移転しました。これまで当ブログ"歌詠み狐の徒然日記"のご愛顧、ありがとうございました。


by kyubi-grakai
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

You were there


 <原文>


The island bathes in the sun's bright rays

Distant hills wear a shroud of grey

A lonely breeze whispers in the trees

Sole witness to history


Fleeting memories rise

From the shadows of my mind

Sing "nonomori" - endless corridors

Say "nonomori" - hopeless warriors

You were there

You were there


Am I forever dreaming

How to define the way I'm feeling


You were there

Countless visions they haunt me in my sleep

You were there

Though forgotten all promises we keep


Slaves to our destiny

I recall a melody

Sing "nonomiri" - seasons lit with gold

Say "nonomiri" - legends yet untold

You were there

You were there


Happiness follows sorrow

Only believing in tomorrow


You were there

Countless visions they haunt me in my sleep

You were there

Though forgotten all promises we keep


The island bathes in the sun's bright rays

Distant hills wear a shroud of grey

A lonely breeze whispers in the trees

Sole key to this mystery



<和訳>


 その島は太陽のきらびやかな光を浴び
 はるか遠くの丘は灰色のマントを羽織る
 孤独な風が木々を揺らして囁く
 ただ独り、過去を目撃したもの

 心の奥から
 つかの間の思い出が蘇って来る
 "ノノモリ"と歌って ~ 終わりのない回廊
 "ノノモリ"と言って ~ 希望のない戦士達
 君はいた
 そう、君はいた

 永遠に夢を見ているの?
 どうやって気持ちを伝えればいい?

 君はいた
 無数の幻影が眠りを脅かす
 そう、君はいた
 忘れ去られた全ての約束を守り続ける

 運命の奴隷
 微力な旋律を思い出す
 "ノノモリ"と歌って ~ 黄金で照らされた季節
 "ノノモリ"と言って ~ 未だに語られてはいない物語
 君はいた
 そう、君はいた

 悲しみの後には喜びが訪れる
 明日を信じるだけ

 君はいた
 無数の幻影が眠りを脅かす
 そう、君はいた
 忘れ去られた全ての約束を守り続ける

 その島は太陽のきらびやかな光を浴び
 はるか遠くの丘は灰色のマントを羽織る
 孤独な風が木々を揺らして囁く
 この謎を解くたった一つの鍵



 

 ☆彡
[PR]
by kyubi-grakai | 2007-09-29 22:37 | 心の詩