移転しました。これまで当ブログ"歌詠み狐の徒然日記"のご愛顧、ありがとうございました。


by kyubi-grakai
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

喋り難さを知る。のにゃん。


 皆さん、こにゃにゃちは。あにゃただけの九尾狐ですにゃん。


 のっけから何をふざけた事を言っているのだ、と大層ご立腹の方も多いと存じますにゃ。とりあえず、言い訳しますにょで、聞いておくんなまし。………にゃん。

 実は、武伝先輩からバトンが回ってきたのにゃん。そのバトンというのが、とんでもないバトンなのにゃ。

 【猫バトン】

・これが回って来たら、次に書く日記は語尾に全て「にゃ」「にゃー」「にゃん」等をつけなければならない
・「な」「ぬ」も「にゃ」「にゅ」にする
・一人称も必ず「我輩」にする
・日記自体は普段の当たり障りないもので構わない
・日記の最後に5人回す人の名前を記入することを忘れずに!
・既に回されたことがある人も、何度でもやらなくてはならない


 ………面倒だにゃ。でも律儀にやるのにゃん。



 じゃぁ、いつも通り生態記録を書いていくにゃ。


 今週はバレンタインデーがあったのにゃ。

 朝、少し遅れてクラスに登校してみると、クラスが甘ったるい匂いで満ち満ちていたにゃ。甘いもにょ嫌いの我輩にとっては、地獄だったにゃー。

 クラスで女子達が俗に言う『朋(友)チョコ』にょ交換会を行っていたのにゃ。男子達は教室にょ隅に集まって、女子に期待にょ眼差しを向けていたにゃ。我輩は逃げるようにして教室から飛び出し、廊下で『ふれっしゅえあー』を肺一杯に吸い込んでいたにゃ。

 で、1時限目が始まって、休み時間ににゃり、2時限目になって、にゃにかおかしいことに気付いたのにゃ。
 
シャゲーさんが絡んでこないのにゃ。

 いぶかしみにゃがらも普通に授業を受け、この日は終わったのにゃ。

 あ、追記するにゃ。この日はストレスマネジメントなるもにょが催され、我輩はそれに参加していたのにゃ。みなみが同じグループにいて、一緒に活動していたにゃ。にゃにをしたにょかは他の執行部員にょブログ参照だにゃ。どうでもいいことだにゃー。


 次にょ日に学校へ行くと、未だシャゲーさんが意気消沈していたのにゃ。流石に我輩は気ににゃったから、昼休みに訊いてみたにゃ。

 九尾狐  「何か、昨日から不機嫌やけど、どうしたん?」
 シャゲー 「………」 (無言でこっちを睨みつける)
 九尾狐  「ちょっ…ちょっと、そんな人を怨むような眼でこっちを見んといてや」
 シャゲー 「………。私、今、今世紀で1番冷たい眼で狐君のこと見てる」
 九尾狐  「………えっ!? な…何で? そんな、何もしてへんやん」
 シャゲー 「………」
 九尾狐  「………」
 シャゲー 「…ま、ええやん。狐君がこういう眼で見られることによって、他の人が今後100年間、そうされんで済むねんから」
 九尾狐  「そういう問題ですかー?」
 シャゲー 「ですよー」
 九尾狐  「…そうか。ぽじてぃぶ・しんきんぐが必要なんだねっ」

 にゃにか、シャゲーさんを傷つけるようにゃことをしたにょでしょうか? 記憶にはにゃいにょですが。。


 あ、こにょ日はアカムシにょ染色体を見る実験をしたにゃ。簡単に説明すると、うねうねと動いているアカムシをピンセットで押さえ、え付き針を頭にぶっ刺し、そのまま引っこ抜き、唾液腺を酢酸オルセイン液で染色し、顕微鏡で観察するという実験にゃ。

 実験室に入ると、シャーレの中でアカムシがうにょうにょと這いずっていたにゃ。女子はそれを見て、「いや~、気持ち悪い~」にゃどと言っていたんにゃけど、あれは本心にゃか? 台詞では『グロテスク』にゃとか言って、めっちゃ覗き込んでいたにゃよ?

 1人、我輩の隣の席にいた女子は、ピンセットを以ってしても触れにゃかったけどにゃー。

 我輩は、唾液腺を染色している間、暇にゃったから、アカムシをえつき針で突っついて遊んでいたにゃ。にゃっにゃっにゃ。

 いにゃー、でも、来年生物を選択している人があれでキャーキャー言ってて、大丈夫にゃんかねぇ…?


 その次にょ日、遂にシャゲーさんが学校を休んだにゃ。あれだけボケッとしていたにょは体調不良の影響にゃにょかにゃ。言いにくいにゃ。にゃにょかにゃ、にゃにょかにゃ、にゃにょかにゃ!!

 にゃにょで、ちょっとだけ親切心を起こして、その日に配られたプリントを折り畳んで机の中に入れるだけしておいたにゃ。

 でも、ここまで来ると心配だにゃー。


 その心配は次の日に払拭されるにゃ。

 土曜日、つまり昨日にゃ。我輩はみやチキみなみとで、中学2年生向けにょ学校説明会で、プレゼンをしてきたにゃ。我輩は専らパソコンの係にゃ。説明はみなみみやチキに任せっきりにゃ。

 で、それも無事に終了し、中学生が校内見学をしに教室にょ外に出払った後、説明会をしていた部屋にょ片付けをしたのにゃ。そこで、吹奏楽部にょ助力を仰いだにゃ。

 椅子を片付けながら、同じクラスのKさんと話していると、背後から聞き慣れた声がしたにゃ。

 ???  「あー、狐君がおるー」
 九尾狐  「あ、これはこれは、シャゲーさんじゃないか」
 シャゲー 「やっほー」
 九尾狐  「あ、あなた。昨日学校休んでたけど、大丈夫なの!?」
 シャゲー 「あ、そういえば休んでたっけ? わたし、学校休んでたんや。………っていうか狐君、またおネエ言葉やー」
 九尾狐  「………」

 全く以って心配は要らなかったようだにゃ。どこからどう見ても元気そにょもにょだったにゃ。心配していた自分が情けないにゃ。

 でも、ちょっぴり、安心してしまったにょも事実だにゃ。………不覚だにゃー。



 今週一週間はだいたいこんな感じだにゃ。後は、チョコレートを口に含んだぐらいしか思い出にないにゃ。にゃんだか知らにゃいけど、甘いもにょが少し平気ににゃったにょか、あんまりしんどくにゃらにゃかったにゃ。



 あ、思い出したので追記にゃ。

 木曜日の6時限目、音楽の先生が教室にきたのにゃ。

 先生  「おい、お前らー。ちょっと宿題出すー」
 生徒1 「えっ!?」
 先生  「小学校で6年、中学で3年、高校で1年、お前らの音楽生活もこれで終わりや。そこでお前らに作文を書かせる。タイトルは『音楽とわたし』や。原稿用紙3枚以上で書けー」
 生徒2 「先生、文型選択者は来年も芸術の授業があるんですけど」
 先生  「文型の奴らはええー。来年書かすー」
 生徒3 「先生、パソコンで打ってもいいですかー?」
 
先生  「あ、せや。必ず手書きにしろー。何でか言うたら、将来お前らが社会に出て大犯罪者になった時に、本人の直筆や言うてマスコミに出すからやー


 この中の誰かが大犯罪を起こす事を所望してるんですかー!? …にゃー。

 相変わらず、面白い先生だにゃー。



 そろそろ猫の言葉も疲れてきたにゃ。こにょ辺で終わるにゃ。

 あ、バトンを回す人を指名するにゃ。

 Moko先輩 (絶対にこんな言葉遣いをしにゃさそうにゃ人ニャンバーワン)
 みなみ    (上記条件ニャンバーツー)
 アルフ    (上記条件ニャンバースリー)

 さぁ、ファイトですにゃ。



 猫語による日記で精も根も尽き果てた狐 (本当は狐にゃよ!! 猫じゃにゃいにゃー!!) を慰める意味も込めて、クリックお願いしますにゃー投票箱。

 ☆彡
[PR]
by kyubi-grakai | 2007-02-18 22:04 | 生態記録