移転しました。これまで当ブログ"歌詠み狐の徒然日記"のご愛顧、ありがとうございました。


by kyubi-grakai
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

3桁になっていたことを知る


 皆さん、こんばんは。あなただけの九尾狐です。


 週2回更新がいつの間にか週1回更新へと成り下がっているのは、ツッコんではいけない所。もっと大切なところに目を向けましょう。地球温暖化とかさっ。


 あ、そうだ。ついさっき更新レポートを見ていて気付いたんですけど、今回の更新が102番目の記事。つまり2回前の記事で、相記事数が100件になっていたんです。驚き桃の木山椒の木ですよね。

 ブログ開始9ヶ月で100件の記事か。。約270日で100件か。。一日にだいたい0,370370370………件の更新か。(←わかりにくいことこの上なし)
 ま、一ヶ月に約11件の更新というわけです。

 うんっ、素晴らしい更新頻度だねっ。キャハッ☆



 今週(あっ、もう先週か)は健康診断がありました。女子は水曜日、男子は木曜日に。

 女子が診断を受けている間、筆者達生徒会関係者数名は、先生の取り計らいによって残留OKとなった校舎の生徒会室で屯していたわけなんですが、男子だけのむさ苦しい空間ということもあって、っていうか同姓しかいない空間というだけあって、様々な話に花を咲かせていました。

 先ず、診断開始前に這入った放送についてです。

 『えー、それでは只今から女子の健康診断を始めたいと思います。男子生徒の皆さんは、本館・理科棟・運動場から、動かないで下さい。繰り返します………』

 この放送を聴いて筆者達は大爆笑です。だって、『動かないで下さい』ですよ。多分、刹那の間、学校に残っていた男子生徒は『ダルマさんが転んだ』状態で固まったことでしょう。うぷぷ。

 それにしても『動かないで下さい』とは何だ。


 その後、女子の検診が終わるまでに四方山話をしていたわけですが、色々なことが起こりました。

 先ず、九尾狐alfに抱きつかれました。
 そのことにより、alfゲイ説が浮上しました。
 そのことにより、その場にいた1人の先輩が、alfに向かって、甘美な声で『抱擁する?』と、大手を広げながら言いました。
 そのことにより、その場にいた全員に鳥肌がたったことは言うまでもありません。alfに至っては戦闘体勢をとっていました。

 うわぁ、改めて文章にすると、更に悪寒が奔ったや。っていうかもうヤダ、この空間。


 次の日は男子の健康診断です。同じクラスの男子4人ほどの集団で一緒に廻りました。

 去年の経験から、歯科検診は混むということを把握していたので、三計測(身長・体重・座高)を終えてからダッシュで歯科検診の行列に着きました。そうまでしたのに…そうまでしたのに…何で30分も待たされるんだよーっ。

 その待ち時間の間、暇だったので、そのグループの人たちでしりとりをしていました。しかし、ただしりとりをするだけでは面白くないので、4文字以上の言葉でしりとりということにしました。

 『リオデジャネイロ』→『ローマの休日』→『積木崩し』→『シュウマイ』→『インテル』→『累進課税制度』………云々。

 何なんだこのシュールな空気は。

 この後は『ウ攻め』という高度な技術で、全員語尾が『ウ』で終わる言葉を捻り出しては叫んでいました。

 そうこうしているうちに順番が回って来たので、検診を受けました。

 多分健康………でしょう。去年と比べて、身長は1㎝伸びていました。体重は500g減っていました。座高は変化なしでした。視力は落ちていました。歯は虫歯ゼロでした。内科検診は異状なしでした。

 うーん、健康優良児。(とか言いつつ、結構頻繁に風邪をひく)


 昨日は、新入生歓迎会の舞台仕込みの時に、使用するコードを間違えていたので、昼からはその付け替え作業の為に学校へと赴きました。

 1・3年生の人たちは午前中補習だったので、何名かにはそのまま残って頂き、2年生にはわざわざ赴いて頂き、手伝ってもらいました。

 1時間の予定だったのに、1時間30分もやっちゃったよ。………ゴメンナサイ。

 今回のコード付け替え作業で発覚したこと:40mコードが2つしかない。………ヤッベェッ!! 最低でも4つは必要なのに。………うーわぁ、どうしようどうしよう。アタフタアタフタ。

 どうにかするしかねぇだろ。

 ということで、暫らくはこの対処策に思索を巡らすこととなりそうです。きっつぅ。


 本日は田舎へ帰っていました。

 従姉妹の友達と仲良くなったんですけど…気にしない。っていうか、何であぁも簡単に仲良くなれたんだろう。お互いにシンクロしたんだろうか。

 こういうことが発端となって、絆が生まれ、一生ものの繋がりになったりすることもあるんですよね。一期一会ってヤツです。しかし、果たしてあの人と今後会うことなどあるのだろうか。運命とは面白いものだから、あるかもしれないんですよね。


 そういえば、筆者とdolce先輩の間にはすっごい微妙なんですけど、ちょっとした繋がりがあることが発覚。意外と近い存在だったんだなぁ。。血縁関係とかいうわけではないですけどね。



 筆者は合氣道と空手の弐武道をやっていて、日々練習の毎日(7割サボり)なのですが、1番鍛えないといけない部分が鍛えられなくて、暗中模索の状態です。

 それは『心』です。

 どれほど鍛えたところで、いつまで経っても弱いままで、不甲斐ないがここにいます。

 最終目標は『死の恐怖の克服』なのですが、現状、その目標の足元にも及びません。

 唯一その恐怖を忘れ去れる瞬間というと、『笑っている時』です。

 やっぱり、人間には心からの笑いが必要なんだなぁ。。と感じる16の春。

 いつまで経っても抱腹絶倒できることが身の回りにあればなぁ。。と思う16の夜。



 それでは、本日の更新は以上で。


 本当に美しくって矛盾のないものなんて、数学の世界にしかないのかもしれないと思っている投票箱

 ☆彡
[PR]
by kyubi-grakai | 2007-04-22 20:56 | 生態記録