移転しました。これまで当ブログ"歌詠み狐の徒然日記"のご愛顧、ありがとうございました。


by kyubi-grakai
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

祖父母の愛を知る


 皆さん、こんばんは。あなただけの九尾狐です。


 突然ですが、髪を切りました。バッサリと。もう殆ど坊主です。くりんくりんの。

 ………嘘ですよ。一応少しは残ってますよ。でも、今まで伸ばしすぎていたので、それこそ見違えるぐらいにまで切り刻んでもらいました。

 例の美容師さんトコはシャッターが下ろされていたので、待ちかねた筆者はそれまで行っていた床屋へと行って参りました。

 店員さん 『どれぐらいの長さにしよっか?』
 九尾狐  『もう、バッサリいって下さい』
 店員さん 『バリカンは?』
 九尾狐  『使てください』
 店員さん 『揉み上げは?』
 九尾狐  『ジョリッといって下さい』
 店員さん 『眉毛は?』
 九尾狐  『剃らないでいいです』
 店員さん 『彼女は?』
 九尾狐  『いま…って何を答えさそうとしてるんですか!!』
 店員さん 『いやぁ、あまりにもスラスラと答えてくれるもんだから』

 という、例のところではあまり見受けられないようなやり取りがあった後で、伐ってもらいました。

 結果:あぁ、スッキリしたっ。



 昨日、筆者は祖父母宅へ帰省しておりました。

 普段あんまり行かない分、行ったら行ったでそりゃぁもうむっちゃ可愛がってもらいました。

 座って呆っとしていたらお茶とお菓子は出してもらえるし、晩御飯をご馳走になるときたらイチゴは出るし、帰りがけにはまたお菓子を持たせてもらえるし………。

 じっちゃん、ばっちゃん、あんがとー。


 そういえばじっちゃんがなぞなぞを出してきました。

 『イチローと松井が勝負をしました。どっちが勝ったかな?』

 答え、わかりますか? という訳で宿題にしときます。わかった方は筆者に言うか、次回更新を楽しみにしてください。

 そうですね、だいたいIQ100ぐらいの問題ですかね。ファイッ。



 金曜日、道場が変わってから初めての練習。

 その場所はわかっていたものの、その場所のどこでやっているのかわからなかった筆者は小学校に着くと光の指す方向へと徘徊を始めました。

 夜中の学校って怖いんですよ。特に廃校になった場所なので、何があるのかわからない。

 見つけた事務室に人がいたので、どこでやっているのかと問うと、集会室ということだったので、場所を教えてもらい、れっつらごー。

 集会所を発見し、中に入るとむわっとした空気が身体を包みました。案の定暖房がついてやがりました

 九尾狐  『この部屋暑いってー』
 門下生K 『うん、暑い。でも先生が寒いって言って…』
 九尾狐  『今、先生出てはるみたいやし、窓開けよ』
 門下生K 『そうしよっか』

 と言って、先生がいないのをいいことに窓を開け放ちました。

 少ししてから、先生のおな~り~。

 先生    『うわっ、窓が開いてるやんけ。寒い寒い』
 九尾狐  『えー、今日は暑いですよ』
 先生    『えっ、嘘やん。今日は寒いわ』
 九尾狐  『暑いっすよ』
 先生    『ホンマか? 若さやなー』 と言いつつ窓を閉める。
 九尾狐  『ちょっとー、暑いですって』
 先生    『まぁええやんけ』

 結局窓は1つを除いて閉められてしまいました。ちなみにその1つというのは筆者が死守したものです。

 九尾狐  『じゃあ先生、僕の前の窓だけ開けといて下さい』
 先生    『寒いっ』
 九尾狐  『そこを何とか』

 少しの示談交渉の末、守りきりました。それにしても、室内でエアコンを入れながら運動するか。。


 もう1つ、今回の練習で面白いことがありました。

 筆者が型の練習をしている時、先生から指導を受けました。

 先生   『狐!!足を前に出しすぎや。もっと引け』
 九尾狐 『はい!!』
 先生   『足を後ろに引いたら腰も同時に引かんかい』
 九尾狐 『はい!!』

 と言って先生の方を振り向きました。するとそこには驚愕の光景がっ!!

 何と先生、筆者のいる方向とは全くの正反対を見ながら筆者に指導していたのです。ひょっとして超能力者ですかー、とか思いながらやっていると、また指導を受けました。

 先生   『手が高い。もっと落とせ。…そうや。…あっ、身体が横向いたぞ』
 九尾狐 『はい。………先生、そっち向いてどうやってわかってるんですか?』
 先生   『ん? そんなん簡単や。外が暗ぁて中が明るいから、窓にこっちの様子が反射して見えるんや』
 九尾狐 『あ、そうだったんですか。てっきり超能力者かと…』
 先生   『んなわけあるかい』

 いや、それにしてもすごい。直接こっちを見ないで指導できるだなんて…。やっぱり神業ですね。

 練習が終わった後、事務室のおばちゃんと談笑して、帰宅の途につきました。



 ネタが尽きたので、この辺で終わります。通常の授業がないとどうしてもネタが少なくなってしまいますので…。


 ♪負けないこと、投げ出さないこと、逃げ出さないこと、信じぬくこと。駄目にな~り~そうな~と~き、それが~一番大事~。投票お願いします~♪

 ☆彡
[PR]
by kyubi-grakai | 2007-03-11 22:55 | 生態記録