移転しました。これまで当ブログ"歌詠み狐の徒然日記"のご愛顧、ありがとうございました。


by kyubi-grakai
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

休暇を知る


 皆さん、こんにちは。あなただけの九尾狐です。


 いやぁ、学年末テストが終わりましたよ。いろんな意味で。

 "終わった" = のっとおんりー "Finish" ばっとおーるそー "The End" ですからね。

 ハッハッハ。まぁそのことは追々書いていきます。



 それにしても時が立つのは早いですね。気がつけばもう3月ですよ。

 登下校中に自転車をこいでいて、何か目に異常を感じると思ったんですね。

 何だろー、このコロコロとした感じ。。とか思いながらこいでいて、家に帰ってから親に相談すると、「花粉じゃないか」と言われましてね、病院に行ったんです。

 で、目の洗浄をしてもらったら、花粉じゃなくて黄砂だったってゆーオチです。。

 何だこの掴みどころのない話は。(自分で言うな)


 それじゃ、テストについての話の続きでも書きますね。


 3日目。

 1時限目、保健。

 問. "「健康とは身体的に、精神的に、そして社会的に完全に良好な状態をいい、ただ単に病気や虚弱でないということだけではない。」という「WHO憲章の前文」を英文でしめしなさい。"

 何故に保健のテストで英作文が出題されるのか。。orz

 問. "2008年1月28日に東京地裁はマクド残業代支払い命令の判決を下した。この裁判の争点を説明しなさい。"

 この問題、作ったのは関西出身の先生ですね。

 "マクド"のあたりとか。

 保険、撃沈。ちーん。

 余談です。

 級友T 「VDT作業、VDT作業…ブツブツ
 級友S 「WHO、WHO…ブツブツ
 級友M 「THP、THP…ブツブツ
 級友I 「あれ、心肺蘇生法って何やったっけ?」
 級友T 「VDT!!」 級友S 「WHO!!」 級友M 「THP!!」 (全員同時にShout)
 九尾狐 「いや、全員違うから」 (正しくはCPR)

 っていうか絶対に全員わざとだろ、あれは。


 2時限目、日本史。

 一番頑張ったのに…一番頑張ったのに…一番できませんでした。。orz

 いや、3番目かなぁ。。(どっち)

 とにかく、何かもう嫌になります。

 余談。

 テスト終了後の会話です。

 級友I 「なぁなぁ、永仁の徳政令って何年?」
 九尾狐 「わからんかったから適当に"1298年"って書いたけど…」
 級友M 「えー、お前らわからんかったん? 先生言ってたやん、授業中に。"人に苦難の徳政令"(1297年)って」
 九尾狐 「えっ、マジっすか。。何で1年速く書いてんやろ。。惜しいやん…」
 級友I 「M、お前、ほんなら書けてんやんなぁ?」
 級友M 「おぅ、当たり前やっ………って、あれ? おれ、ひょっとしたら1397年って書いたかもしれへん」
 九尾狐 「嘘やん」
 級友M 「あぁーっ、ヤバいヤバい!! うーわぁ、"1397年"って書いた記憶があるぅ」
 級友N 「へっへーっ、あほやー」

 何故そこで百の位を間違えるのか。。惜しいことをしたもんだ。(お前もな)


 4日目。

 1時限目、古典。

 意外とできたね。みんな、簡単やったっていってたから、みんなできたか…。

 意味がねぇっ…!!

 余談。

 何か面白いことがあって、笑って笑って、ネタにしようと思っていたのに、記憶のどこを探しても見当たりません。。

 あれっ? あれっ? この歳で痴呆症? えっ、マジで―――――――

 2時限目、数学Ⅱ。

 ちゅばどーん。(これ以上この惨劇を言い表すのに適した言葉はあるだろうか。いや、ない)

 余談。

 九尾狐 「先生、確か授業中に"面積の問題が8割で、メジアン(問題集)の問題が2割程度って言ってたよなぁ…?」
 級友K 「うん、言ってた」
 九尾狐 「比率、逆じゃなかった?」
 級友K 「逆やった」
 九尾狐 「できた?」
 級友K 「できひん」
 九尾狐 「あーぁ、先生のウソつき」
 級友S 「なぁなぁ、シャーペンの直し方って知ってる?」
 九尾狐 「んー、潰れたん?」
 級友S 「うん」
 級友K 「私、シャーペン直すのんプロやで」
 級友S 「直してっ」
 級友K 「いいよいいよ、貸して」

 ~~~5分後~~~

 級友M 「昨日、"さ〇ま御殿"に狩野〇徳が出ててな」
 九尾狐 「あぁ、イケメン」
 級友M 「そう。で、明石屋さん〇がネタを振るわけよ」
 九尾狐 「どんな風に?」
 級友M 「"A面、B面…?" とか」
 九尾狐 「ほぅほぅ」
 級友M 「で、そのフリにちゃんと乗るねん。やっぱり芸人ってすごいなーって思って」
 九尾狐 「Mもれっきとした芸人やん」
 級友M 「いや、違うから」
 九尾狐 「おっ、K、おかえりー。どうやった?」
 級友K 「…あかんかった」
 九尾狐 「役立たずめ(ニッコリ)」
 級友K 「そんなこと言うー!?」

 よくあるわがクラスの風景でした。


 5日目。最終日です。

 1時限目、世界史。

 何だあれは。先生の趣味か?

 もはや立ち向かおうなんて気がしねぇよ。。

 余談。

 テスト前、教室での会話です。

 九尾狐  「イタリアルネサンス絵画の先駆者は誰?」
 シャゲー 「…わからん」
 九尾狐  「ジョット
 シャゲー 「ちょっと!?
 九尾狐  「ジョット!!

 九尾狐  「サンタマリア大聖堂のドームを作ったのは?」
 シャゲー 「大工さん。。」
 九尾狐  「ブルネレスキ
 シャゲー 「ブルネイ好き!?」
 九尾狐  「ブルネレスキ!!

 九尾狐  「"カンタベリ物語"を書いたのは?」
 級友S  「あれや、あれ。アクセサリ」
 九尾狐  「………??  あぁ、それは"チョーカー"や
 級友S  「そうっ、それ、それ」
 九尾狐  「違うから。"チョーサー"やから」
 級友S  「………」
 九尾狐  「お前ら、絶対わざとやろ?」
 シャゲー 「うん」
 級友S  「俺、本気やってんけど。。」
 九尾狐  「………」

 マジかよ。。 orz

 2時限目、英語Ⅱ。

 試験監督のせいで、問題用紙1枚目と解答用紙が配られませんでした…。

 何をしろと…?

 九尾狐 「先生、問題用紙の1枚目と解答用紙が足りません」
 監督  「おぅ、全員分配り終わるまで待ってろ」

 チャイムなってから配り始めているから、すでに2分ぐらいロスしています。その状態で待ってろと。そんなひどいことがあってもいいのかっ。

 結局、筆者は5分ほど遅れて問題を解き始めたのでした。

 ただでさえ分量の多いテスト、解けるわけがない。。

 最終的に最後の方空欄ですけど? 何か?

 赤点じゃなけりゃいいもの。定期テストなんてそんなもんさ。けっ。

 今回の英語Ⅱの成績が悪いのは、監督の先生のずぼらな配布方法に原因があります。

 余談。

 テスト終了後。

 全員  「あー、テスト終わったー!!
 担任  「じゃあ皆さん、来年度のロッカーの位置を書いた紙をお配りするので、そこのロッカーに荷物を移動してくださいね」
 級友S 「せんせー、進級できなくてもロッカーは移動ですかー?」
 全員  「シーン。」

 可能性があっても、それをそれを口にしたらお終いだぜ、Sよ。。


 かくして学年末テストは終わりを告げたのでした。



 で、明くる日の今日。

 部屋の大掃除。。

 整理をしてたら出てくる出てくる。

 1年生の初っ端の宿題テスト(数学)での52点の答案とか、1年生夏休み明けの宿題テスト(数学)の32点の答案とか、2年生1学期中間テスト(数学)の42点の答案とか…(以下省略)。

 …数学ばっかり。。 orz

 こんなんで、大学行けるのか…? 聊か不安であります。

 かと思えば懐かしいものも出てきました。

 小学5年生で劇をした時の脚本(筆:悪友弐)だとか、中学3年生で劇をした時の脚本(筆:国語教師)だとか…(以下省略)。

 因みに、小5の劇での配役は、登場後5秒で負ける敵キャラ。

 中3の劇での配役は、怪しい爺さん。

 そして高2の劇での配役は、自分に自信の持てないオタク。

 …そんなんばっかりかよ。。 orz

 中3での劇は、DVDに録画されたものも同時に発見したので、そのうち観たいと思います。

 そんなこんなで1日が潰れてしまいました。

 勉強してません。

 たまにはこんな日もあってもいいかと思われ―――。



 さて、それでは本日はこの辺で。



 ロッカーの位置が一番下から上から2段目の高さになり、喜びを隠せない投票箱。(実話)
 

 

 ☆彡
[PR]
by kyubi-grakai | 2008-03-06 17:23 | 生態記録