移転しました。これまで当ブログ"歌詠み狐の徒然日記"のご愛顧、ありがとうございました。


by kyubi-grakai
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

炭火の素晴らしさを知る


 皆さん、こんばんは。あなただけの九尾狐です。


 金色週間も終わりが近づいてきました。本日は5月4日。『国民の休日』…もとい『みどりの日』です。っていうか絶対に『国民の休日』の方がネーミングセンスいいと思います。(しつこい)


 昨日の日記に書きました『オレンジデイズ』の文庫本は昨晩で読破してしまいました。ハッハッハ、いいんだよ別に。本ってそんなもんだっしょ。



 さて、本日は中学時代の悪友達とバーベキューへと行ってきました。某河川敷へと。

 黄金週間真っ只中ということもあり、人人人の大洪水。筆者達と同じようにバーベキューをしている人達の群れがわんさかといました。


 本日のメンバ:父上母上筆者わんこ悪友壱悪友弐妹の友人。計7人と1匹です。

 悪友四も誘っていたのですが、『某大型中華料理チェーン店で、唐揚げを揚げる予定があるから無理っ(つまり端的にいうとバイト)』と言われ、破門処分にしたというわけです。


 筆者は悪友達と集合した後、一斉に河川敷へと向かいました。

 道中、筆者達はこんな会話をしていました。

 悪友弐 「♪飲んじゃってー、飲んじゃってー、吐いちゃって☆♪」
 悪友壱 「マジで? 吐いちゃう?」
 九尾狐 「おいおいおいおい、吐くなよー」
 悪友弐 「貼るは、サロン○ス。 吐くは、ゲロンパス!!」
 九尾狐 「そんなもんいらんわっ!!」
 悪友弐 「ユー、吐いちゃいなよ」
 九尾狐 「何でジャニーさんやねん!!」

 悪友弐 「三畳一間でスカッシュとかどうよ?」
 九尾狐 「狭いわっ!!」

 まだ目的地に到着もしていないのに、のっけからテンションの高い3人組でした。


 到着してから暫らくは、バーベキューの準備です。机やコンロを組み立てたり、タープを張ったり………と忙しくしました。っていうか足を引っ張っていました

 今回、筆者達は鉄板1枚と、使い捨て炭焼き網台2台を使用して、やりました。鉄板の方を父上に任せ、炭焼き網の方は筆者達高校生チームで管理です。

 炊いで食んでいる間はそれほどはしゃぎもせず、真剣に焼いて、真剣に食していました。

 一通り腹ごしらえを終えたところで時計に目をやると、11時50分。………まだ昼時じゃねぇっ!! まだ『○いとも』が始まってねぇっ!! もう満腹だべさ。という訳で、暫らくはまったりのんびりしていました。

 暇だったので、多分唐揚げを調理しているであろう悪友四にワン切り地獄をお見舞いしてやりました。友人達と協力して、10件ほどの着信履歴を残してやりました。ヘッヘッヘ。

 しかしこのお陰で、筆者と悪友弐の携帯の電池は尽きてしまうことに。…アホです。ただのアホです。高校2年生ってそんなもんです。


 その後、折り畳み椅子を数脚並べて、その上に足を伸ばして座り、南国スパを気取り、『ブルジョワジー』などと言って遊んでいました。………ただのガキやん。。


 そして、悪友壱がブーメランとバドミントンセットを持って来てくれていたので、それを使って遊ぼうと広いスペースに自転車で移動。

 初めに、ブーメランを投げてみました。しかし、河川敷なので風が強い。ブーメランは見事なまでに風に煽られ、あらぬ方向へと飛んでいってしまい、仕舞いには周りの人に当りかねない状況に陥りました。

 『これではいつか人を殺めてしまう』と悪友弐が言ったのを皮切りに、ブーメランは封印することになりました。

 次にバドミントンですが、こいつも風の影響をもろに受けてしまいます。シャトルを風上に向けて打つと風に乗って帰ってくるので、1人でバドミントンができるという非常に寂しいことこの上ないスポーツになってしまいました。

 故にバドミントンも却下と言う方面に。。

 他に遊ぶもんねぇじゃん。。というわけで、本日の運動はこんなもんで終了。折角悪友壱が持ってきてくれたのに。。ごめんよぅ。。


 一旦本部に戻った筆者達は、はたまた『ブルジョワジー』とか何とか言いながら、うだうだと会話をしていました。

 悪友弐 「お、台車があるやん」
 悪友壱 「ホンマや」
 九尾狐 「それがどうした?」
 悪友弐 「なぁなぁ、これを使って、土手の堤防を一気に降りおりひん?」
 悪友壱 「マジで? ブレーキなしっ、ハンドルなしっ、己の勇気と度胸だけっていう状態で行っとく?」
 九尾狐 「危ないわっ」
 悪友弐 「『台車でGO!!』とかどうよ?」
 九尾狐 「それ、『電車○GO!!』のパクリやんけ」

 結局、安全面を考慮して、実行には移しませんでした。当たり前です。


 他にも、こんな会話をしていました。

 悪友弐 「んー、オーラには様々な色がありますねー」
 九尾狐 「何で江原啓之さんやねん」
 悪友壱 「あー、でもやっぱり美輪明宏の方がええな」
 九尾狐 「どっちでもええわっ!!」
 悪友弐 「スピリチュアルな世界は………」
 九尾狐 「だからなんで江原さんやねん」
 悪友弐 「あなたには見えないんですか?」
 九尾狐 「いい加減、江原さんから離れろーっ!!」

 何だこの意味不明な会話。


 この後、片付けを済まし、荷物を運び込み、解散。

 筆者達は惰性で悪友壱の家に雪崩れ込み、これまたはしゃぎましたとさ。


 本当に楽しいバーベキューでした。また来年も、出来たらいいなぁ。。


 お陰さまで、今日は日焼けしました。帰宅後、風呂に入ると体の赤くなっている部分が沁みるんです。明日、熱を出して倒れたらどうしよう。。


 まだまだ書ききれていないのですが、このまま書き続けると限りがなくなってしまうので、こんなもんにしときます。



 最近、めっきり投票率が下がってきて、少し寂しい投票箱。
 ↑よろしければワンクリックお願いします。

 ☆彡
[PR]
by kyubi-grakai | 2007-05-04 22:07 | 生態記録