移転しました。これまで当ブログ"歌詠み狐の徒然日記"のご愛顧、ありがとうございました。


by kyubi-grakai
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

己の無知を知る


 皆様、こんばんは。あなただけの九尾狐です。


 さぁさぁ、皆さん。思う存分、狐を責めて下さい。昨日も更新をサボりましたよ。えぇ、サボりましたとも。………ゴメンナサイ。

 とりあえず言い訳しときます。昨日は土曜日にも拘らず模試があったので、普段通りに登校し、模試が終わったと思ったら音楽の練習があり、その練習が終わったと思ったら呼び出しの電話が入って、その電話によって喫茶店に呼び出されて、高い高いコーヒーを飲みながらお話しをしてたんですよー。よー。よー。よー。

 そしたら夜中にサタデーナイトフィーバー状態になって、踊り狂いながら現代国語の課題である小論文をやってたんですー。ですー。ですー。ですー。

 もう言い訳する気もありません。ただただゴメンナサイの一言に尽きます。そりゃぁ、こんなブログね、それほど大勢の読者の方がおられるわけじゃぁないですよ。それでも何人かの方はわざわざ足を運んで観てくれているんです。その方々を裏切るだなんて、筆者には耐えられません。
 
本当に申し訳ございませんでした。




 さてさて、気を取り直して生態記録を付けていきましょうかねぇ。


 水曜日の話です。この日は以前からお話ししていたように、現代文の短歌調べ学習の発表本番でした。同じ班の人全員が、大切な時間を削ってまで調べた学習の集大成です。

 前日の放課後なんて、クラブを休んでまで年表の作成をしてたんですよ。模造紙を3枚つなげて、それにポスカと油性マジックで書いて、本番にはそれを黒板に張り出すために。

 15分という限られた時間の中、筆者達の班は20分やってのけました。だって先生に途中で止められたりしなかったんだもん。この時間オーバーには明瞭な原因があります。その原因はというと、二学期に情報の時間にやったプレゼンの、制限時間が4分だったのですが、それをオーバーした人間の内、トップ3人が筆者の班に所属していたのです。1位は勿論筆者で、制限時間4分中、8分もやってました。2位はかのシャゲーさんで、6分やってました。3位はモーヌ君で、6分です。これだけの人間が揃っていたら、オーバーするのなんて初めからお見通しです。そもそも調べることをちゃんと調べてたら、15分じゃとてもとても足りません。

 まぁ前述のようなトラブルはありましたが、発表は難なく終わり、大成功を収めることができました。万歳。


 次に金曜日の事件です。

 保健の時間、今は交通安全についての授業をしているのですが、そこで14日の日記に登場したM君がまたやらかしてくれました。

 先生 「はい、じゃぁ交通事故の原因について、、何か言ってみぃ」
 A君 「え~っと、信号無視」
 先生 「おぉ、そうか。じゃぁ信号無視について考えてみよう。ほんなら、どうやったら信号無視を防げると思う?」
 F君 「え~!? 歩道橋を多く作って、歩行者が轢かれないようにしたらいいんじゃないですか?」
 先生 「おぉ、それもそうやな。じゃぁ、車はどういう風にしたらええやろ。じゃぁ、
 T君 「え~………っと………、………」
 先生 「もう待ってられへんわ。じゃぁ、
 M君 「そもそも、信号をなくしたら、信号無視もなくなるんちゃうん?」
 先生 「おぉ、それもそうやなぁ。確かに信号をなくしたら無視もできひんわなぁ。でもなぁ、信号がなくなったら、自転車や歩行者はどうやって道路を横断するねん? 車が目の前をビュンビュン行き交ってるねんぞ?」
 M君 「めっちゃスリリングやん」

 いや、あのですねぇ、スリリングとかそういう問題じゃなくてですねぇ、命の危険だろっ!!

 でもでも、この発想って結構素晴らしいと思うんですよ。一般人じゃ考え付きませんよねぇ? だとしたらM君は天才なのでしょうか? うーむ、興味深い男です。

 因みに、この後は 『信号を無視したら信号機がレーザー光線を発射して車に被害を与えたらええやん。後ろから来る車の邪魔になるかも知れへんけど、そこは連帯責任ってことにしたらええんとちゃう?』 などと馬鹿なことをあーだこーだ言って笑ってました。


 土曜日。昨日は全国統一模試の日でした。

 1時限目、英語。
 一言で言って、難しい。レベル高すぎです。初めに問題を見たとき、たじろぎましたよ。いやぁ、もう鼻をへし折られた感じです。知らない単語はバンバン出てくる、長文がごっつ長い、etc.etc... 兎に角、中学までの実力テストなんかと比べると、桁外れの難しさでした。

 2時限目、数学。
 解法を忘れちゃってるよ。。ほっとんど書けなかったんですけど………。やっぱり筆者は数学が苦手なようです。最近では苦手意識を捨て去って精進していたんですけど、このテストのせいで帰ってきました。 おかえりなさーい。今度はいつ出て行ってくれるのかな? 憎らしい憎らしい苦手意識ちゃん♪
 最後の問題は家に帰ってよくよく考えたら結構簡単だった。答えられなかった自分が情けない。。

 3時限目、国語。
 使われている単語の難しさに辟易し、集中力の限界が到来したこともあり、壊滅的答案用紙。それでも他の2教科に比べたら、書けました。古典と漢文は。漢文は特に難しくもなかったので、書きやすかったです。

 それにしても『ぼっか的な思想』って何さ? 思想ってきたら『墨家』じゃないの? 何なのさ、『牧歌』って。あ、でも墨子は暢気に暮らせとは教えてなかったっけ。気侭に過ごせって教えたのは『道家』の人達だったっけ。無為自然行雲流水。そんな風に生きたいなぁ。。
 あ、寺田寅彦のお師匠さんって誰?

 そんな状態にも拘らず志望校は、レベルが高いことで有名な国公立大学を3つと、私立大学を4つ書いときました。無謀だよなぁ。。


 本日、はたまた模試。

 昨日から2日続けての連続模擬試験です。プレセンター試験、みたいな? センター試験だって昨日と今日ですものねぇ? ま、センターと比べたら難易度が全然違いますけど。筆者の受けたテストの方がよっぽど簡単なんですけど。

 それでも2日続けての模擬試験は辛いものです。まさか高校1年生からこんな目にあうとは思わなんだ。

 本日は某通信教育社による在宅模試だったのです。昨日の記述式と違い、マーク式のテストだったので、幾分か楽だろうなぁ。。と考えていたら、拍子抜け。ごっつ簡単でした。国語以外。英語は80分テストを25分で解いて、余った時間が暇で暇で仕方ない。数学は数学で基本的な問題ばかりだったので、全部のマークが埋まりました。昨日、あんなにレベルの高い問題と対峙していたので、少し気が張っていたのでしょうか。それにしても単純な問題ばっかりだった。。

 問題は国語です。マークミス多発、漢文のレベル高し。
 『徐に』の意味が4択で載っていたのですが、何をどう間違えたのか『いきなり』という意味のところをマークしてしまっていたのを、制限時間が切れてから気付きました。本当は『ゆっくりと』っていう意味だってわかっていたのに。。
 漢文は昨日の模試よりも遥かにレベルが高かった。解答用紙には焼け野原が広がっております。もう笑うしかないね。 笑えない事実です。


 ということでこの終末は模試のために潰れてしまいました。あーぁ、小論文も仕上げたかったのになぁ。。

 ということで小論文を書く振りをしながら、小説を書いてきます。


 最近、更新停滞気味ということもあり、ランキングが下降傾向にあります。模試もといもしよろしければ、1回の訪問につきワンクリック、お願いします。

 似非投票箱

 ☆彡
[PR]
by kyubi-grakai | 2007-01-21 21:43 | 生態記録