移転しました。これまで当ブログ"歌詠み狐の徒然日記"のご愛顧、ありがとうございました。


by kyubi-grakai
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

試験終了を知る


 皆さん、こんばんは。お久しぶりです。

 あなただけの九尾狐です。




 さて、長い間更新を休止していましたが、本日を以て筆者の現役生としての大学入試が終了したので、少しだけ更新をしていきたいと思います。

 あっ、後期試験については出願すらしていませんし、私立の併願も0校なんですよ。

 要するに、国公立大学前期試験1本勝負

 友人曰く、究極の背水の陣らしいです。

 筆者の周りに5人ほどいてるんだが。。



 休んでいた間にも、筆者のふざけた日常は続いていたわけで、"九尾狐神隠し説"とかいうのも出てたとか出ていなかったとか色々な噂はあったそうですが、それは間違っているということを主張しておきます。


 で、そのわけのわからん日常なんて、いちいち記憶していません。

 "これはブログを書いていたらネタになるぞぉ"、と思った出来事もメモしてませんでした。

 よってその間の出来事は書けない!!

 というわけで、筆者の入試中に起きた出来事についてちまちま更新して行きたいと思います。



 入試2日前、腸に異変

 いやぁ、ストレスって、マジで消化器系にダメージが来るんだねっ☆


 入試前日、腸に異変 + 胃に異変

 だんだん上にあがってきました。


 入試前日夜、嘔吐

 ………弱すぎるぜ、筆者。。 orz

 まさか自分がこんなにも精神力が脆弱だとは思ってませんでした。。


 入試1日目。 状態:胃腸不良 天候:ドシャ降り

 睡眠はがっつり6時間取れたため、脳の調子は良好でした。

 電車の中は学生だらけでした。そりゃそうか。

 雨の中、会場へと向かっていると、ビラ・ビラ・ビラ。

 まだ合格もへったくれも決まってないのに、何故に賃貸とか部活の宣伝とかのチラシを配りまくってるねん。。

 って、おい!! 予備校がチラシを配るな!! 縁起が悪ぃ。。

 さらにてくてくてくてく歩いて会場まで向かいます。

 ふっと聞こえてきた演説が2つほど。

 その壱
 "不当解雇者の問題は~~~"


 その弐
 "日本国を共産主義にすることが~~~"


 えっ!? (; ゚ ロ゚)

 ここ、入試会場だよね? ね?

 学校、止めなくていいの!?


 ………出鼻から、驚いたじぇ。。


 次に試験会場に到着してびっくり。

 絶対に友達になれそうにない人たちがわんさか

 具体例
 ・見るからに、お前40代やろ、みたいなオジサン(受験生)
 ・お弁当が桐製の重箱に入ってる人
 ・マザコン(試験室手前までママン同行)

 極めつけがこいつ。
 ・1時限目の国語の試験が終わった後に独り言で"Possible!!"って叫びやがった奴(しかも目の前の席)
 ・しかもこいつ、筆記用具が鉛筆で、机の上に20本以上も鉛筆置いてやが(ry



 ………ごめん、万が一合格したとしても、こいつらとは仲良くできる自信ねぇわ。


 そんな中、仲良くなれそうな人もいました。

 ・試験開始15分前にトイレに行ったとき、洗面台で胃薬を服用してた人



 ところで、筆者の受けた大学を受けた人は数名いるのですが、筆者の友人はみんな別会場とかいう悲劇が起こっていました。

 そこで入試の前日には、筆者は"誰も知り合いおらんから、可愛い女の子探すわ"と宣言しておりました。(馬鹿)

 で、当日。

 自分の受験番号の席に着いた筆者。………探さんでも、隣の席の女の子がストライクど真ん中(最低)

 お陰様でそわそわしてしまい、試験に集中できませ(ry

 縁起でもないが、もし筆者が落ちたらあの娘のせい(馬鹿野郎)


 因みに、その人とはちょっと喋りましたよん^^←

 今日の試験終了後、"入学式の日に会えたら声かけましょうよ"みたいなことを。 (*´ェ`*)

 うわー、実現したらテンション急上昇やわ←

 お互いに、顔を憶えて帰ったしね♪ (向こうから"顔憶えました"みたいに言われて、嬉しすぎて悶死w)

 マジで、ますます受かりたくなってきた(←動機が不純)



 さて、ここまで冗談めかして書いてきましたが、ここから下はちょっとだけ真剣に書きます。

 この1年、特に最近3カ月は本当にこれまでにない以上に勉強してきました。

 実際、今まで勉強してきて"辛い"と思ったことは数回ありましたが、"もうやりたくない"と思ったのは初めてです。

 もし浪人して、来年も同じような生活―――或いはもっと過酷な生活―――を送らなければならないとなると、今考えると、堪えられないような気がします。

 センター試験では実力を出し切れず、また思っていたような点数が取れず、焦りました。

 それからはもっと(文字通り)必死でやりました。

 そしてやっと迎えた2次試験。

 全身全霊、取り組みました。

 思いっきり、我武者羅に、問題と向き合いました。

 昨日と今日、そりゃあ細かいミスはいくつもしました。

 でも、自分の全てをぶつけたんです。

 だから、もし報われなくても、自分の力が足りなかったんだと素直に納得して浪人することができると思います。

 そうはいっても、やっぱり現役で合格したいです。本当に合格したいです。

 もう答案を修正することはできませんが、ここで落ち込むつもりはありません。

 最後まで、諦めなければ、進む。


 因みに、現在の自己の出来に関する感想。

 国語:微妙
 数学:一完ちょい
 英語:こけた
 日史:おおごけ

 ………浪人はしたくないで。


 結果は3月10日に発表される予定ですので、追ってここでお知らせしたいと思います。



 今は数日後に控えた卒業式のことだけを考えるようにします。

 先ず、明日は髪の毛をバッサリと切ろう。

 スーツも1回着てみないと…。




 それでは、本日の更新はここまで。


 久し振りの投票箱。


 クリックで救える命がある。


 P.S.前期試験が1日で終わった友人で、昨日応援のメールをくれた友人たち
    ともに頑張ってきた級友をはじめとする友人たち
    最後まで見捨てずに添削指導をしてくれた高校の先生方
    前日にメールをくれた後輩や先輩方
    色々な支えとなってくれた家族
    その他、今年の僕の受験を応援し続けてくれたみなさん
    本当にありがとうございました。

    そして、これから国公立中期試験・後期試験、私立試験が残っているみんな、頑張ってください。
    陰ながら、応援しています。


 ☆彡
[PR]
by kyubi-grakai | 2009-02-26 22:19 | 生態記録