移転しました。これまで当ブログ"歌詠み狐の徒然日記"のご愛顧、ありがとうございました。


by kyubi-grakai
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

イネに対する恨みを知る


 皆さん、こんばんは。あなただけの九尾狐です。


 いやぁ、またまた更新をサボってしまいましたよ。(常習犯)

 何かもうね、更新がめんどくあぎゃぎゅぎえごっぷぁ


 ―――何か見えない力に滅多打ちにされました。久しぶりに真面目に更新したいと思いますっ、えへっ♪



 最近、筆者は悩んでおります。っていうか恨んでおります。

 えぇ、題名にもあるように、"イネ"に対して。

 というのも、筆者はイネ花粉に反応する花粉症でして、つい先週ごろからもう目が痒いのなんのって。

 耐えられません。

 目薬を手放せない状態です。

 最早これは正常な生活能力を阻害する二まで及んでいますよ。

 イネのバカァっ!!  …イネ馬鹿苗病(ボソッ)

 
結論:人類を滅亡に追い込むのは花粉



 それではみなさん、本日の更新はここまで。

 ちゃおっ★






























 とかって辞められたなら苦労はしません。

 そんなことでもしようもんなら、地獄からの使者がやってきます。


 とはいえネタはない。

 あっ、が第一志望の公立高校普通科に合格しましたよ。

 まぁそんなことはどうでもいいんですけど。(よくない)


 には出願の日まで、筆者と同じ高校を受けるように押し迫っていたんですけど、「お兄ちゃんと同じ高校は嫌っ!!」と、一蹴されました。

 ………この心の傷を奈何せん。。


 合格発表の日の一幕。

 筆者は自宅にてからの電話を待ち侘びていました。

 発表の場に直接行ければよかったのですが、筆者、そのあと自分の高校の合格者登校でのクラブ勧誘活動に参加せねばならなかったのです。

 で、電話で合格の連絡があり、万歳三唱をしたり、知り合いに連絡を入れたりした後で、小躍りしながら自転車をこぎこぎ、自分の高校へと向かったのでした。

 正門をくぐって少し行ったところで、後輩2人と先生1人が話をしていました。

 九尾狐   「が高校受かったよーっ!!」
 モンちゃん 「おめでとうございますー。どこですか?」
 先生    「おう、どこや」
 九尾狐   「O高校です」
 先生    「裏切り者ーっ!!

 すいませんすいませんすいません。どうしてもあやつは筆者と同じ高校に通うのが嫌だったようで…。

 まっ、何にせよええこっちゃです。

 思えば、"ペットボトル=フリースの妹"がよくぞここまで成長したもんだなぁと感慨深いです。

 因みにその日、の昼食は、高校の隣の庁舎食堂で摂ったそうです。



 クラブの勧誘では、文化祭中央実行委員会と合氣道部の勧誘を交互にやっていました。

 同時並行で可愛い女の子も探していまし―――アンギャラォドゥブッホォァドンタコス

 初めのうちはなかなか見当たらなかった可愛い女の子も、少し経つと段々と見つかるように―――アベロッチォヌッホンポン。

 もちろん真面目に勧誘してましたよぉ。エヘヘヘッ★

 文化祭~~~の方は、2人ほど(美人な)女の子が興味を示してくれ、合氣道部の方では上手くなるに違いない男の子が1人、入部予定だと言ってくれました。

 どちらにも沢山入ってくれたらいいなぁ。。

 こんな文章を書いていたら筆者は変態みたいじゃないかっ!! 誰だ、今、その通りじゃんとか言ったヤツ。



 さて、少し遡りますが、終業式の日、筆者は男子4人でカラオケへと行きました。

 前々からクラスの男子数人で行こう行こうと言っていた計画がようやく実行されたわけです。

 この日は高校での教科書販売の日でもありました。

 つまり、筆者たちは重たい教科書たちを抱えながら、制服姿で、カラオケへと行ったわけです。

 あんな大荷物でカラオケなんて行ったの初めてだぜっ。

 まぁこの日はこれだけで話は終わりなのですが、続きがあります。


 で、その3日後、クラスの打ち上げでした。

 3時からボウリングをし、6時から焼肉を食べるといううスケジュールでした。

 3日前に一緒にカラオケへと行ったM君から、打ち上げ前日にメールがありました。

 
打ち上げは3時から。移動の時間も考えて、12時から2時までカラオケに行ける。必ず来い。来なかったら焼肉奢り。


 ナンダト。

 ちょっと待て、つい3日前にも行ったよね? 何でこんなにも連続して行かにゃぁならんのだ。。 orz

 結局、行きましたよ。カラオケ。

 だって焼肉代払いたくないもの。

 うわぁん。

で、この日のカラオケでのひとコマ。

 筆者がWCへと行き、用を足し、帰っていく最中に外国人の女の人とすれ違いました。

 そのことを級友たちに報告しようと思い、ルームに戻って一言。

 九尾狐 「今、外人の姉ちゃんと擦れ違たわ」
 級友S 「"姉ちゃん"てお前、卑猥やぞ」
 九尾狐 「なんでやねん」
 級友M 「エロオヤジの発言や」
 九尾狐 「わかった、じゃぁ女子(オナゴ)」
 級友T 「やっぱり九尾は変態や」
 九尾狐 「だからなんでやねん」

 筆者は変態なのでしょうか。

 うーむ、全力で否定したい。

 言っとくけどなぁ、世の男が変態だからこそ、この世界は平穏を保っているんだぞっ!! (何か違う)

 すいませんすいませんすいませんすいませんすいません


 その後のクラス打ち上げではハッチャケ過ぎて、記憶がぶっ飛んでいるので、割愛します。



 昨日、妹の合格祝いパーティーと称して、九尾狐悪友肆妹の友人(Mさん)、という4人で食事に行きました。

 無論、悪友肆の奢りで。

 いや、そういう約束をしていたからなんですけどね。

 昼食を焼肉・寿司・デザートのヴァイキング(1人当たり1260円)で摂ります。

 悪友肆が電話のために席を外している間に、彼の食事に悪戯をしました。(王道)

 飲み物のホワイトウォーターに醤油を入れ、焼き肉のたれ(醤油風味)に、ホワイトウォーター・氷・醤油・山葵を混入します。

 その後の彼の反応は、言わずもがな。

 昼食後の二次会についての話をしていると、がこんなことを言い出しました。

 妹   「M、学校で使うノートほしいって言ってへんかったっけ?」
 Mさん 「あっ、そうやねん。要るねん」
 妹   「じゃぁ買いにいこうや」

 …なんでやねん。

 何故に若者が4人集まった場でわざわざノートを買いに行くねん。。 orz

 結局、ノートは買いに行かず、ボウリングに行ったんですけどね。



 ふぅ、更新しようと思っていたネタはこんなもんですね。


 あっ、思い出した。

 小学校・中学校の同級生が甲子園に出場したんです。しかもスタメン。

 甲子園では大活躍でしたよ。負けましたけど。

 やっぱり必死で何かに打ち込んでいる姿ってもんは、輝いていますね。

 負けたけど、格好よかったぞ。



 それでは、本日の更新はここまで。



 筆者だけが変態ではありません。男はみんな変態なんです。
 それを隠しているのか、オープンにしているのかだけの違いなんです。
 ねっ、そうだよねぇ? ねぇ?
 投票箱くーんっ!!



 


 ☆彡
[PR]
by kyubi-grakai | 2008-03-29 21:57 | 生態記録