移転しました。これまで当ブログ"歌詠み狐の徒然日記"のご愛顧、ありがとうございました。


by kyubi-grakai
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

毎日が文化祭


 皆さん、こんばんは。あなただけの九尾狐です。


 皆さん、聞いて下さい。


 何と筆者、























 宿題が終わりました。

 まさに快挙


 というわけで、異常に高いテンションです。

 高すぎるが故に、滅多にしない大量改行とかいう技をやっちゃいました。えへっ☆


 しかし更新時間がありませぬ。。故に、最近見つけた一編の詩を掲載して、本日の更新を終わりたいと思います。


 ある歌の歌詞なんですけど、何と、作詞・作曲:嘉門達夫さん

 しかし、すっごく奥深い、素晴らしい歌詞です。

 嘉門達夫さんはこんな歌も歌えるのかと…吃驚仰天です。(失礼)



 曲のタイトルは「『毎日が文化祭』


 僕が生まれたあの街 僕が育ったあの街
 僕が夢見てたあの街 僕が後にしたあの街

 好きな道で生きるんだと 群れから離れたあの時
 あれは16の夏の日
 母はきっと悲しんでた

 あれから月日はめぐって 僕も大人になったけど
 あの頃胸に抱いてた 熱い思いは忘れない

 初めてのデート 修学旅行
 遅くまで準備した文化祭

 僕だけ一人 違う道を歩く
 不安とちょっとした誇らしさ

 ドキドキしてた がむしゃらだった
 今もあの日の気持ち忘れない
 計算のない あのエネルギー
 ときめきなくさず いつまでも生きたい


 迷惑ばかりかけてた 怒られてよく拗ねてた
 だけどあの人たちの眼は いつも優しさに満ちてた

 いろんな人に出会った 愛に包まれて育った
 回り道も随分した それでよかったんだと思う

 部屋に籠もって 落ち込んでいた
 自分が情けなかった

 一人でいることに 堪えて初めて
 周りの愛に気付いた

 一人だけれど 独りじゃないんだと
 わかった時に少し強くなれる
 力のなさに 苛立つパワーが
 今日より明日を素敵にするはず


 ドキドキしてた がむしゃらだった
 今もあの日の気持ち忘れない
 計算のない あのエネルギー
 ときめきなくさず いつまでも生きたい

 いつまでも生きたい
 いつまでも生きたい



 以上です。

 まさにズバリと今の心境を言い当てられたみたいで、心に響きました。

 因みに、実際にはメロディー付です。メロディーもこれまたいいんです。

 この夏、要チェックのナンバーだ!!(誰



 それでは本日は手抜きですがこれまで。


 愛は地球を救う この番組で筆者は救われる 序でに投票箱も潤う

 ☆彡
[PR]
by kyubi-grakai | 2007-08-19 22:49 | 心の詩