移転しました。これまで当ブログ"歌詠み狐の徒然日記"のご愛顧、ありがとうございました。


by kyubi-grakai
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

神社仏閣の素晴らしさを知る


 皆様、こんばんは。あなただけの九尾狐です。


 今日は今冬で一番寒くなかったですか? 豪雪に襲われたような記憶があるんですけど…? しかもこの辺りの雪はサラサラのパウダースノーでないから、雪に塗れるとグッチョグッチョになってしまいます。気持ち悪いことこの上ありません。おまけに靴の中にまで染み込んでくると、靴下までビチョビチョになってウワァァァァ!!

 ~~~~~~~~~~暫らくお待ちください~~~~~~~~~~

 醜態をお見せいたしまして、申し訳ございません。


 さて、昨日当ブログでも怪しげに誘惑、もとい勧誘したように、本日は数人で初詣へと赴いてきました。

 電車に揺られること1時間足らず。到着すると、主催者であるalfと、召集に応じたHOMAが先に来ていました。駅の構内でMoko先輩と出会っていたので、これでメンバは全員揃ったことになります。………えっ!? たったの4人!? 少ないなぁ。。皆、もうちょっと参加してよ…。

 気を落とさず、進みましょう。駅から外へ出てみると、そこは雪の飛び交う寒景色。傘も忘れた筆者は、雪に身体を打たれながらも必死で前へと進みます。

 先ず始めに到着したのは、有名な某神社。真っ赤な門が聳える真ん前の交差点で、HOMAが突然、コンビニへと使い捨てカメラを購入しに行きました。コンビニなんて、ありとあらゆる物品が定価で売ってるからぼったくられること間違い無しなのに、彼はダッシュで買いに走っていました。
 筆者は先日当ブログでもお伝えした最新式デジタルカメラの杮落しとして、本日はそれを持って行っていたので、もうまんたい。

 門の写真を何枚か撮影し、いざ出陣。何をさておいても、最初は本殿にお参りです。お賽銭は、無論しない。理由は今年の1月4日更新分の日記をお読み下さい。

 そして、元旦に初詣へ行った際、引くことの出来なかったお御籤を引きます。巫女さんに代金を払って、お御籤をひくと、結果は………、
 

 新年早々、ネタです。この結果を見て、すかさず今日のブログのネタにしようと思った筆者はおかしいのでしょうか?

 結果、
 すさのをの神のみゆきにひらきませ 人はまとへるふるの中道 (意味:迷へる道を素戔鳴尊の御かげによりて開いていたヾくように一生懸命に御祈願なさい。捨てる神有れば拾う神有り。
 願望:運命整備と補充の時
 仕事:諸事労有れば復旧なり
 売買:初め利を得て後大損す
 待人:障害有り
 病気:用心すべし
 勝負事:抜け駆けは大事を失う
 受験:無理押しは転倒す
 方角:乾(北西)・艮(北東)の方吉
 建築・移転・縁談・旅行:急げば悪し

 ………いい結果、一つもないやん。おいちゃん、ショーック。

 そういえば、この結果をネタにするためにお御籤を神社に結ばずに持って帰って来てしまったんですけど………? どうしよう…?
 近所の神社の御神木にでも結んどこーっっと。

 この後、神社の写真を何枚かパショパシャと撮り、次なる目的地へ。そうです、ある有名な、世にも恐ろしい坂道へと向かったのです。その坂道というのは、『そこでこけると、二年後 (三年後や五年後もある) に死んでしまう』という、大変大変怖ろしい、『DEATH N○TE』も吃驚の坂なのです(あ、これ言ったらどこに行ったのかわかるか)。

 ま、本日連れ立って行った一行は誰一人としてこけなかったんですけどね。っていうか道に迷っていたので、どれがその坂なのかもわからない間に通り過ぎてしまったんです

 雪がどんどん強くなってまいりました。

 次なる目的地は、『坂上田村麻呂が、阿弖流為と母禮とを供養するために建立した寺社』です (これもどこかわかるやん)。

 そのお寺に入るための門が、雪によって白く白く彩られているのが大変綺麗で、思わず何枚も写真を撮ってしまったのは公然の事実です。

 門に入って、拝観料を払い(300円って高くない?)、一歩足を踏み入れると、テレビや写真で見たそのままの景色が目の前に広がっていました。もう、言葉では言い表せないぐらい素晴らしいものでした。

 中で100円を払って、随求道胎内めぐり(真っ暗な曲がりくねった通路の中を、手摺だけを頼りにして進んでいくという業。全く光のない世界なので、すっごい苦労します。)をしようという話になったのですが、筆者は渋りました。だって、前に一回行ったことがあって、その時すっごい苦労した経験があるんだもの。
 しかし結局他の3人に見えない力で捻じ伏せられ、行かされました。案の定、前回同様苦労しながら進んだのですが、他の3人はすいすいといとも容易く進んではりました。 …なして?

 あれを進みながらふと思ったんですが、あの中でもし火事が起こったり、落し物をしたりした時はどうするんでしょうか? それこそ真っ暗な中、手探りで事を済ませるんでしょうか? うーむ。

 無事、脱出した後は、順路をしっかりと守って着実に一歩ずつ進んでいきました。

 で、そのお寺の見学を終え、本日の行程、全部終了~♪

 だったのですが、この後はお土産の購入祭りです。筆者はこれでもかというばかりにバカバカバカバカ買いました。だって、出かけてお土産なしだと妹(フリース=ペットボトル)が煩いんだもん。

 昼御飯は地下にある定食屋さんで食べたのですが、あの辺、物価高すぎませんか? 比較的安価な店を選んだにもかかわらず、きつねうどん単品550円。くそー、観光客の足元を見やがってー。

 で、昼食による栄養補給をしている間は、4人で『かやくうどん』の『かやく』についての話題で盛り上がっていました。筆者とMoko先輩は『gunpowder!!』等と叫び、HOMAalfは眼を真ん丸にして聞いていました。それにしても『かやく』って何なのでしょうか? 筆者達の主張通り『火薬』なのでしょうか? ま…まさか『化薬』!? 筆者達は実験台なのか!? そ…それとも『加薬』!? そ…そんなぁ!? ドラッグなんて加えないで!!

 とまぁ楽しい昼食を終えた後、代金のお釣りについて一悶着あり、その後はまたまたお店巡り。初めに立ち寄った店で、陽気なおば様が、『梅紫蘇昆布茶』の試飲をさせてくれて、それを飲んでいる間に必死に売り込んでくれたので、9袋購入してしまいました。400円な~り~。
 筆者、あんな風な人情味溢れる人間には、甘いんですよね~。。反省反省。ま、損したとは思ってませんが…。だって、試飲させてもらったのが美味しかったんだもん。

 その後は「もう見るべきものは見た」と言って駅まで歩いて引き返し、とその前に途中で発見したBook Storeに立ち寄り、暫しの間HOMAと書籍について語り合った後、電車に乗って帰りましたとさ。

 帰路の途中、HOMAの提案でしりとりをすることになり、4人でやっていたのですが、一番にalfが脱落し、それから後を追うようにしてHOMAが脱落。Moko先輩の一騎討ちとなりました。

 筆者は何とかして『く』で終わる言葉を集中砲火をして応戦していたのですが、結果、本日の所、筆者の勝利で後日に先送りされることになりました。あー、あの勝負のせいで頭痛いよ。

 で、無事に帰宅しましたとさ。

 ドタバタとしましたが、大変楽しい初詣でしたよ。もっと人数が多ければ、更によりいいものだったろうになぁ。。と思います。今度は皆で行きましょうね~。

 あ、今気付いたけど、今回のが詣ではない。二度目詣でだ。
 何だそりゃぁ。。


 本日の教訓: 雪は怖ろしい。


 ☆彡
[PR]
by kyubi-grakai | 2007-01-07 23:01 | 生態記録