移転しました。これまで当ブログ"歌詠み狐の徒然日記"のご愛顧、ありがとうございました。


by kyubi-grakai
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

涙のわけを知る


 皆さん、こんばんは。あなただけの九尾狐です。


 ここ数日、日焼をした箇所の皮膚がボロボロと捲れて、仕方ありません。

 しかも、少し痒い。だからといって触れると痛い。

 だったら一気に剥がしてやろうと試みてみるのですが、いざ挑戦すると、言いも得ぬ激痛が体中を駆け巡ります。

 嗚呼、このまま脱皮し終えるのを待つしかないのかしら。



 さて、それでは本日の更新は昨日の晩の出来事から始めたいと思います。


 昨夜、11時ごろの筆者の呟き。

 
「…あっ、明日、模試やん」


 …をぃ、受験生よ…。   orz


 というわけで、今朝は6時に起床、6時30分に自宅を出ました。

 試験開始時間が8時25分、試験終了時間が7時(理科を2科目以上受験する人は8時)。

 拘束時間、実に10時間

 泣きたいわー、ほんまに。


 というわけで、どんな試験だったかをレビューしていきます。


 1時間目、現代社会(60分)

 殆ど勉強していない(1年時に少し学んだぐらい)のに…、何故解ける。

 家庭科とか保健とか情報とかで習った内容がズバズバ出たぜ。


 2時間目、世界史(60分)

 がっつり勉強しているのに、現代社会よりも出来が悪かったです。


 3時間目、国語(80分)

 少し、文句を言わせてもらいます。

 "問題冊子は47ページあります"って、何じゃーーーっ!! (魂の叫び)

 ゼー、ゼー、ゼー、ゼー。


 4時間目、英語(リスニング)(45分)

 あれは最早、言語じゃない。

 音だ、音。


 5時間目、英語(筆記)(80分)

 最後の方の問題、問題文も読まずにマークシートを埋めましたが、何か?


 6時間目、数学Ⅰ・A(60分)

 まさかの大惨事。

 数学Iと数学I・Aの問題冊子が同じだったのですが、数学Iの方の問題を解いていたと気づいたのが、試験終了10分前

 なんっつーことだ。


 7時間目、数学Ⅱ・B(60分)

 まさかの大惨事。

 なーんてことはなく、逆に気にしすぎて問題に集中できませんでした。


 8時間目、生物Ⅰ(60分)

 壊滅。


 っていう感じです。


 試験官の先生が、ぽろっとこんなことを言っていました。

 
「センター試験本番でも、2日間に分けて実施するのに、それを1日で済ましてしまうのは、無謀以外の何物でもないですね」


 …じゃあ、やらせるなよ。。   orz


 かくして始まった、地獄の模試祭り。

 この3ヶ月間で受ける模試の数は、筆者が今までに受けた模試の回数を容易く凌駕するという事実。

 ええぃ、止めるでない。泣かせてくれーぃ。   orz


 しかも、今日受けた模試が返却されるのは筆者の誕生日。

 …最高の誕生日プレゼントだぜ。。(←全泣き   orz (←今日、登場回数多いなー 



 さて、ネタが尽きたので、前回の続きを載せていきたいと思います。


 ・勝つまで戦う。

 ・それが絆で、それが縁

 ・それが経験。生きている限り、全てが経験

 ・指導者ならば一度は言ってみよう。

 ・人間、成長しかできません。

 ・先ずはやってみることから始めよう。

 ・そうしたら、何か見えるからさ。

 ・他人を愛することと同じくらい大切なこと

 ・去年の筆者の誕生日に書かれた作品。筆者のことを暗示しているのでしょうか。

 ・いっぺん、やってみようか。

 ・筆者が常々思っていること

 ・ただそこにいるだけでいい。

 ・自分を味方にすれば最強です。

 ・後輩、"ヤマモト"に言いたい。

 ・だからこうして少しずつ書いている。

 ・だからアナタを大切に思うのです。

 ・人に言えないような想像をしちゃいました。

 ・最期まで生を全うした人は全員勝者です。

 ・誰か、助けて下さい。

 ・よっしゃ、やったるで。

 ・君は、どんな反応をするんだろうか。

 ・最近、筆者が頓に心掛けている言葉

 ・あなたを見ると、頑張ろうと思うのです。

 ・いつまでも、待ちます。

 ・生きていれば儲けもん

 ・君に、会いたいなぁ。

 ・自分が正しいと信じた道を進む。

 ・全てをこの基準で測ることには聊か疑問を感じます。

 ・格好いい人は生き様が格好いい人

 ・筆者の場合、糖分は米で摂る。

 ・そうして今を生きる。それが大事

 ・少年の純情

 ・心を落ち着けるとき

 ・結局、僕はどんな人間なんでしょう?

 ・君は超能力者か。

 ・そうするともっと哀しくなる。

 ・本当にそう思う。

 ・王道でしょ。

 ・金を積むから頼む。

 ・今もここで、願ってます。

 ・目指す自分

 ・それが縁だから。

 ・一体、僕が何をしたっていうんだ。

 ・あなたもその1人です。

 ・だから、僕が何をしたっていうんだ。


 以上です。

 他の作品も素晴らしいので、また是非チェックして下さい。


 それでは、本日の更新はここまで。


 実は一度書いた記事を消去してしまった投票箱


 クリックで救える命がある。


 ☆彡
[PR]
by kyubi-grakai | 2008-07-27 23:59 | 生態記録