移転しました。これまで当ブログ"歌詠み狐の徒然日記"のご愛顧、ありがとうございました。


by kyubi-grakai
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

病の恐ろしさを知る


 皆様、こんばんは。


 週末の夜中、いかがお過ごしでしょうか。

 狐は再び布団に潜り込みながらパソコンをしている次第にござります。

 実は金曜日にひいていた風邪がぶり返しまして、また今日も魘されつつほぼ半日床に就いていたのでございます。

 いや、心配には及びませんよ。だいぶマシになりましたから。

 それでも今日は外に出ずに大人しく室内でパソコンをしたいと思います。

 如何に明日が休みといえども火曜日には完全復帰していたいですしね。



 それでは本日の記録をしていきましょう。

 今朝も普段通りに起床。

 朝食を食す。

 食器を片付け(本日、妹はテニスの大会)、部屋へと籠もります。

 しかし途中で気だるさを感じ、こいつはいかんな、寝るか、と思い立った筆者は早速ウィンドブレーカーを羽織り、自転車を駆ります。

 そして本屋へ急行。

 ただ寝転がってるだけでは暇なことこの上ないので文庫本を一冊購入し、帰宅。

 読み耽りながら途中数回休み、また読みます。

 そして午後3時ごろ。咽喉の渇きを感じてキッチンへ。

 冷蔵庫を開けると紅茶があったので飲みます。

 そしてこのまま本を読み続けてるわけにもいかないので、英語のGrammarの予習で、『分詞』の所をせっせことやります。

 総計6ページ分(問題3ページ、解説3ページ)を済ませました。

 これで2週間ぐらいはGrammarの予習の必要はないはずです。

 そしていい具合に調子付いてきたので、古典もやっちゃいました。

 『平家物語』の中で、言わずと知れた『祇園精舎』の箇所。

 まずは原文を写し、そして現代語訳。

 その後原文を脳内で単語分解し、助動詞と敬語の意味や用言と助動詞の活用を見破っていきます。

 これはノートには書かないで、脳内でやります。

 たぶんこの作業の間には膨大な数の情報が脳細胞間を行き交ってるんでしょうね。

 流石に頭に血が上りました。それからは夕食まで文庫本を読みます。

 そして夕食にうどんと炊き込みご飯を食べ、風呂に入り、今に至る。


 ハッハッハ。

 寝てないじゃん。休んでないじゃん。

 ハッハッハ。

 因みに今はReaderの予習をやろうと思って挫折した所です。

 ハッハッハ。



 さて、昨日の更新で『筆者の周囲には変人が意外と沢山いた』と書きましたが、親切な知り合いから親切な指摘を頂きました。

 「如何に変な人間がお主の周りに多くとも、一番はお主であろうから心配要らぬ」 とのことでした。

 これはありがとうございますと言っておくべきなんでしょうか。

 ……返事に困る指摘をどうもありがとう!!



 今日はネタがないんですよね。。

 もう終わってもいい? いい?

 あ…駄目か。じゃぁ金曜日の帰り道にアルフと話していた会話を再現してみましょう。

 テーマは若者言葉について。


 九尾狐「僕は若者言葉が嫌いなんだよ」

 アルフ「ちょっと待て、お前も若者やろ」

 九尾狐「若いもんの言葉はわからんわい」

 アルフ「………」

 九尾狐「だって、『マジ』っていう言葉だって使うけどあんまり好きじゃないもん」

 アルフ「あぁ~」

 九尾狐「『ナウい』っていう言葉だって嫌いやし」

 アルフ「ちょっと待て。『ナウい』は古いぞ。40代の人たちの言葉や」

 九尾狐「あ、一つだけ好きな若者言葉、あったわ」

 アルフ「え、何?」

 九尾狐「『当たり前田のクラッカー』。あれだけは好きやわ」

 アルフ「………何それ?」

 九尾狐「えぇ~!? 知らんの? 今時の若者やったらみんな知ってるで」

 アルフ「ごめん。わからん」

 九尾狐「若者失格やな」


 実りのない会話だなぁ。。でも皆さん、『当たり前田のクラッカー』は知ってますよね?

 あれは現代の若者の必須アイテムですよね?

 あれ、何かみんなに白い眼で見られてる気がするよ。

 気のせい………じゃない。


 筆者は今、同年代の人を相手にジェネレーションギャップを感じるお年頃です。

 それとも筆者が古いだけ?

 そういえば最近、抜け毛が気になっております。

…読者の皆様、飽くまで筆者は16歳の少年ですよ?


 そういえば年齢繋がりでもう一つ。

 高校生なのに何故かスーツを買ってもらいました。

 普通学生服だろ、という突っ込みは無用です。

 スーツです。

 買った時は父親に「自分も持ってないのに…」と羨ましがられました。

 父親は職人なんでね。無論、礼服は持ってますよ?

 んで、スーツを買う時に店員さんが当然のような顔をして説明してくれたり採寸してくれたりしたんですが、あれって大学生ぐらいに見えてたんでしょうか。ハッハッハ。

 僕は高校一年生の身分だよ。

 就職活動なんて約5年後だよ。

 店員さんよ、何故突っ込んでくれないんだい? ハッハッハ。



 ごめんなさい。これ以上ネタを水増し………もとい書記出来ません。

 そういえばそろそろ後期執行部選挙だな。。

 立候補するべきか、しないべきか。それこそが問題だ(シェークスピアの作品『ロミオとジュリエット』中に出てくるかの有名な台詞を一部改変)。

 ………たぶん立候補します。あんな楽しいこと、辞められません。



 それでは同じ高校に在学中の皆様、明日一日ゆっくりと身体を休めて下さい。

 一般人の方々、明日から平常勤務が始まりますが、精進して下さい。

 陰ながら応援してます。チアリーダー姿で



 よい週末最後の夜をお過ごし下さいませ。



 ☆彡
[PR]
by kyubi-grakai | 2006-10-15 21:47 | 生態記録