移転しました。これまで当ブログ"歌詠み狐の徒然日記"のご愛顧、ありがとうございました。


by kyubi-grakai
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

筆者からのラブレター



 皆さん、こんにちは。あなただけの九尾狐です。



 “歌詠み狐の徒然日記”第1部「高校生編」は今、幕を下ろそうとしています。



 さて、このブログを書き始めてから、早いもので2年以上もの歳月が流れてしまいました。

 途中、何度かの更新停滞を挿みながらも、こんなにも長い間更新を続けていくことができたのは、やっぱり、訪問して下さる方々がいて、コメントをしてくれる方々がいて、嬉しいことや面白いことがあった日にはその出来事を一緒に楽しんでくれて、悲しいことや辛いことがあった日には温かい励ましの言葉をくれた、皆さんがいたからです。

 筆者は文章を書くのも巧くなければ、言葉遣いの間違いも甚だしいし、下品だし、ユーモアも何もないし、ブロガーとしては失格の人間でした。

 それでも、このブログを訪問して、コメントを残してくださる方がいて、黙って見守って下さる方がいて、っていうのは、こんな駄文であっても、見てくれている人がいるんだ、と、励みになりました。

 すると、書いていて楽しくなるんですね。

 で、不思議なことに、このブログの訪問者の方々は勿論、それ以外の方々まで、好きだわーって、思えるんです。


 うん、何だかんだ言って、結局のところ、筆者は文章を書くっていう作業が好きなんだと思います。

 それがたとえ自己満足の文章であっても、何の面白みもない文章であっても、好きなんですね。



 ところで、このブログの今後の処遇に関してですが、このブログそのものを自主的に消すということはしないつもりです。

 ただ、更新しない期間が長すぎて、サーバーさんに消されてしまえば、バックアップは取っていないので、それっきりということになると思います。


 今後の活動再開については、復帰の為、努力するという約束はします。

 きっと、戻ってきます。待っていて下さい。

 戻ってきたときには、ブログのタイトルが変わってしまっているかもしれません。

 それは、お楽しみということで。

 ただ、少なくとも、来年の春までは更新できないと思いますので、その辺りはお許し下さい。



 何だかんだ、態と長々と書いて、皆さんとの暫しの別れまでの時間を長引かせようとしておりますw

 それももう、限界のようですね。



 しつこいようですが、最後にもう一度、改めてお礼申し上げます。



 皆さん、こんにちは。このブログの執筆者でもあり、このブログの一番のファンでもある、あなただけの九尾狐です。

 上でも何度も述べていますが、このブログをこんなにまで発展させて下さったのは、今ディスプレイの前でこの記事を読んで下さっている、あなたに他なりません。

 どんな言葉を以てしても、この感謝は伝えきれないです。

 だからこそ、こんな安直な、一見すると科白じみた言葉を使います。

 皆さん、2年間にわたるご愛読、ありがとうございました。

 心から、皆さんのことが大好きです。



 また会える日を祈って…


                                              九尾狐




 愛の投票箱


 クリックで救える命がある。


 ☆彡
[PR]
by kyubi-grakai | 2008-08-31 22:12 | 心の詩