ。

 ★相手に一言どうぞ。
 今度通信対戦しようぜっ。

 ★自分を動物に例えると?
 狐。これ以外に何と答えろと…?

 ★その理由は?
 いや、九尾狐だからさぁ。。聞いてる?

 ★自分を野菜に例えると?
 何この質問。
 敢えて言うなら枝豆。

 ★その理由は?
 聞くな。適当だ。

 ★自分をラーメンに例えると?
 わかるかぃ。
 強いていうなら味噌ラーメン。

 ★その理由は?
 いや、だから聞くな。
 ただ筆者が一番好きなラーメンなだけだ。
 あっ、醤油ラーメンも捨てがたい。。

 ★人に言えない過去はある?
 誰にだってあるもんです。

 ★それはどんな過去?
 言えないって言ってるだろーーーーーっ!!

 ★現在人に言えない秘密がある?
 うん、ある。なかったら人じゃない。

 ★それはどんな秘密?
 だからここで言ったら秘密じゃなくなるって…。
 あっ、1つだけ挙げると、ゴーリキーを通信進化させたいけど、通信の相手がいないこと(孤独)

 ★今何問目?(直感で)
 えっ、1問目じゃないの?(馬鹿め)

 ★ストレス解消法は?
 空手。
 わんことの熱い抱擁。(この時期には暑苦しいので自粛)
 瞑想・黙想・呼吸法。(そのまま睡眠へ突入)
 破顔快笑。
 読書。
 イーブイを何に進化させるかで悩むこと。(余計にストレスたまる)

 ★今この瞬間の髪型は?
 あのキュウコンのシャキーンって感じ。
 その実、風呂上りの生乾き。

 ★今この瞬間の服装は?
 えっ? 裸。
 嘘嘘、ちゃんと着てるよ、甚平を。

 ★あなたの勝負服はどんな感じ?
 えっ? 裸。
 嘘嘘、真っ赤なワイシャツ。
 嘘だって、道着だよ。

 ★あなたの勝負下着はどんな感じ?
 えっ? 裸。
 嘘嘘、赤のブリーフ。
 嘘だって、スケルトンのTバック。
 嘘だよ、これといってないよそんなの。

 ★ここで一言。
 ゴメン、このクソ長いバトンに疲れてきた。

 ★煙草は吸う?吸う人は銘柄も。
 健康に被害が出そうなので控えています。生まれてくる子供の尻尾が8本だったら困るので。。

 ★煙草を吸う女性をどう思う?
 早死にするぞ?
 子供の尻尾が10本になるぞ?

 ★同性愛ってどう思う?
 人それぞれじゃない?
 あっ、でもラブラブなニドラン♂2匹って何かヤダ。まだニドラン♀2匹の方が許せる。

 ★この人なら抱かれてもいい・抱いてもいいという同性は
 この質問に答えたら自分の中の大切なものが失われそうな気がする。。
 抱かれてもいい人:…そもそも同性に抱かれたくない。
 抱いてもいい人:抱き枕(無性です)。

 ★好きな顔文字は?
 ヽ( ・ω・)ノヽ(・ω・ )ノ
 何か和む。

 ★あなたの人生で一番の良い思い出は?
 サファリパークでミニリュウが釣れたとき。

 ★あなたの人生で一番の嫌な思い出は?
 ふたご島で苦労してフリーザに辿り着いたはいいが、その後でフリーザを倒してしまったこと。

 ★口癖は?
 『ええ感じ』・『たしか…』・『いやいやいやいや』・『それこそ…』・他多数。

 ★これを聞くと切なくなる!という思い出の曲はある?
 あるあるー。

 ★曲名は?
 マサラタウンのテーマ。
 ポケモンセンターで流れる音楽。
 navy&ivoryさんの『指輪』
 他多数。

 ★その理由は?
 何となく。

 ★好きな相手で音楽の好みは変わる?
 別に。

 ★このバトンうざい?
 パトラッシュ…僕、もう疲れたよ。。

 ★結婚は何回したい?
 複数回したいって言ったやつは将来不倫する傾向ありだ、気をつけるべし。
 筆者はセクハラ傾向にあるので、数十かくぁwせdrftgyふじこlp;@:

 (暫らくお待ち下さい)

 い…1回ですぅ。。(本心から)

 ★生まれ変わったら何になりたい?
 サトシ。
 ゼニガメ。
 九尾狐。
 あっ、水もいいなぁ。。

 ★前世は何?
 裸足で靴を履いたりするところから考えると、○田純一さんだと思います。(死んでません)

 ★異性の友達はいる?
 まぁそれなりに。
 ニドラン♀とか。

 ★男女の友情ってあり得る派?
 んっと、祖父ちゃん曰く、「異性相手ではいつ恋愛感情が芽生えるか知れやへんから、少なくとも結婚するまでは男女間での友情なんかありえへん」だそうです。

 ★それはなぜ?
 上に書いたじゃん。
 それ以外に例を挙げると、筆者の周りにいてるニドラン♂とニドラン♀はどいつもこいつもいちゃいちゃしてやがるぜ。
 まぁたまにその中にメタモンが雑じってるんだけど。

 ★グッとくる異性の仕草は?
 振り返る瞬間とか風が吹いた瞬間に髪の毛を押さえるあの仕草。{(素で答える)…恥ずかしいなぁおい}

 ★人には理解できないだろう自分だけの【萌えポイント】
 道着姿でウィンク。(やっぱり素で答えたら恥ずかしいもんだ。。)
 あ、あとはプールの後とか雨のときとかに髪の毛が濡れているあの姿。
 普段コンタクトレンズをつけている人が時々眼鏡をかけている姿。
 (素で答える筆者は阿呆)

 ★異性の第一印象、まずどこを見る?
 顔。他にどこを見ろと…?
 あっ、タイプを見る。水タイプだったら即刻逃走。

 ★外見で好きなタイプは?
 笑顔が素敵な人。。(だから素で答えるなって)

 ★内面で好きなタイプは?
 普段はしっかりしているけど、少し天然で、優しい。そして筆者と波長の合う人。

 ★ブリーフ派?トランクス派?
 Tバック派。………いや、そんな眼で見ないで。トランクス派だから。

 ★S?M?
 自他共に認める天性のMです。(認めるな) 

 ★交際・結婚相手とケンカは必要だと思う?
 無論。

 ★最近いつケンカした?
 えっ…昨日?(訊くな)

 ★その原因は?
 ガスコンロに点火する時に、面倒くさくなって火炎放射しちゃったこと。

 ★お腹空いた?
 満たされています。さっきロコンを食べました。(共食い)

 ★最近あった小さな幸せを教えてください。
 やっと大文字ができるようになったこと。
 技マシンで影分身を覚えたこと。

 ★最近あった大きな幸せを教えてください。
 娘ができたこと。(いつっ!?)

 嘘です。
 擦違い様に保育園児であろう男の子がニマッと笑ってくれたこと。

 ★最近あった小さなショックを教えてください。
 ゲームボーイを落とした衝撃で、ポケモンのデータが全部飛んだこと。

 ★最近あった大きなショックを教えてください。
 筋肉痛。(いや、マジで)

 ★疲れた?
 ほんにやめて欲しい。。

 ★自分にとってmixi(ブログ)とは?
 唯一であれる場所。
 裏の人格が支配している世界。

 ★この世で一番大切なものは?
 睡眠。切実に望む。

 ★今やりたいことは?
 多すぎて困る。
 とりあえず睡眠。

 ★運命なんてあるだろうか?
 あるんだよ。それが言葉として存在する限り。

 ★今日のお昼ご飯は?
 えーっと…えーっと…えーっと、真剣に忘れた。

 …あっ、秋野菜のかき揚げだ。

 ★視力は?
 悪い。眼鏡必須。

 ★特技を教えてくださいな♪
 悪友達のテンションに着いていける事。(意外と大変なんだって。生徒会室にいることよりも大変だと思う)
 ミュウツーを弱らせないで捕まえられる。(但しマスターボール使用)

 ★マイミク(リンク)の人で今すぐ電話をかけるなら誰?
 ミクシィをやっていなければリンクも貼っていないです。
 無制限で電話をかけるなら、いつも相談に乗ってもらっている人。

 ★好きなアーティストゎ?
 navy&ivory、平井堅、馬場俊英、槇原敬之、溝口肇、坂本龍一、ゴンチチ、James Blunt、Vanessa Carlton、Augustana、Cyndy Lauper、その他大勢。

 ★ここまで答えた自分に賞賛の言葉をどうぞ
 よくやった、感動した。


 新しい質問をつけるのは勘弁して下さい。ここまで答えるだけでも疲れた。。

 というわけで、見た人は全員やって下さい。(笑



 気がつけば8月も終わり、早くも9月です。少し寂しいですが、茹だるような暑さの続いた夏も翳りを見せています。

 今年の夏休みは、真面目な夏休みでした。去年ほど遊ばなかったし。。(とはいえ勉強なんてもっとしていないという自堕落ぶり)

 この段々寒くなっていく空気がノスタルジックというかセンチメンタルを掻き立てるんですよね。

 よぅし、これからも頑張るぞっ!!



 というわけで本日は以上。


 シスコーン投票箱。(決してシスコンではない)

 ☆彡
[PR]
by kyubi-grakai | 2007-09-01 23:59 | 生態記録

猛暑を知る


 皆さん、残暑お見舞い申し上げます。あなただけの九尾狐です。


 暑い暑いと思っていたら、74年ぶりに最高気温の記録更新ですよ。ふざけてますね。

 っていうか最高気温が40,9℃って何? 冗談?

 人間でそれだけの体温だったら生死の境を彷徨ってる状態ですよ。

 ここまで来ると、人体の方が涼しいです。ってことは人間に抱きついたら、涼しいってこと?

 ハァ…ハァ…(変態)

 しっかしこうも暑いと、人に触れることすら嫌になります。流石にバテますよ、こりゃぁ。。


 というわけで、今年の残暑見舞いは昨日書き、本日投函してきました。あっ、残暑見舞いは全員に送らないので安心して下さい。小・中学校のときにお世話になった先生に対してだけですからね。

 全員に送るのは年賀状だけで十分です。

 そもそもこんなクソ暑いのに、何通も手紙なんか書いてられません。



 さて、前回お伝えしていたように、水曜日はマンモスを見に行ってきました。

 午前9時に車で出発し、揺られること1時間弱。車内では家族4人で歴史しりとりでの死闘が繰り広げられていました。

 何かもう…不毛だ。。


 会場に到着すると、そこには行列

 人人人の大洪水。

 うーわ、これはまさに人の、IT革命やー。(意味不明)

 会場内に入ると、何故か少しだけ人の量が減った気がしました。気のせい?

 初めは発掘現場の様子が紹介されています。

 ここで筆者はカバンを探りあるものを取り出しました。

 ちゃらららっちゃらーん。日本史の宿題ー☆

 そうです、ここでも日本史の宿題をしてやろうと思い、筆記用具を持ってきていたのです。


 展示物や説明書きを見ながら、そこにある内容を写し取っていく筆者。

 その様子を不振な目で見る周囲の冷たい視線。

 それでも書き続ける筆者。

 何を書いているのかと覗き込むオッサン。

 それに気付かずメモを取る筆者。

 オッサンを凝視する妹。(突然の登場)

 慌てて眼を逸らすオッサン。

 ………どんだけ眼力が強いんだ、わが妹よ。。さすが世界征服を目論むだけあるな…。


 因みに、書いた内容:
 ユカギルマンモス。ケナガマンモスの特別な個体についた名称。『ユカギル』とは部族名。サハ共和国ヤクーツクで永久凍土の中から発見される。
 一般にマンモスというとケナガマンモスを示すが、広義では全ての種類のマンモスを表すこともある。最大の特徴はやはり毛と牙。
 毛の太さは人毛の約6倍、長さは最長1,2mにまで上るものが発見されている。
 牙は長く湾曲しており、内部は空洞。

 耳と尾は寒さを耐え凌ぐため、かなり小さい。
 草食性で、腸内から葉や茎、コケ、種子、花粉、胞子などが見つかることが多い。
 環境の変化や人による狩りなど、様々な要因が重なり絶滅したと考えられている。

 最後に残ったマンモスは体高1,8mほどと小柄であった。
 尚、実際のマンモスもエレファス科内では小さな部類に入る。

 以上。



 …に…日本史が全く関係ねぇ!! 完全に古生物学のレポートじゃんよ、これ。

 どうしようどうしよう、アタフタアタフタ。

 ま、前に大学の総合博物館に行った時の分のレポートがあるからいっか。(よくない)

 それにしても、実際に体毛や筋肉、脂肪、脳みそ、神経などが残ったマンモスが展示されていたんですが、全く迫力ありませんでした。どうも作り物みたいに見えて仕方なかったです。

 あんなのを見るために、愛知万博に700万人も駆けつけたのかと思うと、馬鹿みたいです。(ナンダト)

 あっ、その実際の冷凍マンモスを展示していたところにいたお姉さんが恐かったです。

 お姉さん 「これが実際の冷凍マンモスです。ところでこのマンモスには鼻がないんですけど、皆さん、どうしてだかわかりますか?」
 一同   「(シーン)」
 お姉さん 「わからないみたいですね。実はですねぇ、このマンモスをヤクーツクから運んでいる間に、犬橇で運んでいたんですが、お腹をすかせたワンちゃんたちが夜の間に食べちゃったんですねぇ。ウフフッ

 うわっ、最後になんか笑った!! 自分の言ったセリフで笑ったよこの女の人!! 怖い、怖いよー。っていうか気持ち悪いよー。


 こんな感じではしゃいだ後、話の流れで何故かしらボウリングに行くことになりました。

 家族でこんなレジャーに出掛けるのなんて何年振りでしょう。

 因みにボウリングキャリアを説明しておきますと、
 父:8年振り 粗初心者
 母:8年振り 弱冠中級者
 狐:1年振り 完全初心者
 妹:初挑戦  超初心者

 で、端的に結果だけ載せますと、
 父:3位 ストライク1回
 母:1位 ストライク0回
 狐:4位 ストライク2回
 妹:2位 ストライク1回

 えっ、何この結果。

 初心者のが2位っ!? ストライクを2回も出している筆者が最下位っ!?

 っていうか筆者の家系の男勢がだらしなさ過ぎです。。

 それにしてもどうしてそんなにうまいんだ、まいしすたー


 本日、TSU○AYAカードの有効期限が切れるということで、更新に行ってきました。

 出発→到着→更新通知葉書を忘れていたことに気付く→帰宅。

 このクソ暑い中を2往復もしなきゃいけないなんて…何を考えているんだ。(お前だお前)

 家で葉書を漁る→発見→熟読→身分証明書も忘れていたことに気付く。

 やっばいやっばい。もうちょっとで3往復するところだった。。

 身分証明書(生徒手帳)発見→出発→到着→レジ込んでる。。

 筆者、今日、運、悪すぎ。。orz

 暫らく物色→やっとレジが空く→並ぶ→後ろに誰もいない→ショック。。

 筆者最後尾っ!?

 順番が廻ってくる→「カード更新したいんですけど…」(俯きながら)→「ハイ、カードの更新ですね。身分証明書の方は持ってきていただけましたか?」(ん? 女性の声だ)→ふと仰瞰する→すっごい美人な女性→運いいじゃん、筆者。(セクハラ発言)

 しかもすっごい親切→応対も丁寧→言うことないねっ☆

 カードの更新もスムーズに終わり、よかったです。万々歳キャッホホーイ。



 今、明日の予定表を確認していたら気付いたこと:ヤベェ、明日は予定がねぇ!!

 久しぶりに何の予定もない。いいのか悪いのかよくわからんが、兎に角明日は暇じゃ。

 何とも久しぶりの暇じゃ。ふぉっふぉっふぉ。(誰っ!?)



 それでは、本日は以上。



 キリンさんが好きです。でもゾウさんの方がもーっと好きです。
 あれっ? 投票箱は?


 ☆彡
[PR]
by kyubi-grakai | 2007-08-17 22:26 | 生態記録

作文を知る


 皆さん、こんばんは。あなただけの九尾狐です。


 暑いんです。ほんとに。そのうち溶けてスライムになっちゃいますよ、僕。


 何かもう暑さもここまで来るとどうでもよくなりますね。例えば、気温が33度だろうが34度だろうが同じような気がします。不快指数も高くなりすぎると、大して変わらないような気がします。

 こうも暑いと、何かをしようという気にならない。→故に宿題をしようという気にもならない。→そもそも勉強をしようという気にならない。→っていうか普段からやる気がない→自宅でうだうだ。

 という流れで、完全にだらけきった自堕落な生活を送っています。これでいいのか、高校2年生。



 さて、月曜日のことです。

 例によって例のごとく空手に行くと、道場が閑散としています。

 中に入っても人影がありません。

 暫らく準備運動をしていると、後ろから師範が登場しました。

 先生  「うわっ、来たんか!?」
 九尾狐 「そんなこと言わんといて下さいよ。それにしてもこの人のいなさは何ですか?」
 先生  「今日はな、第1部(少年部)の方にも5人しか来てへんかってん。で、第2部(一般部)の方も2人や」
 九尾狐 「うわぁ。。マジですか。。」
 先生  「多分、お盆やからみんな休んでるんやろ。 やから今日は汗だけ流してさっと帰ったらええわ」
 九尾狐 「はーい、分かりました」

 というわけで、たった3人での練習でした。

 さぁ、何をしようかと考えていると、もう1人の門下生が話しかけてきました。

 門下生其壱 「なぁなぁ、。筋トレしよや」
 九尾狐    「よっしゃ、ええで」

 かくして本日の練習は全メニュー筋力トレーニングになりました。

 因みに、考案者:小学校6年生の少女。(=門下生其壱)

 っていうか、上の会話なんですけど、小6の女の子に名字呼び捨てにされる筆者の威厳のなさって…なさって…くっそー

 でも、その筋トレのメニューがとんでもなく辛い。そりゃぁ、普段の練習時間を掻っ捌いて、全て筋トレに費やしているわけですから、少々ハードになるのはわかるんですけど、それにしてもしんどい。

 とても小6の女の子の考える筋トレメニューとは思いません。

 ところがその女の子は軽々とこなしていきます。

 高2の男の子である筆者って…筆者って…

 やっぱり若さっていうのは素晴らしいですね。生命力が溢れているって、いいものですね。筆者はもう着いて行けません。。(雑魚)

 お陰さまで、今日になっても身体中の筋肉がパンパンです。一種の虐めですよ、あのトレメニュー。ほんとに。

 で、月曜日がそれだけ人数が少なかったので、今週は1週間、練習が休みになりました。ま、少し休みが伸びたということで…ばんざーい。落ち着いて寝れるぞぉ。(←サボり)


 で、本日火曜日です。

 本日は妹が国語の作文を書くというので、手伝っていました。

 聞くところによると、妹は最近の行儀・マナーについての作文を書くそうです。

 序論:最近、若者の行儀・マナーの悪さが各種メディアで取り沙汰されている。

 本論:若者だけではなく、ある程度の年を重ねた人々においても行儀・マナーが悪い。

 結論:世界征服も不可能ではない。

 ……っ!?

 な…なんでっ!?

 何で『行儀・マナー』⇒『世界征服』の変換が出てくるのっ!?

 ま…まぁあの子の作文だからどんなんになってもいいんだけど…。

 うーみゅぅ、世界征服…。



 では、前回更新時にお伝えしていたように、バトンをします。

 Y.O.Dに教えてもらったバトンです。


 天使&悪魔バトン

 ①体が弱って物を持っているお婆さんがいたらどうする?
 【天使】:【お荷物をお持ちしましょうか? …あっ、大丈夫ですか。そうですか…。………グスン。。】
 【悪魔】:【荷物をお運びしましょうか? あっ、1歩1円です】

 ②自分のことをジーッと見ているお爺さんがいたらどうする?
 【天使】:【わ…私の前歯に…青海苔がついてるっ!?
 【悪魔】:【ぼ…僕に惚れたのかっ!?】

 ③いきなり好きな人に告白されたらどうする?
 【天使】:【あ…あでぃがとうござひまふっ!!】
 【悪魔】:【えっ? ごめん、聞こえない。もう1回言って?】

 ④キモイ同級生に告白されたらどうする?
 【天使】:【あなたにはもっと素敵な人がいるだろうから…ごめんなさい】
 【悪魔】:【えっ? ごめん、聞こえない。あっ、今ちょっと急いでるんだ。じゃね】

 ⑤誰か知らない人に蹴られたらどうする?
 【天使】:【いったーい☆】(ぶりっ子)
 【悪魔】:【いってぇ】(ツンツン)

 ⑥誰か知らない人にパンチされたらどうする?
 【天使】:【あ…アンパンチや…】
 【悪魔】:【脳みそかち割ってストロー突っ込んでチューチュー吸ぅたろかワレェ】

 ⑦不良にカッケー!と言われたらどうする?
 【天使】:【コッケー】
 【悪魔】:【アッポー】

 ⑧嘘だよ~と言われたらどうする?
 【天使】:【ホントだよ~】
 【悪魔】:【嘘かよ~☆】(優しい)

 ⑨そろそろ終わりましょっか?
 【天使】:【そうしましょっか】
 【悪魔】:【しゃげー】

 ⑩回して欲しい人指名してね☆
 【じゃぁ、みなみHOMAに回そうかねぇ。後、ネタがない人は適当に取って行ってやってくんなせぇ】


 あぁ、久しぶりのバトン、楽しかったけど疲れたぁ。。



 さて、明日は冷凍マンモスをば見に行ってきます。うがうが。



 それでは、心残りもなくなったので、本日はこれにて終わります。



 世界征服、先ずは冷房の温度を29度に設定することから始めよう投票箱。

 ☆彡
[PR]
by kyubi-grakai | 2007-08-14 21:31 | 生態記録

夢の大学生活を知る


 皆さん、こんばんは。あなただけの九尾狐です。


 えーっと、前回の更新時は超手抜きでごめんなさい。あの後で、数名からバッシングメールを喰らいました。

 だってしょうがないじゃん。時間がなかったんだからさぁ。。(←反省してない)


 っていうかですね、夏休みに入ったら、それこそ特定の人にしか出会わないので、ネタがないというブログを書くものにとっては途轍もなくつまらないんですよ。

 大体、唯でさえ宿題がこれでもかというぐらいに出されているから、余裕もないし…。

 嗚呼、あの頃はよかったなぁ。。(16歳の発言:あの頃=小学生時代)


 ってなわけで、本日も超薄い内容でお届けしたいと思います。



 9日(木)。某大学のオープンキャンパスに行ってきました。

 片道1時間強ほどかけて、電車に揺られながら行ってきましたよ。

 その大学の最寄り駅について一番に感じたこと…あづ、あづいんだよ、どちきしょい。

 その大学というのが盆地の内部にあるため、夏はとんでもなく暑い。一種の虐めです。


 駅からせっせこと歩いて、構内に到着。先ず初めに資料を貰います。そこから総合博物館に直行しました。

 しかし、途中に行く手を阻む魔物たちが…っ!!


 モンスターその1、賃貸屋が現れた。

 賃貸屋の攻撃 チラシ配布

 九尾狐は300のダメージ

 負けてしまった…(チラシを受け取ってしまった…)


 モンスターその2、賃貸屋が現れた。

 賃貸屋の攻撃 チラシ配布

 九尾狐は回避呪文を唱えた 『あっ、さっきも同じのを貰いましたんで…』

 賃貸屋は呪文を唱えた 『いえ、そちらで配布しているのとはタイプが違うんですよー』

 九尾狐は500のダメージ

 負けてしまった…(またチラシを受け取ってしまった…)


 モンスターその3、通信教育社のバイト♂が現れた

 バイト♂の攻撃 チラシ配布

 九尾狐はかわした。

 後から新たにバイト♀が現れた。

 バイト♀の攻撃 チラシ配布withスマイル

 効果は抜群だ 九尾狐は999のダメージ

 負けてしまった…(女性の笑顔が弱点です…)


 とまぁ、博物館に行くまでのせいぜいが5分程の間に3種類もの宣伝広告を受け取ってしまうという惨劇。

 僕に『拒否』という技を教えて下さい。


 総合博物館内では、日本史の宿題も同時に済ませてやろうという算段で、展示物とその説明書きを前にして、必死でメモを取っていました。

 しかし、他の見学者から好奇の目を向けられ、居た堪れなくなった筆者は、超高速筆記モードに大変身。お陰で文字が解読不明に。。アラビア文字みたくなってしまいました。えへっ☆

 それにしても広く、展示品も充実していた博物館でした。時間に制約がなければ、半日だっていてられます。やっぱり、総合大学の設備っていうのは凄いですね。

 あっ、そういえば筆者、このお盆休みの間に冷凍マンモスを見に行く予定があるんですけど、それに先立ってこの博物館でナウマンゾウの頭骨を拝見しちゃいました。

 他にも、筆者の手の大きさぐらいあるキリギリスの標本や、ニホンカモシカの剥製など、筆者が鼻息を荒くして魅入ってしまうようなものばかりでした。

 博物館を出ると、大分時間も経ってしまっていたので、腹ごしらえに行きました。中央食堂へ。

 行って吃驚、何と値段が超安い。

 カツ丼のMサイズが399円。味噌汁が29円。いくら丼が破格のお値段………と、育ち盛りの身にはとても良心的なお値段で食が提供されていました。バンザーイ。

 しかも味もいい。言うことなしです。

 あーぁ、うちの高校の学食もここまでのサービスをしてくれたらなぁ。。

 栄養摂取を終え、次に付属図書館へと向かいます。

 ズラッと並んだ本棚には大量の書物が。

 ひきました。いや、何となく。

 すぐにそこを飛び出し、教授の講演を聴きに行きます。

 教授曰く、「えー、この大学には個性的といいますか、端的に言うと少し常識から外れた学生が多くいますので、そういった環境が心地よく感じるという方には最高の環境かと思います」

 うわっ、教授をしてそこまで言わせしめた。。

 しかし、この講演そのものはちゃんとした講演で、ちゃんとし過ぎていたのか、隣に座っていた女子高生はうっつらうっつらと舟を漕いでいました。

 途中であまりにも暇になったので、退席。

 暫らくウロチョロしてから、文学部の図書館ツアーに参加です。

 ガイドの方曰く、「この書庫には総計88万冊もの書があります。その殆どが貸し出し可能で、例えば江戸時代に出版された書物でさえも貸し出し可能です」

 すっげーっ。大学ってすっげー。

 と興奮していました。


 そうこうしているうちに、文学部の学部説明会が開始です。

 会場を見渡してみると、そこには女子女子女子女子

 もう嫌になっちゃいます。。

 特に筆者の希望する、西洋文化・文学の専修には男子が5名ほど。哲学専修なら男子が10人ほどいたのになぁ。。

 さらにその後の専修ごとの説明会で、筆者は英語学・英文学の説明会を受けていたのですが、そこには男子が筆者のみ。周りは全部が女子です。

 うっほーぃ、薔薇園だーぃ。ってことはなく、大変大変居辛い雰囲気でした。。

 その説明会も無事終了し、そのまま寄り道もせずに帰路に就きました。

 家に帰ってバッグの中を見ると、大量の広告がっ。

 筆者は何回やられて、何回ポ○モンセンターに行ったんだ。。

 やっぱり、文型には女子が多いんだなぁ。。と実感です。


 現在、生徒会室の前にはアインシュタインのポスターが貼られています。そこに書かれている文句がこうです。

 
『例えば可愛い女の子と1時間話していても、それは1分にしか感じないだろう。それが相対性さ』 ばーい、あるばーと=あいんしゅたいん


 セ…セクハラ発言。。天下の物理学者がセクハくぁwせdrftgyふじこlp;@:

 置いといて。

 その意味を、今回のオープンキャンパスで体感しました。

 あんまり詳しく書くと、ジーニアスで後ろから狙われますので、控えます。



 10日(金)

 空手に行きました。

 前回の空手の練習の時に、大会出場のお誘いを受け、出場の是非を悩み中の筆者でございましたが、とりあえず恵子…もとい稽古には参加です。

 返事を先延ばしにしている状態での稽古でしたが、何故かしらいつもよりもハード。疑問に思いながら練習を続けていました。小休止に入り、先生と話をしていると、どうやら本日から大会向け強化練習なんだとか。

 本日:8月10日   大会:11月23日

 遠っ!!

 いやいやいやいや、強化練習始めるのが早すぎです!!

 先生曰く、「そんなんどーでもええやんけ」

 …ちょっと奥さん、どーでもいいそうざますよ。

 どうでもよくない。

 っていうか僕未だ出場するって決めてないんですけど。

 「そんなんどーでもええやんけ」

 よくない。

 とまぁ、超ハードな練習でした。

 因みにお盆休みは17日だけだそうです。なんっつーハードな練習じゃ。虐めか? 苛めか?



本日、妹は近所の遊園地へWデートに出かけていました。

 筆者は家で両親と共に、「あいつも遂に男と出かけるようになったかー」と、目を細めて語り合っていましたとさ。(←正しい16歳の休日の過ごし方)



 さて、そういえばネタがないとぼやいていたところ、久方ぶりにバトンを貰ったんですが、ちょっと今回は控えておきます。また別の更新時に頑張ります。


 それでは、本日は以上っ。



 モンスターその4、豆腐が現れた

 豆腐の口撃 「女を大事にしない奴は、豆腐の角に頭をぶつけて死んでまえ!!」

 投票箱は100のダメージ

 投票箱は豆腐の挑発に乗り、豆腐の角に向かって頭を振り下ろした。

 豆腐は潰れてしまった

 投票箱は勝利した。

 投票箱の勝利祝いにワンクリックお願いします。


 ☆彡
[PR]
by kyubi-grakai | 2007-08-12 23:15 | 生態記録